備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Latvijas Radio 3 - Klasika その1

ギドンさんの祖国ラトヴィアの放送 Latvijas Radio 3 - Klasika  HP ☆ 

ここはラトビア語ですし、プログラムの詳細もよくわからないのですが、
この日この時間にこれをやるということがわかってしまえば、
アーカイブ ☆ がず〜っと聴けるというありがたいところです。

たとえば、Gidon Kremer&Kremerata Baltica ☆ のリガ(ラトビアの首都)公演は、まず放送があると思っていいかも。

今年も西本さんの指揮で来日予定のあるラトビア国立交響楽団(LNSO) ☆ の生中継もあり。



2012年4月5日 19:00〜生中継
この日のプログラムのページ ☆ の19:00のところ(時刻の数字)をクリックすると聴けます。

タタルニコフ指揮 ラトビア国立交響楽団
ラフマニノフ ピアノ協奏曲3番、交響曲3番
ピアノ ルーカス・ゲニューシャス

オケLNSOのサイト ☆  から
05/04/2012 THURSDAY
PEARLS OF RUSSIAN MUSIC II

On 5th of April LNSO invites to concert „Pearls of Russian music II” with conductor Mikhail Tatarnikov and Lukas Geniušas as piano soloist.

The season’s second concert of the Pearls of Russian Music series promises a number of valuable discoveries, among them performance by Lukas Geniušas, a young Russian piano star and multi-award winner of international piano competitions, who is bringing to Riga a gem of his repertoire, Rachmaninoff Piano Concerto No. 3 and a new encounter with the prominent conductor Mikhail Tatarnikov from the Mariinsky Theatre, Saint Petersburg. Last year the Latvian listeners heard him conducting the new production of Eugene Onegin at the Latvian National Opera; this is Tatarnikov’s first Latvian appearance in a symphony concert.

Programme:
Sergei Rachmaninoff Piano Concerto No. 3 in D minor, Op. 30
Sergei Rachmaninoff Symphony No. 3 in A minor, Op. 44

Soloists: Lukas Geniušas (piano)

Conductor: Mikhail Tatarnikov


ピアノのアンコールあり。
紀尾井ホールでのアンコール4曲のうちの2曲目だった。
私は何でこの曲を知ってるんだろうと疑問に思ってたのだ。
今聴き直して謎が解けた。
ムソルグスキー/ラフマニノフ ホパック(=コサックダンスらしい)




2012年2月27日 21:00〜放送(13日収録)
この日の番組プログラムのページ ☆ の21:00のところ (3時間近くの長い番組です)

ギドン・クレーメル&クレメラータ・バルティカ
ルーカス・ゲニューサス(ショスタコ1番ピアのソロ)

コンサート内容
クレメラータ・バルティカのページ ☆ から

PART I

MIECZYSLAW WEINBERG (1919-1996)
Concertino for violin and strings Op. 42(1948) Riga premiere!
I Allegretto cantabile
II Cadenza. Lento - Adagio
III Allegro moderato poco rubato
Soloist: Gidon Kremer

GIYA KANCHELI (1935)
Chiaroscuro for violin, strings, piano and percussion (2012)
Dedicated to Gidon Kremer. Riga premiere!
Soloist: Gidon Kremer (violin)

PART II

PĒTERIS VASKS (1946)
Epiphany for string orchestra (2011)
Kremerata Baltica

DMITRIY SHOSTAKOVICH (1906-1975)
Concerto Nr. 1 for piano, trumpet and strings in С minor. Op. 35
I Allegretto
II Lento
III Moderato - Allegro con brio
Soloists: Lukas Geniušas (piano), Clemens Stahmer-llgner (trumpet)

LEONID DESYATNIKOV (1955)
Fragments of Target - film music transcribed for chamber orchestra
In honor of 65+15 anniversary of Gidon Kremer and Kremerata Baltica.
Riga premiere!
I Vivaldi's January
II Cadenza
III At the Races
IV Tannhauser
V Foxtrot
Soloists: Gidon Kremer (violin), Anastassiya Dranchuk (piano),
Clemens Stahmer-llgner (trumpet)


このコンサートはギドンさん65才、オケ15才の記念。
リハーサル風景あり ☆ 
最後の曲はデシャトニコフ氏による映画Target(2011年公開)の音楽を
このために編曲したもの。
この放送は今日初めて聴いたのですが、
最後の曲聴いたことあるなと思ったら、
ルーカス@紀尾井のアンコール3曲目でした。Foxtrot

さらにアンコールとして長〜いハッピバースデイ変奏曲もあり。
変奏の種明かし ☆ も興味深いです。

すばらしいすばらしいコンサートが全部聴けてよかった〜
昨年夏、予定されていたヴェルビエへの参加を断り、ロッケンハウスの音楽監督も今年限りで後進に引き継ぐという表明もされていたギドンさん。少し心配でした。
しかし、今年、ご自身の演奏も若い音楽家たちとの交流も、さらにパワーアップしているように思えます。自身の音楽家としての姿勢をさらに強く貫くための転換点だったのかもしれません。
[PR]
by alarekko | 2012-07-26 23:51 | 2012 音楽祭