備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

大感動再び チャイコン その後(その5) やっと”完”

  <19日追記 カテゴリー「2011 14回チャイコン」 ☆ をつくりました>

今日はまだお昼なのに、猛暑を吹き飛ばすうれしいことが、
またまた、ありました。

ファイナル全部門の演奏のうち1つだけ何故かアーカイヴになかった、
Ivan Kariznaのエルガーが、アップされていました。

VOD配信担当のスタッフの方々、
きっと、もう他のお仕事でお忙しいところを週末深夜に
ありがとうございます。



Ivan Karizna Final ELGAR  Archive ☆ 
(はじめての時はメールアドレス、自分で決めたID、パスワードを入力
 2度目からはそのまま見られます。ログアウトしてたら、IDとパスワードを再入力)


2011年6月29日 Tchaikovsky Concert Hall(モスクワ)

ELGAR  Concerto for Cello and Orchestra in E minor, Op. 85

The Svetlanov State Academic Symphonic Orchestra of Russia(旧ゾヴィエト国立  コンマスSergei Girshenko)
conductor: Mikhail Agrest

cello: Ivan Karizna (Belarus 18才)



前にリンクを書いた他の演奏もあとからここに整理するつもり



<20日追記>
Ivan Karizna Semifinal 2 Haydn  Archive ☆  幸せな気分になれる大好きな演奏
 2011年6月24日 Small Hall of the Moscow Conservatory
 The Musica Viva Moscow Chamber Orchestra
 conductor: Vladislav Belinsky

Ivan Karizna  バッハ  ☆ 
 コンクール事務局のYTチャンネルから(事前審査ビデオの一部 1次でも演奏)

イワンが2009年からパリで師事しているJerome Pernoo氏
こんな方でした。 ☆  おお〜 納得

そして、ルサージュ、メイエ、パユの3氏が主催する音楽祭にたどり着いてしまったのだ。
今年の参加アーティスト写真一覧 ☆ 
パユさまのすぐ下が、 Jerome Pernoo氏。おおお〜〜
(音楽祭についてはあとで音楽祭として書きます。)
バロックチェロも使っていらっしゃるらしい。
ジェロームさんにも来日していただきたいな。


7月1日 受賞者ガラコンサートArchive  ☆  Great Hall of the Moscow Conservatory
 イワンは1時間3分あたりから
 シチェドリンの曲(ここではオケと。2次ではピアノと演奏)

2007年のИван Каризна  ☆  YTに4年前の映像があり、同じ曲だった。
(どこだろう、タイトルのこれ「Tarptautinis jaunųjų muzikų festivalis」はいったい何語?
 リトアニア語でした。すごいですね。すぐ教えてくれるG翻訳)
[PR]
by alarekko | 2011-07-18 12:17 | 2011 14回チャイコン