備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 〜 ミケ 〜

      (インディアナポリスの結果は、昨日、前の記事に追記しました)

 <最後にワルシャワ関連のことも追記しました 10/1>


真夏日だった中秋の名月、
その夜から気温が下がり続け、
一気に涼しく(寒く)なった1週間。

最高気温も最低気温も10℃以上下がり、
さらに下がり、、、
毎日雨は降るし、
コンクリートも冷えて来て、
室温も下がり続け、
ちょっと後ろめたさもあったけれど、
昨日、おとといは、エアコンつけてしまいました。
もちろん暖房。

今日は、1週間ぶりに、昼間ずっと晴れるもようです。
そういえば、
遮光カーテンしててもまぶしいような日々から一転、
昼間でも電気をつけてることも多かった。
明日の予報はまた雨なので、
合宿帰り1名x1週間分の洗濯物、今日中に乾いてもらわなければ。


アサガオの花は、25日がピークでした。150個くらい咲いたかも。
まだかなり咲いているけれど、
気温のせいか、日中も暗いせいか、
雨が直接当たらない所では、午後もきれいに咲いています。
一気に気温が下がってからは新しい花芽はついていないんじゃないか、
そんな気がするので、あと一週間から10日くらいで、
花は終わりではないかと、予想してみる。




さて、タイトルのミケは、ミケランジェリです。
彼の若いときの映像を探していて、この巨匠たちの共演を見つけたので、
(これは、お若いときではないですけれど)
今、これを聴いています。ラベルのピアノ協奏曲 ☆ 
チェリビダッケ指揮、ロンドン交響楽団、ロンドンのロイヤルフェスティバルホールにて

う〜ん、ラベルの響きとはこういうものか〜
出会ってよかった。

他のところの情報から、1982年だと思われます。
1920年生まれのミケ様は62才、1912年生まれのチェリ様は70才



で、探しもののきっかけは、 コレ ☆ です。
写真が並んでるじゃないですか! ミケランジェリ&タベルナ
The Arturo Benedetti Michelangeli Prize 2010 by the City of Eppan has been awarded to: ALESSANDRO TAVERNA (Italy)


4年前、浜松の配信を見ていて、もの凄く惹き付けられたイタリア青年。
何故か自分でもわからないけれど、あっ、ミケランジェリ って思ったんです!

レコードを持っていたわけでもないし、
お姿や演奏の具体的なイメージも湧くわけじゃないんだけれど。
何でだろうと思って、映像を探したのですけれど、
まず出てくるのは晩年のもので、
私の潜在意識にあるお姿とは、どうも全くかけ離れているのです。
そのとき唯一、これは手が若いなと思ったのが、 コチラ☆  スカルラッティ
お顔は遠目に一瞬しか映りません。


あれからまもなく4年!
今回徘徊してみたら、情報がかなり増えていました。
あの映像は29才くらいのときだとわかりました。
さらに、同じときと思われるコチラ ☆  を発見。
やっぱりちょっと似てる?

あと、ミケ様は、医学も勉強されていたそうな。
しかし、ピアニストの道を選んだ。ということを今回知りました。
アレッサンドロも、パドゥア大学で機械工学を学んでいらっしゃいます。
去年、米英での3つのコンクルで優勝or入賞されてから、
大人気(特にUK)で、コンサートが目白押しで、
大学に行く時間あんまりないかも。


ごく最近のラジオ番組、演奏とインタビュー ☆ ショパンエチュード10-1ほか
(演奏はいつのかわからないけれど)


(何度もしつこく)リーズでの、ショパンのコンチェルト ☆  インタビュー ☆ 



<10/1 追記>
コメント欄で、ショパンコンクールの1次の演奏スケジュールが決まったと教えていただきましたので、とりあえずここに追記します。
(ミケ様は1955年に審査員をしていらっしゃいますし、
 無関係な話題でもないかということで。)
1次 演奏スケジュール ☆ 
10/3〜7 10:00〜 と17:00〜の二部だて。
審査員の方もなかなかハードなスケジュールです〜
10月になったので、サマータイムは終わったかな?
だとすると、
10:00は日本時間午後18:00、17:00は日本時間翌日午前1:00かな?
 <まだサマータイム中でした。なので、次差7時間、
  日本時間17:00〜 と 24:00〜になります。 10/2追記>


3日は外出しているけれど、4〜7日の昼の部(日本時間夜の部)は、
見られるものなら、聴けるものなら、是非みたい、聴きたいです。




気になってた方のお一人、エリック。
最近彼のサイトがつながらない、無くなった? ので、
ワルシャワへ向けて集中して練習していらっしゃるのかな?
とも思っていたのですが、、、。
こんなのに遭遇してしまった。10-1 ☆ 
学校がお休みだと練習するピアノが無くて、
人に借りた古いデジピで練習してるそうな。
ワルシャワのホールでグランドピアノを思いっきり楽しんで弾いてね。
(最近のコンサートもありました。 ☆ 


あと、注目しているお一人、
今年ソルトレイクで優勝したルーカスくん19才。(ロシア/リトアニア)
10-2  ☆ (2008サンマリノで)
去年クライバンで出会ったチェコのルーカスさんに
似ているところがあるんです。なんとなく。
(かれも、今年ヒルトンヘッドで優勝。でも、あそこは音源が全然ない)
[PR]
by alarekko | 2010-09-29 13:24