備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

見たい番組 2011年7月

BSプレミアム (番組表から)

7月17日(日) 午前11:00~午後0:00(60分)
Amazing Voice 番組HP  ☆ 
驚異の歌声「北欧(1)白夜の大地に響く」

藤井フミヤ、元ちとせがおくる世界の驚異の歌声。今回は、オーロラの地でトナカイを追う北欧の民サーミの歌声に浸る。サーミが歌うヨイクは歌ではなく、モノや人をたたえることらしい。「花壇の花をヨイクする」「学校の先生をヨイクする」とは…? フィンランドのヨイク第一人者、ヴィンメ・サーリの故郷の暮らしに密着。トナカイやさまざまな事象をヨイクする。ノルウェーのマリ・ボイネは「政治や社会をヨイク」する美人歌手。



7月18日(月)午後9:00~午後10:00(60分)
極上美の饗宴 番組HP ☆
「トリックスターか思索者か 鬼才ウォーホルの真相」

スープ缶にマリリン・モンロー。奇抜な発想で斬新なポップアートを生み出した、アメリカのアンディ・ウォーホル。「大量消費社会では作家の精神性など必要ない」と美の伝統を完全否定し、世界中の若者から圧倒的な支持を集めた。近年、新たな研究から、熱心なキリスト教徒だったという意外な素顔も見えてきた。はたして鬼才ウォーホルの真相とは? ニューヨーク在住の日本画家・千住博さんが、作品の魅力とその秘密を探る。



7月19日(火) 後8:00~8:57
旅のチカラ
「バイオリンは歌い フィドルは踊る~葉加瀬太郎 アイルランド~」

バイオリニストの葉加瀬太郎。ジャンルを越えた活躍をしているが、実は今、ロンドンで自分の音楽を見つめ直す日々を送っている。そんな葉加瀬が訪れるのは、アイルランド。伝統音楽に欠かせない楽器、「フィドル」に心ひかれているのだ。「バイオリンはメロディーを奏で、フィドルはビートを刻む」といわれ、人々を踊りに誘う。葉加瀬は、音楽が人生そのものという人々と出会い、心震える体験をする。旅で得たチカラとは?



7月20日(水)午後8:00~午後8:58(58分)
たけしアート☆ビート 番組HP ☆
「テオ・ヤンセン」

“現代のダビンチ”こと、オランダを代表するアーティスト、テオ・ヤンセン。たけしは、ヤンセンと2年振りに再会するために、東京・お台場にある日本科学未来館へ。ヤンセンが作った未知なる生物が、たけしのために動きだす! それは、風を動力とするストランドビースト=砂浜の生命体。数学好きのたけしは、その動きに隠された聖なる数字の秘密に驚く。形を変え、進化し続けるストランドビーストの秘密に、たけしが迫る!!



日本テレビ
深夜の音楽会 番組HP ☆
今月は第3水曜日に変更
4月初めの公開収録で来日出来なかったソリストにかわり、三浦文彰さんがサンサーンスを演奏
[PR]
by alarekko | 2011-07-17 09:17