備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

FM冬の特集から 年末編


FM(本)放送開始40周年 冬の特集 ☆  特集番組ラインナップから、興味あるタイトルをピックアップ。

以下、内容全部コピペです。青字のみ私の覚え書き 


N響「第9」演奏会

FM 12月22日(火) 後7:00~9:10 

BS hi 12月26日(土) 後0:00~1:30 

教育 12月31日(木) 後8:00~9:25  録画する
年末恒例、NHK交響楽団によるベートーベン「第9」の演奏会をお送りする。今年、指揮台に上るのは82歳の名匠クルト・マズア。マズアは歴史と伝統のオーケストラ、ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスター(楽長)を26年にもわたって務めた現代を代表するマエストロだ。 
マズアの名前は、20世紀の冷戦終結をめぐるドラマと密接に結びついている。1989年、「ベルリンの壁」崩壊のきっかけとなったライプチヒの「月曜デモ」(7万人の市民による東独政府への抗議活動)において、市民が武力を行使せず平和的に解決するよう導いたのが、当時のゲヴァントハウス管弦楽団カペルマイスター、クルト・マズアだった。自由と平和をうたい上げたベートーベンの第9交響曲を、20世紀の和平に名を刻むマズアが指揮。日本を代表する歌手陣がソリストをつとめる。
【曲名】交響曲 第9番「合唱つき」(ベートーベン)
【出演】指揮:クルト・マズア 管弦楽:NHK交響楽団 
    
    ソプラノ:安藤赴美子 アルト:手嶋眞佐子  
    
    テノール:福井敬 バリトン:福島明也 
    
    合唱:国立音楽大学、東京少年少女合唱隊
”ライプチヒの「月曜デモ」”について、6月に「知られざる奇跡の行進」という番組を見て記事を書きました。 コチラ ☆ 
その記事内の番組リンクに行ってみて、BShiで12月13日(日)午後4:00~5:30 再放送されることがわかりました。



バイロイト音楽祭2009

12月24日(木) 後9:00~前0:30

12月25日(金) 後9:00~前1:30 

12月26日(土)~30日(水) 後9:00~前2:00
年末恒例となっている「バイロイト音楽祭」の全演目放送を今年も7夜にわたってお送りする。広大な広がりを持つワーグナーのオペラの世界とともに、音楽祭開幕から133年となる「バイロイト音楽祭」の“現在”を、音楽評論家の東条碩夫さんの解説でお楽しみいただく。 

・12月24日(木)「ニーベルングの指環」前夜祭「ラインの黄金」

・12月25日(金)「ニーベルングの指環」第一夜「ワルキューレ」 

・12月26日(土)「ニーベルングの指環」第二夜「ジークフリート」 

・12月27日(日)「ニーベルングの指環」第三夜「神々のたそがれ」
                以上、指揮:クリスティアン・ティーレマン 

・12月28日(月)「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
                   指揮:セバスティアン・ヴァイグレ 

・12月29日(火)「トリスタンとイゾルデ」 指揮:ペーター・シュナイダー 

・12月30日(水)「パルシファル」     指揮:ダニエレ・ガッティ
【解説】東条碩夫


  あした 年始編に続く 
[PR]
by alarekko | 2009-12-09 12:10