備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プロムス 2010


昨年は、8月終盤になってやっと気付いたプロムス
今年は早めにと思ったら、すでに7月16日から始まっていました。

プロムス 2010ホーム ☆ 

BBC Radio3で、全部中継のうえ、7日間いつでも聴くことができます。
現時点で聴くことのできるプログラムがここでわかり ☆ 聴くことができます。

今、ピリスのショパン ☆ を聴いています。
ノクターン三昧〜良いです〜   あと、10時間

パーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツカンマーフィルのベートーヴェンのシリーズも
すでに聴けるようになっている。
8月には、ラトル指揮エイジオブエンライトメント、同ベルリンフィルもある。
膨大なプログラムなので、おいおい物色していこうと思います。
[PR]
by alarekko | 2010-07-28 22:00
今週は、暑い!!!です。
気象庁の観測点『東京』の気温、
19日に最高気温が34度以上に跳ね上がってからずっと記録更新
きょうも???

去年よりも2週間も遅く、やっと1輪、小さいアサガオが咲きました。
直径2〜3センチの花です。
写真とるのが10時頃になっちゃったので、すでにちょっとしぼんでいますが、
やっと咲いたので、記念にとりました。
場所は昨年紫の大きな花が最初に咲いたのと同じ所です。

ここは小さいひさしがあるので、すだれをかけました。
こんな猛暑になるとは思っていませんでしたが、
アサガオ(のカーテン?)とは比べ物にならない威力を発揮してくれています。

c0195695_10303163.jpg
         2010年7月24日 10時ころ
[PR]
by alarekko | 2010-07-24 10:46

バッハ@ライプツィヒ

Bach Competition Leipzig 2010 ☆   July 7-17
今回は piano harpsichord  violin/baroque violin の3部門

とっても質実剛健なサイトで、写真も配信も何にも無いのですが、
それぞれの部門の課題曲や審査員や、過去の入賞者などのシンプルな情報を、
とっても興味深く見ていました。

その中で唯一、中身が更新される Participantsのページ  ☆ で、行方を見守っていました。

そして今日
1次、2次、セミファイナルを経て、16日にファイナルのコンチェルトを演奏する
各部門3名が追記されています。
VIOLIN/BAROQUE VIOLIN部門3名の中には Shunsuke Sato / Japan !

3ヶ月前、「東博でバッハ」の配信でバロックバイオリンでのバッハに接したばかりです。
その時の記事 ☆  ☆ 
  (配信は期間限定でしたので、画像はすでに見られなくなっています。)


このコンクールは、1950年から始まり、 こちら☆ によると、
2002年に初めて、VIOLIN部門が「VIOLIN/BAROQUE VIOLIN」部門として
BAROQUE VIOLINも含まれるようになってから今回が3回目。
課題曲を見ると ☆ 、ソナタの共演相手はチェンバロになっています。
(ピッチは415か443を選べる)
モダンバイオリンであっても、時代考証をふまえた演奏が求められているということなのでしょう。
しかし当然のことながら、バッハの時代そのままの楽器とか演奏法でなければバッハを弾いちゃいけないわけでもなく、、、
全部古楽器の人、全部モダン楽器の人、その間に、弓だけバロック弓とか、
現代の楽器にガット弦を張るとか、いろいろなパターンが考えられます。
ああ〜、演奏を聴きたい、見たい!!! です。
[PR]
by alarekko | 2010-07-15 21:42

ファイナルのラジオ放送がはじまりました。

ファイナルの協奏曲を1日に一人ずつ6日間、各日2回ずつ放送があるようです。
July 7, 8, 9, 12, 13, 14 at 10am and 3pm 
(日本時間8,9,10,13,14,15 午前1時と6時)
Classical 89 ☆ 
 ストリーミング ☆ 
 プレイリスト ☆ 

曲目はあらかじめ表示はされていませんが、
1日目(8日1時)聴きました。
演奏順が最初で6位だったZhangさんのラフマニノフ2番でした。
(放送の音も、演奏もオケも含めて全体としてとてもよかったです。)
後から放送局のプレイリストを見ると、現地10amと3pmは同じ内容のようです。

なので、次(9日1時、6時)は演奏順から言っても順位から言っても
福間さんのシューマンであろうと思います。
そして最後の日が同様に優勝者ルーカスさんのラフ3ということになるでしょう。

ファイナルのプログラムや順位やその後のこと、前の記事 ☆ に、追記したり、コメント欄につぶやいたりしています。


<13日 追記>
放送は、6位から順位順(?)に4人終わり、
現地では本日、日本時間で明日14日の午前1時過ぎと6時過ぎ(2回同じ放送)サロフさんブラームス2番、15日はルーカスさんラフマニノフ3番です。

新しく写真がアップされてたので、
授賞式 ファイナリスト6人 ☆ 
マエストロ スミス が写ってる写真がこれだけ ☆  いい写真だなあ。
これまで4人の、あったかいサポートが感じられる演奏、それがこの写真を見て腑に落ちる気がしました。
[PR]
by alarekko | 2010-07-08 20:29

見たい番組 2010年7月


7月2日(金) 23:55〜 NHK教育 芸術劇場  ☆ 
 「フルート奏者・パユが奏でるバッハの魅力」 23:55~
 「パユ、ピノック、マンソン バッハの夕べ」 24:02~  
     2010年5月27日 王子ホール
 「ベルリン古楽アカデミー演奏会」 25:50~
     2010年2月12日 トッパンホール(東京・文京区)

7月3日(土)21:00〜22:00 NHK教育 N響アワー  ☆ 
 クラリネット協奏曲   ( フランセ作曲 ) 
     クラリネット: ディミトリ・アシュケナージ
 組曲「ペレアスとメリザンド」 作品80   ( フォーレ作曲 )
     管弦楽: NHK交響楽団
     指 揮: ウラディーミル・アシュケナージ
 [ 収録: 2010年6月11日, NHKホール ]


BShi 「クラシックドキュメンタリー傑作選」  (再放送)  ☆ 

7月5日(月)15:00~16:15
  「トスカニーニとの会話」
7月6日(火)15:00~16:30
  「帝国のオーケストラ~第2次大戦下のベルリン・フィル~」
7月7日(水)15:00~16:40
  「カラス アッソルータ  究極のカラス」
7月8日(木)15:00~16:50
  「グレン・グールド 永遠のピアニズム」
7月9日(金)15:00~16:35
  「シルヴィ・ギエム~限界への挑戦~」
7月13日(火)20:00~21:35
  「ヘルベルト・フォン・カラヤン ~その目指した美の世界~」

7月16日(金) 23:55〜 NHK教育 芸術劇場
 BBC交響楽団(管弦楽)
 神尾 真由子(バイオリン)
 イルジー・ビェロフラーヴェク(指揮)
 <収録>2010年5月12日(水) NHKホール

7月24日(土) BShi プレミアムシアター ☆  午後10時~午前2時
◇ベルリン・フィル ヨーロッパ・コンサート2010
 管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:ダニエル・バレンボイム
 チェロ:アリサ・ワイラースタイン
 収録:2010年5月1日(土)シェレドニアン劇場(イギリスオックスフォード)
◇ベルリン・フィル ジルヴェスターコンサート2009
 ラン・ラン(ピアノ)
 ベルリン・フィル・ハーモニー管弦楽団(管弦楽)
 サイモン・ラトル(指揮)
 収録:2009年12月31日(木)ベルリン・フィルハーモニー
[PR]
by alarekko | 2010-07-02 17:38

Vuvuzela


ベルリンコンツェルトハウス管弦楽団(Konzerthausorchester Berlin)のトランペット奏者3人によるブブゼラ演奏をどうぞ ☆  

オケの公式サイトの記事
 HOME☆ から Tröööt? Nein, Boléro! をクリック)によると、
 <新しい記事にリンクが置き換わっていくようなのでリンク先を修正しました。
  何日かしたらこの記事はなくなる運命か?>
 3人の奏者は、
 Helge von Niswandt
 Stefan Stadtfeld
 Uwe Saegebarth


どこの国でも、オーケストラの名前はややこしいものですが、
(東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、、、とかね)
東西冷戦終結後の旧ソ連と東欧は、特に複雑です。

ベルリンコンツェルトハウス管弦楽団(Konzerthausorchester Berlin)は、
旧東ベルリンにあるKonzerthausを本拠とするオケで、
前は、ベルリン交響楽団(Berliner Sinfonie-Orchester)でした。
最近(2006年らしい)名前を変えたようです。

元々西ベルリンにもベルリン交響楽団(Berliner Symphoniker)があり、
こちらの名称はそのままで、
日本では、ベルリン交響楽団(シンフォニカー)と書いて区別しているのも見かけます。

というのも、名指揮者クルト・ザンデルリンクが残した録音などで
ベルリン交響楽団と表記されているのは、
東ベルリンの方、現ベルリンコンツェルトハウス管弦楽団だから。

KonzerthausBlnチャンネルで、
ホールの様子や現音楽監督ローター・ツァグロセクさんのお話(ドイツ語)や、
ソリスト(エッカードシュタイン、ヘルムヒェンなど)をむかえての
リハール風景が見られます。
その中の一つ こちら ☆ では、
2008年からコンサートマスターのお一人である、日下紗矢子さんが映ります。
[PR]
by alarekko | 2010-07-01 11:52