備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LRT „Klasika“ 〜ヘルシンキ 

今晩ラジオを聴くために・・・メモ

リトアニアの国営?放送のラジオ、音楽チャンネル LRT „Klasika“
今日のプログラム  ☆ 

平日16時台、Euroradio concert
日本時間23時で、比較的聴きやすい時間帯

唯一の英語ページ ☆ から、左のKlasikaマークをクリックで、WMPの別窓が開く。


今日3/2のプログラム
16:08Euroradijo koncertas. Suomijos radijo simfoninio orkestro, diriguojamo S. Oramo, koncertas Helsinkyje. Solistas smuikininkas P. Kūsistas. Programoje O. Respigio simfoninė poema „Romos fontanai“, S. Barberio Koncertas smuikui ir orkestrui, J. Haidno Simfonija Nr. 103 „Su timpanų tremolo“.

これを リ語から英語にG翻訳したもの
16:08Euroradio concert. Finnish Radio Symphony Orchestra, conducted by S. Weather, the concert in Helsinki. violin soloist, P. Kūsistas. The program O. Respigio symphonic poem "The Fountains of Rome, S. Barber Concerto for Violin and Orchestra, J. Haydn's Symphony no. 103 "The timpani tremolo.

おめあては、サカリ・オラモ指揮、フィンランド放送交響楽団、ヴァイオリンソロ:ペッカ・クーシストです。(英語に翻訳したら、オラモさんが?なことになってしまってます)ヘルシンキでのコンサート。フィンランディアホールでしょうか。
(自分の復習用リンク 記憶に新しいヘルシンキのコンクール
  その1 ☆   その2 ☆   その3 ☆ 
 ノーベルプライズコンサートもオラモさんだった  ☆ 

曲目 レスピーギ 交響詩ローマの噴水
   バーバー  ヴァイオリン協奏曲(復習用リンク ☆ 
   ハイドン  交響曲 第103番 太鼓連打


10日ほど前、
ベルリンから小さめの飛行機で乗り継ぎ地ヘルシンキに着いたとき、
午後の明るい時間で雪と氷のフィンランドの大地が良くみえました。
それは、ずっと憧れていたところだったので、
見えただけでもすっごくうれしかったのですが、、、なんと、
ドアから外に出てタラップから地面に降り、
地面を自分で歩いて空港の建物に入って行くんでした。
晴れているけれどきーんと冷たく、
白い雪がおおったフィンランドの大地に直接降り立ったぞ〜、
この何十メートルかでも十分だわ〜とうきうきでした。
3ヶ月前コンクールの配信を見ていた時には、
こんな日がすぐに来るとは予想もしてなかったことでした。
[PR]
by alarekko | 2011-03-02 22:49 | ベルリンの旅