備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

”ガラスに煤”もダメ! なんだよ〜 


7月22日の日食についてです。

国立天文台の、「2009年7月22日 皆既日食の情報」 ☆ 
世界天文年2009 日食観察ガイド ☆ 

間近になるとつながりにくくなりそうなので、
今のうちに、良くサイトを見ておこうと思いました。

まず、今回の日食の詳しい時刻
東京では、
9時55分33秒 食の始め(欠け始め)
11時12分58秒 食の最大
12時30分20秒 食の終り

この経過は、映像で、特に最近よく見ますよね。
でもそれは、特殊な撮影方法で撮影されたものであって、
私たちは、そんな撮影も、太陽を観察することも、
大変危険で、できません。

日食網膜症という病気さえあるそうですから、
危険性を再度よく認識する必要があります。


『ガラスに煤を塗って見る』とかいう、遠い昔の記憶、ありませんか?

上のサイトに注意がありますが、”ガラスに煤”もダメなんですって!

うっかり、子どもや孫に、
そんなこと言っちゃったりしないようにしましょうね。

よほどの専門知識があるか、
そういう人の指導のもとでない限り、

『太陽を見ない!』ことです。
日食グラスとか、そういうのも、長く見るためのものではありません。

暗くなって行く様子とか、
地面に写る木漏れ日を観察するとか、
太陽を見ないで楽しみましょう。

きっと、専門家がとらえた、太陽の欠けて行く映像は、
TVなどでたくさん見ることができますから。

太陽を見ないで、日食を体験しましょう。

あとはお天気如何ですね。
[PR]
by alarekko | 2009-07-14 22:52