備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ウィーン・フィル中継

ベストオブクラシック
今日はサントリーホールから中継
まもなくはじまります


NHKFM  ネットラジオ ☆ 
10月13日 (木) 午後7:00〜午後9:10 (130分)
坪郷佳英子
【ゲスト】野本由紀夫
- ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 -

「ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調」 リスト作曲
(ピアノ)ラン・ラン

「交響曲 第2番 ハ長調 作品61」 シューマン作曲
「皇帝円舞曲 作品437」 ヨハン・シュトラウス作曲

(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)クリストフ・エッシェンバッハ
~東京・サントリーホールから中継~


<聴き終わってから追記>
生中継はうれしいです。興奮します。
美しい演奏でした。
先日のNHK音楽祭の中継もそうだったけれど、ちょっと(ネットラジオの)音がもう一歩よければなあと、贅沢なことも思ってしまう。
ベルリンフィルのライブ録音はもうちょっと良かったような気がするのは気のせいなのだろうか。

前半のピアノのアンコール
リスト 慰め 2番

そしてなんとさらに、
エッシェンバッハ&ラン・ランの連弾という大サービス
ドビュッシー 小組曲 『小舟にて』
これは低音がランランかなと思った
拍手がすぐやんで、入れ替わって座ったらしく、
『バレエ』がはじまる。

前半あまりに拍手が鳴り止まず、
きっと予定時間をオーバーしたのでしょう。
皇帝円舞曲が最後まで入りませんでした。
これぞウィーンフィルという演奏を、交響曲のあとの最後に持ってくるプログラムもにくいです。
BSプレミアムで11/20に放送されるというアナウンスがありました。



ウィーンフィルの皆さん、ラン・ラン氏に感謝の気持ちを込めて、次の記事のリンクを紹介します。

サントリーホールの今日付けニュースリリース
「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」設立 ☆
『この基金は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団からサントリーホールを通して「震災に遭われた最も大切な日本の友人たちへ、お見舞の気持ちを伝えたい」と100万ユーロの寄付の申し出があり、長年、同楽団の日本公演のパートナーとして信頼関係を構築してきたサントリーグループもこの主旨に賛同、同額を拠出してマッチング・ファンドとして設立するものです。』


ラン・ランが仙台を訪問 ☆ 
11日に仙台を訪れた様子が報告されてます。
[PR]
by alarekko | 2011-10-13 18:59