備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「ベルリン・フィル・ラウンジ」


「ベルリン・フィル&HMV提携サイト」ができていました。

新年の「ベルリン・フィル・ラウンジ」 14号によれば、
デジタルコンサートホールに「日本はドイツに続き、最もアクセスの多い国」
それゆえ、日本語での情報提供を、ということのようです。

はじめ、公式サイトのホーム ☆ で、そのことを知ったのですが、
そこのリンク先へクリックして行ってみても全然わけわかりませんでした。
偶然、ある号のページがわかり、色々やってみてやっと、
全貌がつかめる「ヘッドライン」のページにたどり着きました。

(ベルリン・フィル&HMVさんへ
 この「ヘッドライン」のページをわかりやすくリンクしていただけると、
 日本人への売り上げ、増えると思います。)

「ベルリン・フィル・ラウンジ」 ヘッドライン ☆ 

創刊号 ☆   Sunday, August 16th 2009
 ベルリン・フィルがHMV ONLINEとの提携でミニサイトをスタート 

第2号 ☆   Saturday, August 29th 2009
 ベルリンの批評家は、ラトルのブラームスをどう聴いた?

第3号 ☆   Monday, September 7th 2009
 オラフ・マニンガー(Vc)、デジタル・コンサートホールの背景を語る

第4号 ☆   Monday, September 14th 2009
 小澤征爾、ベルリン・フィル・デビューのエピソードを語る

第5号 ☆   Saturday, September 26th 2009
 内田光子、シューマンのピアノ音楽を語る

第6号 ☆   Wednesday, October 7th 2009
 ラトル、ロマン派の概念について語る

第7号 ☆   Wednesday, October 14th 2009
 ハーディング、ベルリン・フィルに待望の再登場!

第8号 ☆   Wednesday, October 21st 2009
 朗報!バレンボイムのショパンがアーカイヴにアップ

第9号 ☆   Wednesday, October 28th 2009
 ラトルのティンパニー演奏、映像公開!

第10号 ☆   Wednesday, November 4th 2009
 ラトル、2018年までの芸術監督延長契約書にサイン!

第11号 ☆   Wednesday, December 2nd 2009
 アーノンクール、ハイドンを語る

第12号 ☆   Thursday, December 10th 2009
 パユ、エリオット・カーターを語る

第13号 ☆   Thursday, December 16th 2009
 ティーレマンのブルックナー、絶賛!

第14号 ☆   Wednesday, January 6th 2010
 ラトルのシーズン・オープニング・インタビュー、映像公開!

以降の最新号を見る時は、ヘッドラインのページから



youtubeのBerlinPhilチャンネル ☆ で演奏のダイジェストが見られることを、
昨年6月に大発見 ☆ したのでしたが、
演奏は一部だけれども、インタビューは全部見られるんですよ。
それが、「ベルリン・フィル・ラウンジ」 で、日本語訳を読めるわけです。
大変、たいへん、ありがたいことです。
内田光子さんのシューマンについてのインタビューから読みはじめます。
[PR]
by alarekko | 2010-01-10 02:43