備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

忘れた頃に突然やってくる『思い出の名演奏』


NHK教育 思い出の名演奏 -シュタイン指揮バンベルク交響楽団-   
(ゲスト:水野信行、司会:江崎史恵)
2009年 2月 8日(日)15:00〜16:55
「ピアノ協奏曲 第1番」ブラームス作曲 (ピアノ)エリーザベト・レオンスカヤ
「交響曲 第1番」 ブラームス作曲 
(指揮)ホルスト・シュタイン (管弦楽)バンベルク交響楽団 
1990年 サントリーホール


たまたま気付いたら、テレビでブラームスのPコンをやってたのだ。
あれ〜、なんで今頃オーケストラの番組をやってるんだろうと不思議に思いつつ、引き込まれて最後まで見た。

『思い出の名演奏』という番組、去年は、10月にあった。
若きマリス・ヤンソンス指揮レニングラードフィルハーモニー交響楽団。
ショスタコ5番&チャイコ4番というヘヴィーなプログラム。
1986年、できたばかりのサントリーホールだ。

思い出の名演奏というタイトルにふさわしい、すごい演奏、
良い番組、貴重な貴重な映像だった。

今日のバンベルクも、魅力的な演奏、お宝映像で、
録画して全部見たかった。残念。

長年バンベルクでホルン首席奏者だった水野さんがゲスト出演し、ご自分の20年近く前の演奏を一緒に見るという趣向もあり。
サイトウキネンの映像などでお姿を拝見したことはあるが、本拠地バンベルク交響楽団での演奏は初めてだ。

オーケストラの良い演奏をTV映像で見るのはとても楽しい。
CDで良い録音状態の音楽をひとりじめして聴くのも良い。
でも、姿が見えない。
ホールで、直に見て、生の響きにひたるのはもっと良い。
でも、そうそうコンサートに行けるものでもないし、
奏者や楽器を間近に見たり、指揮を見たり、そういう点では、
TVでは、ライブ映像ならではの楽しみがたくさんある。

「オーケストラの森」と同様、とっても貴重な番組で、
見逃さないようにしたいんだけど。
不定期なのが玉にキズ、です。
[PR]
by alarekko | 2009-02-09 00:38