備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

平和賞 その2

昨夜遅くに追記しましたが、改めて

Nobel Peace Prize Ceremony 2013ノーベル平和賞授賞式の映像 ☆ 
2013年12月10日 in Oslo City Hall


平和賞授賞式のニュース記事がなかなか見当たらなくて、
(ストックホルムでのノーベル賞授賞式とは別なのです)
今探したら、一つだけこういう写真 ☆ 付きの記事(朝日新聞)を見つけました。

リンクがなくならないといいんですけれど、、、と思いつつ、
キャプションを引用します。
ノーベル平和賞授賞式は、日本人バイオリニスト神尾真由子さんの演奏で幕を開けた=オスロ、伊東和貴撮影


ちなみに、幕を閉じたのも神尾さん、ギムゼさん、ゲルネさん3人の演奏でした。
激しく渦巻くような音楽から始まった式は、穏やかで思いやりにあふれた音楽で幕を閉じました。

プログラムは映像に一瞬映るキャプションをメモするしかなさそうなので
あとで確認出来てからメモを追記したいと思います。
(パッと見た感じ、スペルがノルウェー語だからか、うん???とよくわからなくて、一時停止して確認しないと)


<12日 追記
 式典プログラムメモ
 公式サイト、画像字幕、日本語の情報(神尾さん今秋のツアーなど)から

 式のはじまりの音楽 (3分あたりから)
  メトネル/ハイフェッツ:おとぎばなし Op.20 No.1
  シンディング/ハイフェッツ:組曲Op.10からプレスト
   神尾真由子(violin) ホーヴァル・ギムセ(piano)
  (プレストがあまりに凄かった。シンディングはノルウェーの作曲家。 
   字幕にArr.heifetzとありました。
   ギムセさんは今秋神尾さんと来日されたノルウェーの方
   平和賞の過去の映像をちらちら見たら何度も登場されていました。)


 Award Ceremony Speech 
  はじめにマンデラ氏への追悼の辞のあと?(たぶん)、
  こちらのスピーチ ☆ 全文と思われます。
   Thorbjørn Jagland, Chairman of the Norwegian Nobel Committee
   (聞きながら読むと少しわかりやすいのでまたあとでやってみよう。
    途中でたびたびおこる拍手。記述文中に「 ! 」マークがあるところと一致する気がする)


 ディプロマとメダルの授与

 演奏 32分あたり〜
  べートーベン:An die Hoffnung(希望に寄せて) Op.94
   マティアス・ゲルネ(歌) ホーヴァル・ギムセ(piano)

 Nobel Lecture 40分あたり〜   ☆ 
   the Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW),
   delivered by Ahmet Üzümcü

 終わりの音楽  1時間6分あたり〜
  リヒャルト・シュトラウス:Morgen(明日に) Op.27 No.4
   神尾真由子 Mayuko Kamio 
   マティアス・ゲルネ Matthias Goerne 
   ホーヴァル・ギムセ Håvard Gimse
    (すばらしい! 心にしみます。) >
[PR]
by alarekko | 2013-12-11 15:54