備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

節電の夏に向けて

電気代が一番少ない季節がやってきました。
エアコンのコンセントはずしてますよ〜
この間TVで、室外機の汚れも効率を悪くしていると知り、
暑くなる前に初めて掃除してみようと思ってます。

5月の電気使用量、
節電して前年比20%以上減った去年より(去年の節電の夏 ☆ 
数%さらに減っていました。
使用時間が長いものからいくつかの電球をLED化したことは
微妙に効果あったかも。

今年は、
値上げされても、去年節電した夏より電気料金を増やさないこと
を目標にしてます。


それで、ついに、いえ、やっとと言うべきか
電気の契約容量を下げました。

一般的なブレーカーがついていれば、
10〜60Aの範囲での上げ下げは、
ブレーカーの中の一部の交換だけですみ、
無料です。(東電管内の場合)

電気料金のお知らせに書いてある電話番号に電話するだけ。
「混んでいるのでちょっと日にちがかかりますが、 
 ・・日はいかがですか?」と、、、
で、1週間後には工事完了。
工事と言っても、
『・・A』と書いてあるスイッチの部分を取り替えるだけです。

工事の間は、ブレーカーを切るので電気使えません。

(考えてみれば当たり前かもしれませんが、停電中、
 ノートパソコンは充電池があるから使えるのですが、、、
 インターネットは繋がらないのですよね。
 ということに気付きました。今更ながら)

工事終了して電気がつき、
『契約変更のお知らせ』の紙をいただいて、
「一度に使い使いすぎないように気をつけてください」と一言、
十数分で終わりました。

その紙に書いてある新旧の基本料金を確認して、
ああ〜、何でさっさと変えなかったんだろうと
ちょっとためいき。
でも、家族に事後報告で何の疑問も文句も出なかったのも、
今だから、なのだと思います。


契約容量を下げることで、
ピークカットにも貢献できます。

昔「ヒューズが飛ぶ」ということがありましたが、死語ですね〜
真っ暗なところで懐中電灯でヒューズを取り替えてたことを考えれば、
家庭内で、ブレーカーが落ちるくらい、大したこと無い。

急の停電で命に関わるかもしれない方々や施設のことを考えれば、
今のウチの状況では、
たまたまうっかり何かスイッチ入れちゃってブレーカー切れても、
たいしたことではありません。
数年前まで住んでたとこと同じになっただけ。

とにかくこの夏、この範囲でやってみます。
[PR]
by alarekko | 2012-05-30 22:51