備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

梅雨の合間の貴重な晴れ。
天気が急変しないうちにと、
はりきってシーツ類も洗濯機に放り込み、

酵素入り洗剤は40分以上つけおかないと、酵素が働かないと友人にきいてから、洗剤を使う時(洗剤ゼロコースでないとき)は、「洗濯」数分まわして、1時間つけ置くことにしています。

そして標準コース。

ピッピッと鳴って、
カゴに洗濯物を移すと、ごろっと下に落ちたものがあります。
な、な、なんと、iPod nanoが、洗濯機の底に転がっている!
目を疑いました。
一体どこに入ってたんだ!

まあ、ここで、だれがどうしたから紛れ込んだかということは、
不問にふすとしましょう。

ご丁寧に1時間もつけ置かれて、ゴロゴロと回されちゃったのですよ。
私は、もうだめだと思いました。
しかし、干してみました。

なんと、問題なく使えるのです。
iPodよ、 すばらしい!

表面に貼ってある、薄い透明のシールのようなものが変形してはげかけ、
見た目はとても残念な状態。
夫にいわせると、ハードディスクが入ってるタイプだったらだめだったかも、
半導体だからじゃないかなと。

みなさんも、そういうことがあったら、あきらめないで、トライしてみてください。
しかし、それより、洗濯物を洗濯機に入れる時の注意が足らんということです。
気をつけなければ。
[PR]
by alarekko | 2009-06-30 01:03

モジズリ 

我が家の、
自然農法的プランターといいましょうか、
コンクリート砂漠の中の、ちっぽけな野原。
c0195695_1322335.jpg

真夏の日差しを少しはさえぎってくれるよう、
アサガオで緑のカーテンをと試みているプランターの一つです。

シーズンが終わって、種は、収穫しますが、
あとはずっと放置してるだけ、
いや、自然にまかせていますと、
関東の乾燥した冬の間は、
ただただ、無味乾燥なプランターがそこにあるだけ。
春になって,あたたかくなり、日当りがよくなると、
雨がそこそこあたる場所では、
植えていないものが、あれこれ生えてきます。
前年に自然に土の上に落ちた「アサガオ」も生えてきます。

6月になると、
本格的に? アサガオの種を撒き、水やりもはじめます。
アサガオにはやく育ってもらうために、
例年、この時期、野草は抜いてしまっていました。

今年は、例年より長く野草を放置していましたら、
初めて、ピンクの花が咲き始めました。
それも、スパイラルにねじれている変わった形をしています。

c0195695_13505532.jpg

変わったタンポポがあるんだなあと思っていました。

それが、花の名前が、偶然わかったのです。

ta・・・さんの、
すばらしい花の写真がいっぱいのブログを拝見していて、
この花がでてきて、びっくりしました。
こちらの記事 ☆ 「野生のラン」  です。

花は同じとしか思えません。
でも、ラン科とあります。
タンポポ系の葉なのに? ラン?
そこで、タンポポ系の葉っぱをかき分けてみました。
いや〜、確かに、タンポポとは別の株。
”ラン”っぽい小さい葉が根元にありました。
c0195695_13512845.jpg


モジズリ(ラン科 Spiranthes sonensis) 別名ネジバナ
間違い無さそうです。
ta・・・さんありがとうございます。
また、出会いのきっかけになった、Tさんにも感謝です。
[PR]
by alarekko | 2009-06-27 17:34
アイルランドの放送局 RTE のクラシック音楽番組「Lyric Concert」
番組のホームは こちら☆ 

平日毎晩やっていて、金曜日は、ダブリンのナショナルコンサートホールからの生中継もあります。
放送をオンタイムでもちろん聴けるのですが、現地の夜は、日本の夜中!
そこで、大変ありがたいのが、番組ホームの右側にある
「Listen to Latest Show」
「Shows from the past week」
期間限定ながら、好きな時間に聴けます。

そして、番組ホームから
「This Week's Concerts」のページと
「Last Week's Concerts...」のページ に 
行くことができて、プログラムが書いてあります。

しかし、いつ、何が聴けるのか
書いてあることと、どのような関係になってるのか
今ひとつわかっていませんでした。
一つ前の記事中の表現も、微妙にちがってたか? 微妙に合ってるか?って感じで・・・

今理解してることを整理しておきます。

This Week's Concertsの内容と、Last Week's Concertsの内容は、
週単位で、プログラムが書いてあります。

現在6月24日(水)午後ですが、
This Week's Concerts のページ ☆   に行って見ると、
22日(月)からの週のプログラムが出てきます。

Last Week's Concerts... のページ ☆   では、
15日(月)からの週のプログラムです。


さて、今、24日(水)午後、何が聴けるか、です。

「Listen to Latest Show」をクリックすると、
23日(火)のプログラムの内容、
ダブリンのコンクール、セミファイナルのJong-Hai Parkさんの演奏が始まりました。
おそらく、その日の放送が終わってから、丸1日聴けるのだと思います。

では、「Last Week's Concerts...」の各曜日をクリックすると、
何が出てくるのか、それぞれ少しずつ聴いてみました。

Mondayは    Monday June 22nd
        From the Berwald Hall in Stockholm
        Swedish Radio Symphony Orchestra

Tuesdayは   Tuesday June 23rd
        Axa Dublin International Piano Competition 2009
        Semi-final recital of the second prize winner,
        18 year old Jong-Hai Park from Korea

Wednesdayは  Wednesday June 17th
        Lausanne Chamber Orchestra

Thursdayは   Thursday June 18th
        Belcea Quartet in Vienna

Fridayは    Friday June 19th
        Live from the National Concert Hall
        RTÉ National Symphony Orchestra(メンデルスゾーンの曲)

ということになっていました。

火曜日の、コンクールの録音シリーズはまだ続くようです。
Jong-Hai Parkさんの演奏のあと、
「  ネクストチューズデイ    エリックズーバー  」
と聴こえました。
来週も聴いてみよう!
[PR]
by alarekko | 2009-06-24 14:15

Whelan: The Currach


今日のタイトルは、ダブリンのコンクールセミファイナルで、数分の新曲のリストから一曲選ぶという唯一の指定がありました。その一曲。
前に書いた拙記事はコチラです ☆ 

ダブリンのコンクールは、なぜか、セミファイナルだけが全く配信も放送もされませんでした。
放送のためにレコーディングされると書いてあったので、RTEでそのうち放送されるだろうと、たまに"Lyric Concert"のページをのぞいていましたら、

ありました!

Tuesday June 16th
Axa Dublin International Piano Competition 2009
Semi-final recital of the winner, 20 year old Alexej Gorlatch from Ukraine
Debussy: Preludes
Whelan: The Currach
Chopin: 12 Etudes Op.10

こちら ☆
このページは、1週間単位なので、日本時間22日(月)昼過ぎあたりまでこのままあると思われます。


右側の「Shows from the past week」のTuesdayをクリックです。
[PR]
by alarekko | 2009-06-20 09:30

大発見に大興奮 


the official YouTube channel of the Berliner Philharmoniker
コチラです ☆ 
なるものができていました。
最初のアップは2009年4月1日、
Schumann: Piano Concerto
/ Mitsuko Uchida, Berliner Philharmoniker, Sir Simon Rattle
であります。

さすがにベルリンフィルの"オフィシャル"なだけあって、
音、映像ともにすばらしいです。
良くありがちな、音と映像のずれも無く、すばらしい!
奏者の方々のお姿もくっきりはっきり。
うれしいです!

曲の一部なので、全部聴きたければコチラへ〜
という流れになってるわけですが、
6月19日現在27動画あるので、
しばらくは、これを良く味わうだけで、
おなかいっぱい、胸いっぱい!な日々が続きそうです。
[PR]
by alarekko | 2009-06-19 12:28

知られざる奇跡の行進 

一昨年、youtubeで、ヴィクトリア・ムローヴァが大きな教会で演奏しているバッハのシャコンヌを見つけて、すごく感銘を受けた。
心の奥底に深くしみ入る演奏、そして、じっと、最後まで身じろぎもせず聴き入る聴衆の表情や姿も忘れられない。
 
バッハのシャコンヌは、やっぱり名曲だなあとあらためて思い、
こういう大きな教会に響くバッハはいいなとも思い、
久しぶりに拝見したムローヴァ女史の、筋の通った生き方が姿にも音楽にも現れているような、カッコ良さも、心に残るものがあった。


BSで、ライプツィヒ聖ニコライ教会での、何かの記念コンサートを見たのは、昨年のことだ。
あのムローヴァのシャコンヌも含まれていた。
1999年10月9日の演奏であることがわかった。


そして今晩、たまたま途中から見た番組 "知られざる奇跡の行進" で,
(番組のサイトはコチラ ☆ 再放送もあるようです。)

その演奏会の特別な意味を、やっと知ったのです。
ライプツィヒの聖ニコライ教会は、東西ドイツ統一への重要な拠点であったこと。
この教会の「平和の祈りの集会」から端を発し、ベルリンの壁崩壊1ヶ月前の1989年10月9日に、7万人ものデモへと発展した「平和革命」。

あの演奏 ☆ は、 それから10周年目に開かれたチャリティーコンサートの中の1曲だった。  つづきはコチラ ☆ 

教会に集まった人たちは、単にコンサートに集まった聴衆ではなかったのだ。
旧ソ連出身のムローヴァにとっても、特別な演奏であったであろう。
[PR]
by alarekko | 2009-06-16 22:20

NHK総合 わたしが子どもだったころ『指揮者 小澤征爾』
6月15日(月)午前0時10分~ (6月14日深夜)59分スペシャル版
(地域によっては、放送日時が違うようです。BShiでも放送があります)


BSでは2007年,総合では2008年から始まった
「わたしが子どもだったころ」というドキュメンタリー番組。
(番組のサイトはコチラ ☆ )
第一線で活躍する人の子どもの頃が、本人の語りと再現ドラマで描かれる、
興味深い番組だ。

去年見た、
『画家・ジミー大西』
『プロ野球解説者・張本 勲』
『デザイナー・プロデューサー 山本寛斎』 
これらの回は、たまたま気付いてじっくり見て、とても印象深かった。
 
[PR]
by alarekko | 2009-06-10 21:33
フォートワース、テキサスでのコンクールもあと2日となりました。
すべての演奏が映像で生中継され、アーカイブで何時でも見ることができ、
生ではラジオをも聴ける、大変至れり尽くせりな、オープンな、
若き大天才たちの音楽祭のようであります。
前の記事はコチラ☆

セミファイナルではタカーチカルテットとのリハーサル、
ファイナルになってからも、
指揮者との打ち合わせ、オーケストラとのリハーサルまでもが
延々と放送されていました。大変興味深いです。

しかし、
映像や、そのアーカイヴは、PCの環境によっては見ることができず、
時差もあり生放送を聴くには、限界がありますし、
残念な思いをしていた方も少なからずいらっしゃることと思います。

私を含め、そのような方々に朗報です。
npr musicでファイナルをオンデマンドで聴くことができます。
 コチラ ☆ からどうぞ
ファイナリストの、前のラウンドの演奏もあります。
(全部ではありませんが。)

NPRは、アメリカの公共放送National Public Radioです。


おまけ
YTにVanCliburnFoundationが1次からたぶん全部の人(の一部)をアップしてくれてます。
コチラ☆ からどうぞ
[PR]
by alarekko | 2009-06-06 19:18

人類よ声を聴け 

NHK総合TV(再放送BS2)「爆笑問題のニッポンの教養」は、
大変興味深い番組で、最近はできるだけ見逃さないように、
特に我が家的に興味のありそうな時は、録画予約をするように
チェックしていました。

昨夜は、録画予約をしていなくて、途中から見始めて、
「しまった、これは録画予約しとけば良かった!」 
ゲストは文化人類学の先生なんですが、実は『音』の話でした。

概要はコチラ☆

文字を持たない、言葉も持たない人たちの、
声と楽器による大変細やかなコミュニケーション。
持たないことは、低く見られがちであるが、そうではない!
ということが、メインの話の流れのようでした。

どういうわけか、総合とBSと両方で再放送が予定されていることがわかりました。
今度は、是非最初からみたいので、録画予約します。

爆笑問題のニッポンの教養
FILE073:「人類よ声を聴け」 再放送予定
6月8日(月)午後3:15~<総合>
 10日(水)午前2:30~(火曜深夜)<BS2>
[PR]
by alarekko | 2009-06-04 09:37