備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

釘付け そして ためいき   

何気なくメディチテレビに行って見たら、 ☆ 
今、クリスチャン・ヤルビ&パリ管の20日のコンサートの
27分20秒くらいから始まります。
(間もなくベルリンフィル@ワルトビューネが始まるのでそれまでか)
ハープによるアランフェス、いちばんいいところ。
いきなりメストレさんに釘付けです。
これは全部見ないわけにはいかないようにできてる、さすがな演出、
このコンサートのページ ☆ 
 20/06/2012 Salle Pleyel (Paris, France)
  Carlos Chávez : Symphony No. 2, "Sinfonía India"
  Joaquin Rodrigo : Concierto de Aranjuez, version for harp
  Felix Godefroid : The Carnival of Venice(アンコール )
  Antonio Vivaldi : The Four Seasons - The Winter(1楽章 アンコール)
  Maurice Ravel : Alborada del Gracioso for Orchestra
  Manuel de Falla : El Sombrero de tres picos, Suite No. 1
  Manuel de Falla : El Sombrero de tres picos, Suite No. 2
  Manuel de Falla : Love, the Magician - Ritual Fire dance(アンコール)
    Orchestre de Paris
    Kristjan Järvi conductor
    Xavier de Maistre harp

ウィーンフィルから飛び立ち、ますます大活躍のメストレさん、
ついこの間来日されてたのは存じていましたが、、、
次回は生で体験しなければ!


Arteでも見られます。 ☆ 

間もなく始まるベルリンはこちら ☆ 
mediciでは”あなたの国では見られません”メッセージが出てます。
こちらではどうなんでしょう。

<25日午前追記
 Arteは見ることができてます。
 さすがにライブ鑑賞は自粛しましたが、録画見てます。
 相当寒そう。冷たい雨の中(雨の音がすごいです)
 ラトヴィア出身アンドリス・ネルソンスのチャイコ。
 まだ32才。すでに何度もベルリンフィルに登場してます。
 ヴァイオリンソロは樫本大進
  Berlin : Waldbühne 2012 24/06/2012
   Piotr Tchaikovsky:
    Symphonie N° 5 en Mi mineur op. 64
    Sérénade mélancolique en Si bémol mineur op. 26 *
    Valse-Scherzo en Do majeur op. 34 *
    Souvenir d'un lieu cher op. 42 *
    Ouverture solennelle 1812 en Mi bémol majeur op. 49  
      Berliner Philharmoniker
      Andris Nelsons conductor
      Daishin Kashimoto violin *
 すごい雨で、ダイシンさんの演奏は豪雨!!!の音とともに、
 すごいコンサートとなりました。
 中継も途中途切れたりしたのでどうなるかとおもいましたが、
 なんとか「ベルリンの風」まで、大喝采で終わりました。>



続いてパーヴォさんのカルミナもあり。 ☆ 
[PR]
by alarekko | 2012-06-24 23:50