備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

メンデルスゾーン

一つ前の記事にコメントをいただいた番組

メンデルスゾーン生誕200年記念特別番組 「山口智子の 時を旅し時を奏でる」
12月24日(木) 22:00~23:24 テレビ大阪、テレビ東京系列 全国6局

について、整理&補足です。

番組HPはこちら ☆ 

とっても深く、いい番組でした。
メンデルスゾーンのこと、
ライプツィヒという都市について、
そして、
ナチスの時代と東西冷戦時代を経て現在に至る政治史と
メンデルスゾーン、ゲバントハウス管弦楽団など音楽とが
からみあった、エピソードの数々。

再放送してほしい番組です。

N響「第9」演奏会の記事 ☆に、クルト・マズア氏、ライプツィヒについて記述あり。


こちらに ☆ なんと、
「番組中に使用されている音楽と演奏者 (放送順)」リストが
掲載されていました。
すばらしい! ありがたい!

以下、そのコピペ(色がコピーできないので*表示になど、微調整あり)です。

   マタイ受難曲と戦争レクイエム以外はすべてメンデルスゾーン。
   *は演奏映像付。

*ヴァイオリン協奏曲 作品64 1楽章(エルベン/マズーア/ゲヴァントハウス管)

 結婚行進曲 (ジャン・クローバー指揮:ロイヤルフィル)

*序曲「フィンガルの洞窟」 (R.シャイー指揮ゲヴァントハウス管)

 ピアノソナタ 作品106 3楽章 (マティアス・キルシュネライト)

 弦楽四重奏の4つの小品 作品81 (ヘンシェルカルテット)

 序曲「真夏の夜の夢」 (C.P. フロール指揮:バンベルク交響楽団)

 ピアノ協奏曲第2番 作品40 2楽章(ペライア/マリナー/アカデミー室内管) 

 弦楽四重奏曲 作品12 2楽章 (ギター版、ジュリアン・ブリーム)

 チェロソナタ 作品58 3楽章 (S.イッサーリス/M.タン)

 ピアノ協奏曲 イ短調 1楽章 (J. オグドン/アカデミー室内管)

 ピアノソナタ 作品6 1楽章 (M.ペライア)

 序曲「静かな海と楽しい航海」(C.P.フロール指揮:バンベルク交響楽団)

 J.S.バッハ:マタイ受難曲(鈴木雅明指揮:バッハ・コレギウム・ジャパン)

*弦楽四重奏曲 作品80 1楽章 (エマーソンカルテット)

 交響曲「スコットランド」 1楽章(シャイー指揮:ゲヴァントハウス管)

 交響曲「スコットランド」 2楽章(シャイー指揮:ゲヴァントハウス管)

 交響曲「スコットランド」 4楽章(マズーア指揮:ゲヴァントハウス管)

 結婚行進曲 (ジャン・クローバー指揮:ロイヤルフィル)

 歌の翼に 作品34-2(ハイフェッツ版) (J.ハイフェッツ/E.ベイ)

*交響曲「イタリア」(ディエゴ・マテウス指揮ローマサンタチェチーリア管)

 歌曲「渡り鳥の別れの歌」 作品63-2 (B.ボニー/A.キルヒシュラーガー他)

 夜想曲 (A.プレヴィン指揮:ウイーンフィル)

 歌の翼に 作品34-2 (C.プレガルディエン/A.シュタイアー)

 交響曲第1番 作品11 3楽章 (カラヤン指揮:ベルリンフィル)

*交響曲第4番「イタリア」 1楽章 (シャイー指揮ゲヴァントハウス管)

*交響曲第4番「イタリア」 4楽章 (シャイー指揮ゲヴァントハウス管)

*B.ブリテン:戦争レクイエム (準・メルクル指揮:MDR交響楽団/合唱団)

 ピアノ三重奏曲 作品49 2楽章(M.アルゲリッチ/R.カプソン/G.カプソン)

*弦楽四重奏曲 作品44-3  4楽章 (メンデルスゾーンカルテット)

 弦楽のための交響曲第7番 2楽章(グットマン指揮:ハノーバー・バンド)

*序曲「真夏の夜の夢」 (準・メルクル指揮MDR交響楽団)

*ヴァイオリン協奏曲 作品64 1楽章(エルベン/マズーア/ゲヴァントハウス管)

 幻想曲 作品28 「スコットランド風ソナタ」 1楽章 (M.キルシュネライト)

 序曲「エリヤ」 (H.ブロムシュテット指揮:ゲヴァントハウス管)

*エリヤ「聞けイスラエルよ」終曲(マズーア/ゲヴァントハウス管/MDR合唱団)

 ヴァイオリン協奏曲 作品64 2楽章(I.スターン/オーマンディ指揮フィラデルフィア管)
[PR]
by alarekko | 2009-12-30 01:18

今年は、ベルリンフィルのジルベスター生中継は無いのかもしれません。
さびしいなあ。
自前のデジタルコンサートホールを見てくださいということか?

NHK年末年始特集番組のページ ☆  を見つけたので、
今まで気づいてなかった番組をメモ。(FMの特集で書いたのは除く)

以下、上のサイトからコピペです。


全身音楽体験~大野和士と子どもたち~
12月26日(土)教育 午後3:00~4:30

 世界で活躍する指揮者・大野和士が子どもにプレゼントする、クラシック音楽特別講座。
 取り上げる曲は、「火の鳥」(ストラヴィンスキー)、「牧神の午後への前奏曲」(ドビュッシー)の2つのバレエ音楽。いずれも、天才バレエダンサー・ニジンスキーを擁し、20世紀初頭に世界を魅了したロシア・バレエ団の代表的な演目だ。
 「この曲を100年前のニジンスキーのように体で表現してください」大野さんから出されたこの難題に、都内の小学生たちが3か月かけて取り組んだ。大野さんの鮮やかな解説と、ダンスグループ・コンドルズの助けで、子どもたちは自由に想像を広げ、思いもつかないような表現を生み出していく。
 テレビを見ながら、子どもたちと一緒に音楽を体感してもらいたい。



決定版 46年ぶりの皆既日食
12月29日(火)総合 午後0:15~1:00

 今年7月22日、日本で46年ぶりの皆既日食が起こった。当日、国内は全国的に荒天であったが、NHK取材班は太平洋上の船と硫黄島で晴天に恵まれ、世紀の天体ショーを鮮烈なハイビジョン映像でとらえ、視聴者から好評を得た。
 今回の皆既日食は、6分40秒以上も皆既が続く今世紀最長の壮大な天体ショーだった。皆既の瞬間、明るくきらめく「ダイヤモンドリング」があらわれ、突如として暗闇があたりを覆い尽くす。天上に出現する黒い太陽と、真珠色に輝く日輪「コロナ」。そして吹き上がる火炎「プロミネンス」……。番組では、この夏最高の盛り上がりを見せた皆既日食の全ぼうを、生放送の特集番組を再編集した最高の映像でつづり、さらに今回の皆既日食観測の最新研究成果も紹介する。



クラシック・ハイライト2009
12月31日(木)教育 午後9:25~午前0:05

 大みそかの夜に2009年のクラシック音楽シーンを振り返る「クラシック・ハイライト2009」。今年はヘンデルやハイドン、メンデルスゾーンといった大作曲家のアニバーサリー・イヤーにあたり、関連した数多くの演奏会やイベントが行われると同時に、ウィーン・フィルやミラノ・スカラ座といった著名団体の来日公演が行われた。2009年クラシック・シーンの話題を織りまぜながら、NHKが収録し、放送した話題の公演の模様を、ハイライトでお送りする。

 ハイライトで紹介する公演
[オペラ]
 ○ミラノ・スカラ座日本公演 歌劇「アイーダ」から(ヴェルディ)
 ○新国立劇場公演 歌劇「ヴォツェック」から(ベルク)
[バレエ]
 ○東京バレエ団公演「ベジャール・ガラ」から「シルヴィ・ギエムのボレロ」
[管弦楽]
 ○メータ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 日本公演から
 ○ミンコフスキ指揮 ルーブル宮音楽隊 日本公演から
[室内楽]
 ○結成40年 東京クワルテット 北海道のバーンスタイン教会での演奏
 ○ラン・ラン ピアノ・リサイタルから              ほか
[PR]
by alarekko | 2009-12-21 18:10
昨日あたりから、朝、昼、午後、夜・・・、Fテレビをつけると、
いつも、玉木さんと のだめちゃん
(音読みと訓読みを混ぜたような?言い方ですけど、私の中ではこうなんです)
が、出てる感じです。


ちらっと見かけて気になってたことを今調べてみました。
制作側から公開されてる情報ですけれど、
もし先入観なく映画を見たいとこだわりがおありでしたら、
以下は映画をご覧になってからお読みくださいね。





では、

大層な振りになっってしまいましたが、
TVでもやってたことで、周知の事実かもしれません。
でも、私は今日知って、びっくり仰天したものですから。
同時に、最高の選択だと思いました。

進化した”のだめ”の演奏をするピアニストが決まった顛末が、
のだめ ブログ ☆ に詳しく書かれています。



先日、Pさんの記事でランランのことを拝読したおりに、
彼のホームページに行って、ノーベル平和賞授賞式で演奏したこと、
ノーベル財団の公式映像 ☆ が見られることを知りました。
スピーチがとっても長いんですけど、前後、合間に生演奏があります。
ランランの演奏は、32分くらいからショパン/別れの曲。
そのあと、賞の授与があって、数分聞き流していたら、
ピアノトリオに女性ヴォーカルの演奏が始まりました。
と思ったら、なんと、女性がウッドベース弾きながら歌っています。
なんてかっこいいんだ! エスペランザ・スパルディング。
彼女もやはり二十代半ばの天才!

そして、オバマさんのスピーチが終わって、最後に
ランラン再び登場。リスト/愛の夢
[PR]
by alarekko | 2009-12-19 19:32

メールが・・・

(追記あります)


昨日の昼頃から、ワタクシ宛のメールが受信できなくなっているようです。
複数の方面から、お教えをいただきまして、ありがとうございます。

プロバイダのWEBから問い合わせのメールを送ったのですが、
自動的に返信されるはずの確認メールも届かないんです。
届かないことだけが、確認できた、という状況です。
開通するまで、今少し時間がかかるかなと思われます。

解決したら、ここに追記してお知らせいたします。

こちらにいつもおいで下さっている方々で、
お急ぎの御用がもしおありでしたら、
コメント欄(カギコメでも)ご利用ください。
こちらからの送信はできるみたいなのです。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。


(同日 12:00 追記)
メール受信できるようになりました。

原因は、私の理解が間違っていたというか、足りなかったのですが、
私にとっては、「えっ、そうだったの〜?。知らなかったよ〜。」
の世界でして、
失敗談はどなたかのお役に立つことあるかもしれないと思い、
明日にでも気が向いたら、綴ってみようかと思います。
今はまだ、説明するほどにはわかっていないのです。

昨日午後から今朝にかけて、メールをお送りくださった方には、
大変申し訳ないことでした。お詫び申し上げます。
[PR]
by alarekko | 2009-12-16 09:17

紅葉2009 その2


10月終わりから11月にかけて、急に気温が下がって、
早くから冷えたように思うのですが、
最近は暖冬と言われていますね。
今年は、紅葉の色が鮮やかで、落ちるまでが長かった気がします。


11月28日と同じところを撮ってみました。
赤や黄色に色づいていた木は、ほとんど葉が落ち、
まだ緑だった木が黄色くなってきました。

12月10日                 11月28日
c0195695_17145960.jpgc0195695_17152165.jpg
[PR]
by alarekko | 2009-12-11 00:12
昨日からの続き

FM(本)放送開始40周年 冬の特集 ☆  特集番組ラインナップから、興味あるタイトルをピックアップ。

以下、内容全部コピペです。青字のみ私の覚え書き 



クラシックカフェ スペシャル

1月1日(金・祝) 後2:00~3:30 

1月2日(土)~3日(日) 後0:15~3:30
2010年は、例年になく多くの大作曲家たちがアニバーサリーイヤーを迎える。生誕200年のショパン、シューマンをはじめ、生誕150年のアルベニスやマーラーなど、生誕だけで見ても複数の大作曲家が名を連ねている。今回の「クラシックカフェ スペシャル」は、その作曲家たちの各時代背景の中での姿を描き出す。
◆1日目・・・生誕350年のアレッサンドロ・スカルラッティ、生誕300年のペルゴレージ、ウィルヘルム・フリーデマン・バッハ(大バッハの長男)、生誕250年のケルビーニなどの音楽を、各時代背景と共に紹介。バロックの作品を中心に。 
◆2日目・・・生誕200年を迎える作曲家。ショパン、ニコライ、シューマンを中心に。 
◆3日目・・・生誕150年の作曲家。アルベニス、シャルパンティエ、マーラー、ウォルフなどを中心に。
【ご案内】西原 稔(桐朋学園大学教授)



ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2010

FM 1月1日(金・祝) 後7:15~10:00 

教育 1月1日(金・祝) 後7:10~10:00   録画する

BS hi 1月2日(土) 後5:00~7:50 

総合 1月3日(日) 前10:05~11:54
毎年オーストリア・ウィーンのウィーン学友協会大ホールで行われる「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」。クラシック音楽界最大のイベントであるこのコンサートは、全世界の70を超える国と地域に生放送で配信され、世界で最も多くの人々が同時に視聴するクラシックコンサートとなっている。ウィンナ・ワルツを中心に華やかな名曲の数々が演奏されるが、その中で話題となる「今年の指揮者」は、フランスの指揮者ジョルジュ・プレートルである。85歳を越えて、今なお世界一流の指揮者であるプレートルは、2008年以来2年ぶり2回目の登場である。フランスならではのエスプリと優雅さのあるプレートルの指揮の下、世界最高峰のオーケストラであるウィーン・フィルがどのような音楽をつむぎだすのか、ウィーンの聴衆のみならず世界中のクラシックファンから大きな期待がよせられている。またコンサートの音楽に合わせて登場するバレエもこのイベントならではの魅力のひとつ。ウィーン国立歌劇場バレエ団を中心に華麗なパフォーマンスを披露する。このコンサートの模様を、教育とFMではすべて生放送、BS hiと総合テレビでも放送する。

プレートルさん、「思い出の名演奏」で1988年の演奏が放映されます。記事 コチラ ☆ 


特集 ショパン生誕200年

1月2日(土) 後7:20~10:00  これは ★★★ 必聴
2010年は、ポーランドの作曲家・ショパンの生誕200年の記念の年。番組ではショパンにちなんだ学者や演奏者をゲストに迎え、ショパンの生涯をたどりながら、その人と音楽の魅力に迫る。
【出演】小坂 裕子(音楽学者)山本貴志(ピアニスト) 
ほかにアナウンサー1名を予定


第53回NHKニューイヤー・オペラコンサート

FM/教育 1月3日(日) 後7:00~9:00 録画する
新春恒例のオペラの祭典「NHKニューイヤ-・オペラコンサート」。53回目となる今回のテーマは、「歌の起源、オペラを超える劇空間」。バロック・オペラからリヒャルト・シュトラウス、プッチーニまでのオペラの歴史を、時にオペラの枠を超えながらスペクタクルで官能的に演出する。歌手陣には、バイロイト音楽祭でも活躍する国際的メゾ・ソプラノの藤村実穂子、たぐいまれな美声で国内外のオペラで主役を歌うテノールの佐野成宏、日本を代表するテノールとしてゆるぎない福井敬など、人気・実力を誇る豪華ソリストを招き、新年を飾るにふさわしいぜいたくなステージを繰り広げる。また、イギリスのロイヤル・バレエでの圧倒的な実績と人気を誇る世界的バレリーナ、吉田都も登場。オペラの祭典に花を添える。
【出演】 
ソプラノ:大村博美、木下美穂子、幸田浩子、佐々木典子、緑川まり、森麻季 
メゾ・ソプラノ:小山由美、波多野睦美、林美智子、藤村実穂子 
ソプラニスタ:岡本知高 
テノール:佐野成宏、二階谷洋右、福井敬、望月哲也 
バリトン:堀内康雄、与那城敬 
バス:松位浩 
バレエ:吉田都、ロバート・テューズリー 
合唱:藤原歌劇団合唱部、二期会合唱団、新国立劇場合唱団 
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団 
指揮:沼尻竜典 
案内人:寺田農 
(NHKホールから生放送)
[PR]
by alarekko | 2009-12-10 00:05

FM冬の特集から 年末編


FM(本)放送開始40周年 冬の特集 ☆  特集番組ラインナップから、興味あるタイトルをピックアップ。

以下、内容全部コピペです。青字のみ私の覚え書き 


N響「第9」演奏会

FM 12月22日(火) 後7:00~9:10 

BS hi 12月26日(土) 後0:00~1:30 

教育 12月31日(木) 後8:00~9:25  録画する
年末恒例、NHK交響楽団によるベートーベン「第9」の演奏会をお送りする。今年、指揮台に上るのは82歳の名匠クルト・マズア。マズアは歴史と伝統のオーケストラ、ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスター(楽長)を26年にもわたって務めた現代を代表するマエストロだ。 
マズアの名前は、20世紀の冷戦終結をめぐるドラマと密接に結びついている。1989年、「ベルリンの壁」崩壊のきっかけとなったライプチヒの「月曜デモ」(7万人の市民による東独政府への抗議活動)において、市民が武力を行使せず平和的に解決するよう導いたのが、当時のゲヴァントハウス管弦楽団カペルマイスター、クルト・マズアだった。自由と平和をうたい上げたベートーベンの第9交響曲を、20世紀の和平に名を刻むマズアが指揮。日本を代表する歌手陣がソリストをつとめる。
【曲名】交響曲 第9番「合唱つき」(ベートーベン)
【出演】指揮:クルト・マズア 管弦楽:NHK交響楽団 
    
    ソプラノ:安藤赴美子 アルト:手嶋眞佐子  
    
    テノール:福井敬 バリトン:福島明也 
    
    合唱:国立音楽大学、東京少年少女合唱隊
”ライプチヒの「月曜デモ」”について、6月に「知られざる奇跡の行進」という番組を見て記事を書きました。 コチラ ☆ 
その記事内の番組リンクに行ってみて、BShiで12月13日(日)午後4:00~5:30 再放送されることがわかりました。



バイロイト音楽祭2009

12月24日(木) 後9:00~前0:30

12月25日(金) 後9:00~前1:30 

12月26日(土)~30日(水) 後9:00~前2:00
年末恒例となっている「バイロイト音楽祭」の全演目放送を今年も7夜にわたってお送りする。広大な広がりを持つワーグナーのオペラの世界とともに、音楽祭開幕から133年となる「バイロイト音楽祭」の“現在”を、音楽評論家の東条碩夫さんの解説でお楽しみいただく。 

・12月24日(木)「ニーベルングの指環」前夜祭「ラインの黄金」

・12月25日(金)「ニーベルングの指環」第一夜「ワルキューレ」 

・12月26日(土)「ニーベルングの指環」第二夜「ジークフリート」 

・12月27日(日)「ニーベルングの指環」第三夜「神々のたそがれ」
                以上、指揮:クリスティアン・ティーレマン 

・12月28日(月)「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
                   指揮:セバスティアン・ヴァイグレ 

・12月29日(火)「トリスタンとイゾルデ」 指揮:ペーター・シュナイダー 

・12月30日(水)「パルシファル」     指揮:ダニエレ・ガッティ
【解説】東条碩夫


  あした 年始編に続く 
[PR]
by alarekko | 2009-12-09 12:10

忘れたころに・・・

やってきました 「思い出の名演奏」

教育TV 2009年12月13日(日) 午後3:00~午後4:37(97分)

珠玉のフランス・プログラム。
ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
ラヴェル「ラ・ヴ ァルス」
ベルリオーズ「幻想交響曲」他。
1988年7月28日収録。
ジョルジュ・プレートル指揮、パリ・オペラ座管弦楽団
[PR]
by alarekko | 2009-12-08 23:37

発見

先日ひるどき、
(隣県の)TVKというローカルテレビのシンプルなスタジオに
バロックバイオリンを持った、
イタリアンなおじさまが出ていらっしゃいまして。
ちょっと珍しい場面だったので、
たまたまチャンネルを変える途中にちらっと映ったのを見逃さず、
お名前はメモしたけれども、そのまま忘れていました。

さっき、机の上を整理してる途中で、埋もれた紙切れに
エンリコ・オノフリと書いたメモを発見。
ちょっと調べてみようと思ったところから、
大発見?につながって興奮しています。

(でも、その結果、年末なのに今日も大掃除どころか小掃除にも至らず。
あ〜あ、と、テンション下がりつつも、
しかし、忘れてしまってはその時間もむだになるぞ、
という都合のいい解釈で気を取り直し、
やっぱり忘れないうちに書き留めておくことにしました。)


こういうコンサートの告知 ☆ で、出演されてたみたいです。
(注意! インタビュー音声が出ます)

インタビューの中で、一瞬、目と耳を疑う。
うん?「イル・ジャルディーノ・アルモニコ」?うん?

イル・ジャルディーノ・アルモニコは、
ジョバンニ・アントニーニ(指揮、リコーダー)が率いるバロックアンサンブル。
私のイメージ ☆ は、これでした。(たぶん2000年)
このコンマス氏がOnofriさん。

インタビューの中で、「1994年に録音した四季・・」とでてきて、
試聴できるようになってます。
四季の映像は見つからなかったけれど、
たぶん同じ頃の映像 ☆ 
ビオラダモーレを弾いていらっしゃいます。
リュートの方も手がお若い!

そして、最近の指揮するお姿 ☆ 
モーツアルトの40番のリハーサルです。
身体全体で表現する歌のよう。すばらしい!
と、思ってたら、美しいテノールで管楽器の旋律を歌って指示。
ラフォルジュルネ2006でも、このオケ(たぶん)と来日していらしたんでした。
知らなかったわけではないけれど、結びついてなかった!

数年前に見た時より、画像が格段に増えています。
ヴィヴァルディのヴァイオリンコンチェルト ☆ 
[PR]
by alarekko | 2009-12-07 19:23

番組 12月中旬


NHK総合
クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス ☆ 
12月11日(金) 午後3時15分~4時
事件ファイル#50 ヤナーチェク「シンフォニエッタ」
 
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:クリスティアン・アルミンク

今年1月のオーケストラの森 ☆ の演奏が使われている。
新たなアルミンク氏のインタビューもあり。必見
彼は20代、ヤナーチェクフィルの音楽監督であった。
ここに、オーケストラの森での感想あり ☆ 


日本音楽コンクール本選
        BShi 6:00~6:55BShi 13:00~13:55 BS2 10:55~11:50
作曲部門    12月4日(金) 12月11日(金)  1月12日(火)
クラリネット部門12月7日(月) 12月14日(月)  1月13日(水)
トランペット部門12月8日(火) 12月15日(火)  1月14日(木)
声楽部門    12月9日(水) 12月16日(水)  1月18日(月)
ピアノ部門    12月10日(木) 12月17日(木)  1月19日(火)
バイオリン部門  12月11日(金) 12月18日(金)  1月20日(水)


12月11日 10:30(日本時間18:30)&16:00(24:00)
France Musique (ホーム ☆ )
第9回ロストロポーヴィチチェロコンクール
Final round - Salle Gaveau and prizewinners concert - Salle Pleyel

France Musiqueホームのdirectという赤い箱をクリックで、聴ける。
左の3項目めprogrammesから、詳しいプログラム。
時差8時間 10:30(日本時間18:30)16:00(24:00)


NHK教育
日本音楽コンクールドキュメンタリー放送
12月12日(土) 15:00~17:00


NHK総合
クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス
12月18日(金) 午後3時15分~4時
フォーレ「レクイエム」

NHK教育
NHK音楽祭2009 ☆ ハイライト
12月18日(金)午後10時30分~午前1時30分
[PR]
by alarekko | 2009-12-05 01:51