備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:2011 夏の音楽祭( 11 )

Annecy(仏)でロシア

今、medici.tvのホームでは、
annecy classic festeival (8/24〜31)の映像が流れます。
Annecyは、フランスのスイス国境近くのようです。

私がさっき見た時は、
チャイコ5番、冒頭のクラリネットソロがいきなり流れてきて、
うお〜、ロシアの音だ〜と思ったら、テルミカノフさまのお顔が・・・
最後まで食い入るように見ました。すばらしい!!!

テミルカノフ指揮サンクトペテルブルグフィル。こちら ☆ 
  St Petersburg Philharmonic Orchestra
  Yuri Temirkanov
  Sainte-Bernadette Church (Annecy, France)
  Recording date : 08/30/2011


旧ソ連の一流オケのスタイルを彷彿とさせる演奏は、
この組み合わせが一番(というか、唯一)かも。
先日のコンクール、バイオリンのファイナルで共演のオケです。
コンマス氏、フルートのお姉様方ほか、
見覚えある方々もたくさんいらっしゃいますが、
全体としては、芸術監督であり首席指揮者であるマエストロとのヨーロッパツアーに、最強フルメンバーで臨んでいることがはっきりわかる布陣です。

ムラビンスキー、レニングラード時代からいらっしゃると思われる方々もまだまだお見受けする。
ムラビンスキー亡きあと、ソ連崩壊後の困難な時代をテミルカノフとともにここまで持ちこたえ復興してきた中核メンバーの中に、若いパワーも混じっている。
全員が、マエストロの音楽を全身で感じようとして、全力で、神経を研ぎすまし、時にはうれしそうに演奏する。
パワー全開のあとの、なでるような柔らかい弱音、
などなど、とっても感動しました。

シンフォニーが終わって拍手を受けて、右手で指示して誰かを立たせたんだけれど、画面がマエストロのお顔から切り替わらなくて、「ホルンを映して〜」っておもわず言ってしまいました。オケのみんなも拍手してる。
2楽章のホルンの美しいソロを吹いた若き首席奏者のはず。
2008年来日時のTV映像では、レニングラード時代からのとても恰幅の良いオジさまがいらしたのですが、今回はいらっしゃらなかった。
偉大なホルニストのあとつぎとみんなから期待される若きホープなのかも。


この音楽祭の映像はここに ☆  (11月まで見られるようだ)
最終日、マツーエフ氏(最近ちょっとマイブーム)が加わったチャイコPコンも、すごいです。


福間さんのリサイタルもあり。(リスト)
紹介文に ”young prince ”と書いてあって、
バックに美しい外の風景が見えるようなシチュエーションに、
”プリンス登場”っていう感じがピッタリ来るってすごい。


ペテルブルクがらみでもうちょっと見所あるんですけれど、
また、書き足します。
[PR]
by alarekko | 2011-09-01 20:27 | 2011 夏の音楽祭
ひきつづき23日arte tv では、
ベルリンフィルのワルトビューネコンサートの中継があり、
今その録画が見られるようになっていました。
Berlin_Waldbuhne_2011 ☆  (期間は3ヶ月)

このコンサートは、シーズンの最後に(6月の終わり〜7月の初め)毎年行われる野外コンサートですが、30年の歴史上初、大雨で中止になり8月23日に振り替えられたことが「ベルリン・フィル・ラウンジ」第45号 ☆ に書かれていました。

例年、午後8時というのに明るいピクニック気分ではじまり、少しずつ暮れていく”自然の照明効果”も印象的なこのコンサートですが、今回は初めから薄暗く、とっても寒そうです。季節の違いを感じます。

休憩時間に、ホルンのサラさんとシャイー氏へのインタビューが流れます。
今回のメインテーマは”イタリア”なのでしょう。インタビュー内容など、BSプレミアムシアターでの放映を待ちたいと思います。

 9月17日(土) 午後11時30分~
 プレミアムシアター ☆ 
 ◇ベルリン・フィル ワルトビューネ・コンサート2011
 <曲 目>
 ジャズ組曲 第2番(ショスタコーヴィチ)
 映画 「道」からの組曲(ニーノ・ロータ)
 交響詩「ローマの噴水」「ローマの松」(レスピーギ)
 <管弦楽>
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 <指 揮>
 リッカルド・シャイー

 収録:2011年8月23日 ベルリン・ワルトビューネ野外音楽堂




arte.tvでは今、ルツェルン音楽祭から8月18日のアバドの公演も生中継の録画を見られます。
Lucerne_Festival__Abbado ☆  (こちらは1ヶ月のようです)
これは、今週末のBSプレミアムシアターで早くも放送されます。

 8月27日(土) 午後11時30分~午前3時30分
 プレミアムシアター
 ◇<速報>ルツェルン音楽祭2011から
 クラウディオ・アバド指揮 ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会
 <曲 目>
 交響曲 第35番 ニ長調 K.385 「ハフナー」(モーツァルト)
 交響曲 第5番 変ロ長調(ブルックナー)
 <管弦楽>ルツェルン音楽祭管弦楽団
 <指 揮>クラウディオ・アバド
 収録:2011年8月18、19、20日
 ルツェツン文化会議センター コンサートホール

 ◇ルツェルン音楽祭2009から クラウディオ・アバド指揮
 ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会
 <曲 目>
「最後の七つの歌」から
  わたしの歌をのぞき見しないで
  真夜中に
  ほのかな香りを
  わたしはこの世に忘れられ
 交響曲 第4番 ト長調
 (以上/マーラー)
 <出 演>
 マグダレーナ・コジェナー(ソプラノ)
 ルツェルン音楽祭管弦楽団(管弦楽)
 クラウディオ・アバド(指揮)
 収録:2009年8月21日、22日
 ルツェツン文化会議センター コンサートホール

[PR]
by alarekko | 2011-08-25 23:20 | 2011 夏の音楽祭
ラ・ロック・ダンテロン 最終日
たくさんのアーティストが繰り広げる、4時間以上にわたるコンサート
Arte tvが中継の後、オンデマンドがアップされました。


開演前、ステージ転換の間などに、会場の様子や音楽祭の場面も流れます。

最初から見逃せないです。
第1部 ☆   第2部 ☆ 

1曲目バッハBWV 1060、すばらしかった。
これだけ何度もリピートしてなかなか最後まで進みません。

曲目、演奏者がそれぞれのページに書かれているのですが、
が、、、、、1曲目、
えっ?どう見ても別の方に見えるんですけれど
間違ってると思います。
正しくは、Rami Khalifé、Francesco Tristano (piano)
です(よね)
(音楽祭のサイトにお名前あるし、一緒にコンサートやってらっしゃるみたいだし ☆ 
<23日午前追記。お名前訂正されてました。Ramiさん、よかった!>


あとは、おいおい見ます。
なんと、半年間見られます。
[PR]
by alarekko | 2011-08-22 21:51 | 2011 夏の音楽祭
ついこの間の演奏です。
medici.tvで、「あなたの地域(Japan)では見られません」メッセージがでて、えっ何で?と思っていたのはこれであったか。
まさに「トップアーティスト 奇跡の競演」
<以下、番組表のコピーですが、見て気付いたところ修正してます。
 ほんとにすごい、奇跡の競演。是非再放送をおねがいします!
 たくさんの方に見ていただきたいです。 
 youtubeのmedicitvチャンネル ☆ で演奏の一部が見られます。
 アーティストの方々への一問一答映像(WALLCAST)があり、
 同じシチュエーションで同じ質問なのに全然雰囲気が違って、
 興味深いです。
 ギトリスさま(88才) ☆ (6月初めに緊急来日してくださったんでした)
 う〜んすごいパワーです。よくわからないのに抱腹絶倒しました。   
 8/21追記>

プレミアムシアター 
トップアーティスト 奇跡の競演 ヴェルビエ音楽祭2011
2011年 8月20日(土)午後11:55~21日午前4:00(245分)
                            
◇(11:55)現代を代表するトップアーティスト 奇跡の競演         

「バイオリン・ソナタ 第8番 ト長調 作品30第3」    
                      ベートーベン作曲
               (バイオリン)ルノー・カプソン
               (ピアノ)マルタ・アルゲリッチ
「ビオラ・ソナタ 変ホ長調 作品120第2」 ブラームス作曲
               (ビオラ)ユーリ・バシュメット
               (ピアノ)エフゲーニ・キーシン
「シチリア舞曲」               パラディス作曲
              (バイオリン)イヴリー・ギトリス
   (ピアノ)ユジャ・ワン カティア・ブニアティシヴィリ
「なつかしい土地の思い出 作品42から メロディー」    
                    チャイコフスキー作曲
              (バイオリン)イヴリー・ギトリス
   (ピアノ)カティア・ブニアティシヴィリ ユジャ・ワン
「美しいロスマリン」            クライスラー作曲
               (ピアノ)マルタ・アルゲリッチ
              (バイオリン)イヴリー・ギトリス
「愛の悲しみ」               クライスラー作曲
               (ピアノ)マルタ・アルゲリッチ
              (バイオリン)イヴリー・ギトリス
「幻想小曲集」                シューマン作曲
               (チェロ)ゴーティエ・カプソン
               (ピアノ)マルタ・アルゲリッチ
「ピアノ三重奏曲 第2番 ハ短調 作品66から       
          第3楽章 第4楽章」メンデルスゾーン作曲
            (バイオリン)レオニダス・カヴァコス
               (チェロ)ゴーティエ・カプソン
                   (ピアノ)ユジャ・ワン
「バレエ音楽“ラ・ヴァルス”」         ラヴェル作曲
               (ピアノ)マルタ・アルゲリッチ
                     ネルソン・ゲルナー
「2つのバイオリンのためのソナタから 第1楽章」 イザイ作曲
               (バイオリン)ジョシュア・ベル
                   レオニダス・カヴァコス
「チャールダーシュ」              モンティ作曲
                (ピアノ)デニス・マツーエフ
             (バイオリン)ジュリアン・ラクリン
                     ロビー・ラカトシュ
「ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 作品25から 第4楽章」 
                       ブラームス作曲
               (ピアノ)エフゲーニ・キーシン
             (バイオリン)ヴァディム・レーピン
               (チェロ)ミーシャ・マイスキー
               (ビオラ)ユーリ・バシュメット
「パガニーニの主題による変奏曲」     ルトスワフスキ作曲
               (ピアノ)エフゲーニ・キーシン
                    マルタ・アルゲリッチ
  ~スイス・ヴェルビエ サル・デ・コンバンで収録~    
  <収録:2011年7月>                  
                              

◇(前2:05)ヴェルビエ音楽祭 ライジング・ピアノスター 
                              
「ピアノ協奏曲 第3番」          ラフマニノフ作曲
           (ピアノ)カティア・ブニアティシヴィリ
     (管弦楽)ヴェルビエ・フェスティバル・オーケストラ
                  (指揮)ネーメ・ヤルヴィ
「愛の夢 第3番」                リスト作曲
  ~スイス・ヴェルビエ サル・デ・コンバンで収録~    
  <2011年7月18日>   
                              
「ピアノ・ソナタ ロ短調」            リスト作曲
「バラード 第4番 ヘ短調 作品52」     ショパン作曲
「ペトルーシカからの3楽章」     ストラヴィンスキー作曲
「メフィスト・ワルツ第1番」           リスト作曲
「前奏曲 作品28 第4番 ホ短調」      ショパン作曲
           (ピアノ)カティア・ブニアティシヴィリ
  ~スイス ヴェルビエ教会で収録~
  <収録:2011年7月26日>               
[PR]
by alarekko | 2011-08-20 23:24 | 2011 夏の音楽祭
ポーランドのラジオ、音楽のチャンネル Dwojka ☆ 
放送スケジュールはこちら ☆ 左から2番目の欄 Dwójka

ここでも、各地の「夏の音楽祭(Letni Festiwal Muzyczny)」を放送しています。


16日18:00〜(日本時間17日1:00〜)は、
ワルシャワで半月にわたって開催される音楽祭「ショパンとヨーロッパ」のオープニングコンサート、生中継
(その記事のページ ☆ エフゲニの写真がデ〜ン・・・)


17th International Music Festival Chopin and his Europe 8月16日〜9月1日
全体スケジュール ☆ 
<左の日付のところをクリックで、その日の写真が徐々にアップされていきます 8/20追記>



66th International Chopin Piano Festival in Duszniki  8月5日〜13日
全体スケジュール ☆ 
ポーランド語のニュースレターpdf  ☆ 写真だけでも・・・



<8/18 追記>
17日午前1時から、ラジオ聴きました。
Warsaw Philharmonic Concert Hallから生中継
ゴ〜〜ンというホールに響く予鈴から始まり、
女性アナウンサーが早口でなにやらお話しになっている後ろで
オケメンバーが三々五々ステージに上がって音出し、
チューニング、、、生中継はワクワクします。

Evgeni Bozhanov (piano)
Lutosławski Philharmonic Orchestra
(またの名いろいろあります
 Symphony Orchestra of W. Lutosławski Philharmonic
 W. Lutosławski Philharmonic in Wrocław)
Jacek Kaspszyk (conductor)
 (Artistic Director of the Wrocław Philharmonic Orchestra
  この名称も同じオケのまたの名
  彼が音楽監督をつとめるもう一つのオケで、
  昨年12月にすでにショパン1番共演)

Fryderyk Chopin: Piano Concerto in E minor, Op. 11
アンコール 喜びの島

オケの出だしから、今まで聴いたことの無い世界が次々繰り広げられて、すっごく楽しめました。起きてて良かった。幸せです。

後半のマーラー10番も、
そのあと聖十字架教会でのヘレベッへ指揮ドイツレクイエム生中継も
是非聴きたかったけれど、
徹夜になっちゃうので、
休憩時間のボジャノフインタビューまでで寝ました。

インタビューはかなりたくさん英語でお話しになっていましたが、
ポ語通訳がかぶるので(英語だけでも一度聴いただけでは)
内容はわかりません。

でも、一部の内容が記事で紹介されているとわかりました。こちら ☆ 
(インタビュー17分も全部聴けます)

英語での話をポーランド語に翻訳して要約した記事を
またG翻訳で英語にしてるので、変なとこはあるのですが、
興味深いのでいくつか・・・

”Music fills my entire life.
 My profession is my hobby.
 Every day is preparation.
 How does the shower, eats, sleeps, it is all part of the preparation.....”

そこまでですかっ! そこまで言っちゃいますか! 
そうなんですね 芸術家は
ビックリして、納得して、、、って感じです。
それを享受出来る幸せ。ありがたいなあとしみじみ。

また、音楽は自分にとって、身体のようであり生き物なので、
日々変化するんだとおっしゃってます。
毎回違う。違うんだけど彼独特の魔力は同じ。それは感じてます。

で、この記事の見出しがなんと「僕はムカデのよう...」
どうしてムカデなのかの説明は具体的にはわからないんだけれど、
直感的にはわかります。あの足も顔も、、、全身の動きで音楽が生み出されている。椅子の高さも、求めるムカデの動きに必要な生体の一部なんだろうな。

先月テレビ番組で見た現代のダビンチ、テオ・ヤンセン氏と
彼が何十年もすべてを注いで日々生み出し続ける”ストランドビースト”。
(見た番組はこちら7/20 ☆ 
 紹介映像 ☆     日本版公式サイト ☆ 
とっさに、これを思い出しました。

ストランドビーストはひとことでは説明できないのですが、
例えば足の動きは”ムカデみたい”でした。
でも、その足の動きを実現するためには、
何年も計算と実験を重ねて求めた、これしかないという絶妙な足の部材の比率が必要だった。

そういう膨大なアイデアの積み重ねでできてる”ビースト”は、
人工的につくったもの(アート)なんだけれど、
自然の風によって動くほとんど自然の生き物なのだ。
エフゲニはテオさんでありストランドビーストでもあるなと思った。
[PR]
by alarekko | 2011-08-16 00:34 | 2011 夏の音楽祭
ラジオフランスの音楽番組チャンネル france musique ホーム  ☆ 

コンサート関係で今聴ける番組のリスト ☆ 
今のこの時期、プロムスやザルツブルグはじめ、仏国内、ヨーロッパ各地の夏の音楽祭の生放送や録音が続いてます。(原則、放送後1ヶ月聴ける)
Festival international de musique de chambre, Musique à l'Empéri
(サロン・ド・プロヴァンス最終日の演奏 8月9日放送 ☆ 他)、
Festival International de Piano de La Roque d'Anthéron (ラ・ロック・ダンテロン)も、いくつか聴くことができます。



arte LIVE WEB(テレビ)のクラシックのページ ☆ 
こちらも今、ラ・ロック・ダンテロンはじめ、音楽祭の映像が次々と・・・
原則、半年くらい見られるようです。

ラ・ロック・ダンテロンのサイトには 写真 ☆ が、少しずつアップされてます。
どんな方々が登場されたか、会場の雰囲気などがわかります。

 動画 ☆ もあるようなのですが、、、
去年のは見られます。でも、今年の分はただの黒い四角なのです・・・
(私だけ見られないのではないみたい。フラッシュプレイヤーに(Adobeに)原因があるらしい。しばらく様子見。)


<16日夜追記>
8月12日ボジャノフのリサイタル ☆  
たぶんアンコール  蝉が鳴いてるのかな
アップしてくださった方に大感謝! 写真もとってもよいです

6月デュッセルドルフの映像 ☆ 
固定アングルであまり良くわからないけれど、
ヒゲが、、、一気に巨匠の風情。この路線は合ってるかも。

2月にはまだこうだった ☆ 
[PR]
by alarekko | 2011-08-15 23:52 | 2011 夏の音楽祭
避暑というより、地中海の明るくカラッとしたバカンスを求めて・・・


サロン・ド・プロヴァンス国際音楽祭 19回 7/28〜8/7
le Festival international de musique de Salon-de-Provence
Créé en 1993 par Eric Le Sage, Paul Meyer et Emmanuel Pahud,(中略)
La 19ème édition du festival aura lieu du 28 juillet au 7 août 2011.

今年の参加アーティスト写真一覧 ☆ 
ブラレイさん、ダイシンさんはじめ、有名な方がならんでいます。
3段目の、ルサージュ、メイエ、パユの3氏が主催者。

実は、イワンの師匠Jerome Pernooさんてどんな方?
ということから、このページに偶然たどり着きました。
写真一覧のパユさまの下が、イワンの師匠Jerome Pernooさんです。
(彼についても「チャイコン その後」に追記してます。)


レ・ヴァン・フランセが、フランスで音楽祭を開いていた延長上にある
とは知っていました。

王子ホールのサイトにインタビュー記事があるのですが。こちら ☆ 

そのインタビューは、そもそもレ・ヴァン・フランセは、、という所から始まり・・・、「サロン・ド・プロヴァンス国際室内楽音楽祭がきっかけだった」ということについて、各メンバーから語られます。

「サロン・ド・プロヴァンスという南仏の小都市のお城に宿泊して、ランペリ城という町のシンボル的な建物の中庭でコンサートをやるんです。なので期間中はずっとお城での生活が続きます。」
中庭、ということは屋外。地中海性気候で、雨は降らないんでしょうね。

今年ではないのだが、PR映像があった ☆ 


ブラウザにグーグルクロームを使うようになるまで、
フランス語のサイトは全く理解不能だったので、
この音楽祭のサイトも今回はじめて見ました。





ラ・ロック・ダンテロン 31回 7/22〜8/21
これが町の名前で、南仏のプロヴァンス地方にあるとはじめて知った。
the La Roque d’Anthéron International Piano Festival  英語版ホーム ☆ 

プログラム一覧 ☆ 

録画(録音)され、放送がある?プログラム ☆ 
(8/12にボジャノフのリサイタルがあるのだが、放送はなさそうだな)

放送局のリンク(この音楽祭にに限らず色々お世話になってます)
arte LIVE WEB ☆ 
france musique ☆ 
[PR]
by alarekko | 2011-07-25 10:13 | 2011 夏の音楽祭
2011 夏の音楽祭というカテゴリーをつくりました。
前の情報はこちら ☆ から。

プロムス5
今日未明に終わったばかり
(映像が見たい!布陣ですが、、、)1週間聴けます。 

Beethoven: Concerto in C major for Violin, Cello & Piano (Triple Concerto)
Renaud Capuçon (violin)
Gautier Capuçon (cello)
Frank Braley (piano)
Orchestre Philharmonique de Radio France
Myung-Whun Chung (conductor)

こちらの、プログラム内容のページ ☆ から、Listen now をクリック


今聴けるプログラムのリストが便利
available now on BBC iPlayer ☆ 


ロッケンハウス
終了しましたが、
・こちらのニュース映像  ☆ で、「お城でコンサート」の様子がわかります。

サイトにあったメディア情報から
・ATVのカルチャーマガジンという番組7月17日で紹介されてます。
このページの映像 ☆ の後半です。

・ラジオ放送 
 Musik aus Lockenhaus auf Radio Ö1:
  生放送はここで ☆ 
  放送後7日間はこちらから ☆ 
   Montag 18.7. von 23.03 - 00.00 Zeitton 
   Dienstag 19.7. von 10.05 bis 11.35 - Konzert am Vormittag
   Dienstag 26.7. von 10.05 bis 11.35 - Konzert am Vormittag
[PR]
by alarekko | 2011-07-19 14:29 | 2011 夏の音楽祭
ロンドンは避暑地とは言わないかもしれないですけれど、
”世界の気温”というのを見てみたところ、最高気温が20℃いってない。
涼し過ぎ

 ☆ BBC Proms2001 15th July - 10th September

あまりに巨大なお祭りです。

1週間単位でプログラムが見られるページ  ☆ 

BBC Radio3でLive放送が1週間聴けるので(映像は日本では見られません)
時々”聴けるプログラム”のリストのページ ☆ をチェックするか、

アルファベット順アーティストリスト  ☆ で(これも膨大だが)お目当てのアーティストをみつけて、そこから日程などをたどるのも一つの手かと・・・
[PR]
by alarekko | 2011-07-18 00:28 | 2011 夏の音楽祭
夏の音楽祭シリーズは、そもそもHさんがヴェルビエの紹介をしてくださったことから、メモしておこうと思ったのでした。

その、スイス有数のスキーリゾート、ヴェルビエの夏の音楽祭、今日15日から始まります。
スイス政府観光局によると ☆(日本語)1993年に始まったそう。
 ☆ Verbier Festival 15 – 31 JULY 2011
なんといってもロレックスプレゼンツですし、とっても巨大な豪勢なラインナップ。
お客さん4万人と何処かに書いてあった気がする。

いくつかの注目のコンサートはmedici.tvが中継してくれます。
(録画も見られるのではと期待。過去の映像もありますし。)

配信スケジュール ☆ をみると、
2A.M.とあるんですけど? 夜中にコンサート?
このサイトでは、見てる人の時刻で表示してくれてるみたいです。

いくつか、6P.M.(現地で昼のコンサート)もありますね。
22日リシエツキ、23日ヘルムヒェンはLiveを見よう!

ギャレットや、ベル&カプソン&ハーディングはVODを期待!
[PR]
by alarekko | 2011-07-15 01:02 | 2011 夏の音楽祭