備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

希望の明日へ

2011年大晦日、今日の一曲

『希望の明日へ』 作曲、編曲、ピアノ演奏:倉本裕基  ☆ 
(Hopeful Tomorrow by yuhki kuramoto)



この曲は、もともとNHKの『あすを読む』というニュース解説番組のテーマ曲でした。
(今wikiで確認したところによると、1995年4月からはじまり、残念ながら2006年3月31日で終わってしまったらしい)

日付が変わる少し前そろそろ寝ようかというとき、たまたまTVがついていて、オーケストラの曲が流れてきて、ふと画面を見ると、渋谷のスクランブル交差点の定点カメラの映像。しょっちゅう見るというわけではないのだけれど、穏やかでありながらぐっと印象に残るメロディーとサウンド。私は勝手に「あすを読むの曲」と覚えていました。

上のリンクの演奏は、ピアノ・ジュエルズ(2004年)というアルバムに入っているピアノソロヴァージョン(このCD今もまだちゃんと売っていました〜 ☆ )で、映ってる画像は、韓国で発売された同じアルバムのジャケットです。

CDは、上記のピアノソロ版の他にテレビドラマサウンドトラック集 III(1998年)というアルバムの最後のトラックに、オーケストラ版が入っています。
ずいぶん前のCDですけれど、まだあって試聴もできました。 ☆ 

しかし残念ながら、テレビで流れていた音自体は、CDなどにはなっていません。



今回、この曲を紹介するために適当な音源がないかと探していたところ、
震災後にアップされた映像やコメントのやりとりがあることに気付きました。
コメントの中に共感する部分も多かったです。
(詳しくは、”つづき”以降に)

穏やかに癒されるだけではない、静かな力強さを感じる、
この大晦日にこの一曲と思った気持ち、
それは私だけではないなと、
すごくたくさんというわけではないけれど、静かに共感する人が確実にいること、
あらためて確認出来てよかったです。

ちょうど10年前、インターネットなるもので調べられるようになり、
1年近く気になっていた曲が倉本さんの作・編曲、演奏であると
たまたまわかりました。
まだ密林jpにも足を踏み入れておらず、CDを探すだけで一苦労。
Y銀座店にCDを探しにいき、お店の方に検索して調べていただいたなあ。
コアなファンの方がHPに書いてくださるわずかな情報だけがたよりでした。
毎日流れている「あすを読むの曲」が倉本さんの曲なのだとわかったのも、もっとあとのこと。

今は君管でご本人の演奏を探すのが大変なほどに、たくさんの方がカヴァーしてアップされてることにも感慨ひとしおです。

10年前の私もそうだったけれど、
誰の何という曲かわからない曲に
インターネットのおかげでやっとたどりついたという話は
最近の君管のコメントにもあるのでした。


多くのマニアックな情報にお世話になって楽しんできたので、
自分のためのメモであっても、
ささやかでも、どなたかのお役に立つことがあればと、
来年も、少しずつ「できることをやる」をモットーに書いていきたいと思っています。





”つづき”

ご本人のライブが震災後にアップされてました。 ☆ 
こちらへのコメントで、サラリーマンNEOという番組内の「コントを読む」というコーナーで使われているということがわかりました。
来年はそれを是非見たいと思います。
(もとは2004年のこれ ☆ です。レビュー書いた方のお気持ちも、すごくよくわかります)

他にも、演奏してアップされてる方々発見。 こちら☆ とか こちら☆ 
それぞれの演奏にあじわいがあってほんとにすばらしいです。
コメントを読みながら聴いてたら涙が出てきてしまいました。
[PR]
by alarekko | 2011-12-31 18:11 | 2011年3月地震