備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010 ブリュッセルから その3 


今日は、まとまった時間があったので、
5日目 5/7 20:00〜の部5名を、順番に全部聴いてみました。
これまでの演奏もほぼ全員の方を聴いているんですが、
色々思ったことがあっても忘却の河へどんどん流れて行ってしまうので、
とりあえずこれだけでも、メモを残しておこうと思います。

Zenan YU
 バッハ
 (しっとり系)
 ドビュッシー エチュード ?
 (小組曲と沈める寺が思い浮かんだ。ジャズっぽいような気がするところがある。
  アナウンスを聞き直すと、ドッビュッシーと聞こえたような気がする。)
 ショパン エチュード10-1
 リスト リゴレットパラフレーズ
 
In-Hye PARK
 バッハ
 (ゆったり粒立ち系)
 ベートーベンの ?
 (アナウンスで確かにベートーベンと聞こえた。
  自由曲にベートーベンはめずらしい〜はじめて?)
 ドビュッシーのエチュード
 (ドビュッシーは聞き取れるようになって来たかもクロマティック?)
 ラフマニノフのエチュード
 (いかにもラフマニノフとは思ったが、アナウンスを聞き直したら、
  やっぱり。ききとれた)


Akihito OKUDA
 バッハ
 (すっきりさわやか系)
 ショパン ノクターン?
 (エチュードじゃなくて自由曲でショパン。ノクターン。
  そういえば2〜3日前にもそういう方がいらっしゃり、
  しかも最後にしっとり聴かせてくれました)
 リスト 超絶技巧練習曲?
 (マゼッパじゃない。でも良くコンクールで聴く曲。
  この曲が終わって、はからずも拍手が起きてしまった。
  もしかしたら、ご本人も引っ込もうとして戻って来たかも。
  会場が和やかに笑って迎えてる感じのところ、息をのむような次の曲が・・・)
 リゲティのエチュード ?
 (アナウンスでもリゲティと聞こえたので間違いないと思う。
  悪魔の階段の他に知っているのは8番「金属」だけ。それではない。
  拍手喝采に笑いが混じってる!映像を見たいです。
  okudaさん、演奏も良かったし、+αの強い印象を残しました)


Anna VOLOVITCH
 バッハ
 (ねっとり気味〜力強い)
 リゲティ エチュード ?
 (リゲティ続きます。また違う曲。何でしょう。)
 ショパン エチュード25-11 
 (力強い木枯らしです。この曲を弾く方多い!一番人気かも
  私にとって聴いてわかりやすいだけかもしれないけれど。)
 ドビュッシー ?
 (エチュードではなく自由曲です。だんだん聴いているうちに、
  もしかして喜びの島?と思いましたが、今ひとつつかめないです。
  力強く終わりました。)

Evgeni BOZHANOV
 バッハ
 (おお〜〜〜、初めの音からおお〜って感じです。)
 ドビュッシー エチュード ?
 メシアン エチュード ?
 (アナウンスでドビュッシーとメシアン、聞き取れました。)
 ショパン ?
 (これは自由曲。舞曲が複数入った曲。ロンド形式?
  超絶技巧や派手な曲ではなく、粋な演奏で終わって大喝采というのも、
  すごいですね。)
 やっぱり、というべきか、彼だけは通過間違いないと言えるほど、
 圧巻だった。
[PR]
by alarekko | 2010-05-08 13:10