備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2月の「深夜の音楽会」は曜日が違う

3月で常任指揮者の任期の終わるスクロヴァチェフスキさん、御年86才。
ブルックナーの最後の交響曲9番が、放送時間を拡大して放送される。


深夜の音楽会 番組サイト ☆  より

2月14日(日)深夜1:45~3:05 (放送時間20分拡大)<日本テレビ>
 <BS日テレでは、2月21日(日)22:00~23:20>

指 揮 スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
管弦楽 読売日本交響楽団
司 会 古市幸子(日本テレビアナウンサー)

ブルックナー作曲:交響曲第9番
※2009年9月24日 サントリーホールにて収録


<スクロヴァチェフスキさん、略歴。 初めの部分を抜粋>
Stanislaw Skrowaczewski
1923年10月3日、ポーランドのリヴォフ(現在はウクライナ領)に生まれる。
 4歳でヴァイオリンとピアノを始め、7歳でオーケストラ曲を書き、11歳で公式リサイタルを開いてピアニストとしてデビュー。13歳の時にはベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を弾き振りするほどの神童だったという。しかし、第二次大戦中に空襲で負った手の傷が元で、ピアニストの道を断念。以降、作曲と指揮の勉強に向かった。
[PR]
by alarekko | 2010-02-06 23:37