備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

便利な番組表

iCLASSIC特選テレビ・ラジオ番組表 ☆ 

私が時々チェックしていた各局、諸番組を時系列にだだだ〜っと並べてくださってます。
大分先の情報もわかるものは詳細が記入されてるし、
過ぎた情報も遡ってみられるし、
とっても見やすくてわかりやすくて、すっごくありがたいです。

特にFMは基本的に1週間分しかわからなくて、
せっかくのネットラジオを活用しきれていませんでした。
車に乗ってるときにつけるのと違って、
特にコンサートのライブ録音は、
これは聴くぞと予定を立てて聴きたいので、
たとえ変更があったとしても先々の予定を
こんなのもあるんだ〜とできるだけ知っておきたい。

その点、WEBぶらあぼのTV・FMタイムテーブル ☆ も大変ありがたい情報源です。
たとえば、
11/14(月) 19:30~21:10ベスト オブ クラシック佐渡裕(指揮) ベルリン・ドイツ交響楽団
[PR]
by alarekko | 2011-10-25 20:55

いよいよ

ベルリンドイツ交響楽団(Deutsches Symphonie-Orchester Berlin、DSO-Berlin)のFB ☆ 
こんな写真が載っていました。(10月12日)

「箱に詰められて待ってるティンパニたち」
c0195695_1619376.jpg

Bei uns werden bereits die Kisten gepackt: Die Proben mit Yutaka Sado laufen schon und der Countdown zur großen Japantournee hat begonnen.

「Yutaka Sadoとのプローベが始まり、
 いよいよ日本へのビッグツアー、カウントダウン」


DSO-Berlinのコンサートカレンダー
10月 ☆  11月 ☆ 


ジャパンツアー(10/22松本〜11/6札幌 12公演)の前に
16日、17日の2日間
ベルリンのフィルハーモニーで2公演(それぞれ別演目)あります。

2日間練習して、当日リハーサル・本番、それが2公演分
となると、確かに12日からはじまる計算になりますね。

ホールの10月のカレンダー ☆ を見ると、
連日コンサートがある上に、今日は大ホールで2公演あります。
いつリハーサルするのでしょう。

このホールはベルリンフィルの本拠で、ツアー中を除いて、毎週3日程度定期公演が開かれています。リハーサルやインタビューなどの撮影もここです。
ベルリンドイツ交響楽団もここを本拠地として、月に4回くらい。
その他ベルリンの他のオケも随時。

というわけで、この1週間大ホールだけでも、
12日 バレンボイム指揮シュターツカペレベルリン
13日 ラトル指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
14日 Swing Dance Orchestra
15日 ラトル指揮ベルリンフィル(13日と同じ演目、DCH生中継)
16日 4 pm
 das sinfonie orchester berlin, Ronald Reuter
 (ベルリンとシンフォニーが付くオケがたくさんあって謎 あとで調べよう)
  8 pm
 佐渡裕指揮ベルリンドイツ交響楽団


&エフゲニ・ボジャノフ *1
17日 佐渡裕指揮ベルリンドイツ交響楽団&ジョシュア・ベル


 *2

これらのリハーサルと本番、そしてソリストのスケジュールを
時間刻み(いや分刻み?)で調整するのは、複雑なパズルを解くよう。
エフゲニは14日の夜はデュッセルドルフでリサイタル ☆ 
ジョシュアさまに至っては、16、18、19とミュンヘンでミュンヘンフィルと共演。
12、13にそれぞれベルリンにいらしたのかなあ〜。
今日のリハはもう終わったかなあとか、あれこれ想像しだすときりなく、
それだけでも楽しい休日。



*1
Sun 16. October 2011 8 pm
     Deutsches Symphonie-Orchester Berlin
     Yutaka Sado Conductor
     Evgeni Bozhanov Piano
 Richard Strauss    Don Juan
 Sergei Rachmaninov  Rhapsody on a theme of Paganini in A minor
 Ludwig van Beethoven Symphony No. 7 in A major

*2
Mon 17. October 2011 8 pm
     Deutsches Symphonie-Orchester Berlin
     Yutaka Sado Conductor
     Joshua Bell Violin
 Ludwig van Beethoven  Leonora Overture No. 3 in C major
 Joseph Haydn      Symphony No. 86 in D major
 Pyotr Ilyich Tchaikovsky Violin Concerto in D major


<18日追記
DSO-Berlinのサイトがこの2日の間に大幅にリニューアルされていました。

ジャパンツアーもブログ ☆ で、記事、ビデオでの報告もあるということです。

ここによると、13公演となっています。あと1公演は?
26日に、津波で甚大な被害を受けた名取市に行ってくださるようです。>





2月にフィルハーモニーで聴いたコンサート まとめ

More
[PR]
by alarekko | 2011-10-16 19:47 | ベルリンの旅

ういにあふすき

もう始まってるので、とりいそぎ 
<15日と 17日に3次を追記してます>
<19日に 4次=ファイナルも>


14th International Henryk Wieniawski Violin Competition
live  ☆  映像です
時差7時間 現地10:00 日本17:00

Stage II
<15日午前追記 すでに前日の音源が聴けるようになっていました
 スケジュール一覧 ☆ から個人ページにもリンク>

Friday, 14 October 2011
10:00 Arata Yumi (Japan)
10:50 Celina Kotz (Poland)
11:40 break
12:00 Hannah Ji(USA)
12:50 Aysen Ulucan (Turkey)
BREAK
16:00 Maria Włoszczowska (Poland)
16:50 Soyoung Yoon(South Korea)
17:40 break
18:00 Aylen Pritchin (Russia)
18:50 Małgorzata Wasiucionek (Poland)

Saturday, 15 October 2011
10:00 Stefan Tarara (Germany)
10:50 Joanna Kreft (Poland)
11:40 break
12:00 Stanislav Pronin(Canada)
12:50 Miki Kobayashi (Japan)
BREAK
16:00 Maciej Strzelecki (Poland)
16:50 Ji-Yoon Lee (South Korea)
17:40 Marianna Vasilyeva (Russia)
18:30 break
18:50 Maciej Burdzy (Poland)
19:40 Oganes Girunyan(Russia)

Sunday, 16 October 2011
10:00 Mateusz Smól(Poland)
10:50 Fedor Roudine (Russia / France)
11:40 break
12:00 Emma Steele(USA)
12:50 Ekaterina Valiulina(Russia)
BREAK
16:00 Erzhan Kulibaev(Kazakhstan)
16:50 Aleksandra Kuls(Poland)
17:40 break
18:00 Leticia Munoz Moreno(Spain)
18:5018:00 Omarli Kamran(Azerbaijan)

participants ☆ 一覧から個人のページへ
個々のページに演奏音源もアップされていきます。こちらは音のみ

演奏中の写真など ☆ 
(みんなプロフィール写真とずいぶん違うなあ)




<以下17日に追記>
2次のスケジュールで、Morenoさんのお名前がいつの間にか無くなっていたので修正。2次に進まれたことは確かなのです。1次、良い演奏だったので残念です。

2次のスケジュールの一覧ページに共演ピアニストが追記されてました。
公式伴奏者は二人いらして、その他ご自分でつれてこられた方もいます。

昨夜(現地時間16:50)Aleksandra Kulsさんを遅くまで起きて見ていました。1次をたまたま見ることができ、かわいいお嬢さんなのですが、とても知的によく考えられた音楽ですばらしい演奏でした。演奏中の集中がすごくて、こう言っちゃ何ですが顔の表情も面白いんです。
それで2次も、Live映像見なくちゃと思ったのです。
そうしたら、ピアノがなんと Marcin Koziak でした。
ふたりで、すご〜く準備して、息も合って、、、という感じで、
ものすごくいいデュオでした。コンクールを忘れて、コンサートだった。
のだめちゃんと千秋君みたい、な〜んて思ったり。見てて良かった!!!
拍手が鳴り止まなくて二人で何回もステージに出てきました。

ポーランドラジオの記事 ☆ にも、「Kuls and Koziak - a real chamber」というタイトルで取り上げられていました。

ポ語をグーグル英訳したものをコピーします。
Kuls and Koziak - a real chamber
Kuls Alexander and Martin Koziak znakmity duo created - it was a real chamber music. Great artists communicated with each other, współkreując Sonata Ravel, Arethusa Source Szymanowski and legend and the Polonaise in D Major Wieniawski.
- In each of these songs I found myself a little. And maybe even more than a little - said Alexander Kuls. - In the second stage, I played a very significant program, and emotional, but managed to control nervousness, I could take music.
Marcin Koziak played with great commitment. Pianist showed the advantages of the piano, even in the Legend.
- I tried that was to accompany the art. Then, looking in every bar room to fill energized and content. Performance at the Wieniawski Competition was for me a lot tougher than last year's participation in the Chopin Competition - Martin confessed Koziak.
Alexander Kuls and we know very well from last year's Chopin Competition, the pianist Marcus Koziak have created the perfect duo in the second stage of the competition.



Stage IIIのスケジュールもここに追記します。スケジュール 一覧のページ ☆ 

17 – 18 October 2011 (Monday – Tuesday)
– Stage 3 with Amadeus Polish Radio Chamber Orchestra
conducted by Agnieszka Duczmal
(共演オケと指揮は、ハノーファーでも その後BSでも拝見した方々 ☆ 
  violists: Lech Bałaban or Michał Bryła
課題曲はモーツァルトの協奏曲から1楽章と、ヴァイオリンとビオラのためのコンチェルタンテ1楽章

徹夜は出来ないし、どなたを拝見しようか悩みます。


Monday 17 October 2011

18:00 Arata Yumi (Japan)
18:25 Maria Włoszczowska (Poland)
18:50 Soyoung Yoon (South Korea)
19:15 break
19:35 Aylen Pritchin (Russia)
20:00 Stefan Tarara (Germany)
20:25 break
20:35 Joanna Kreft (Poland)
21:00 Miki Kobayashi (Japan)

Tuesday, 18 October 2011

18:00 Maciej Strzelecki (Poland)
18:25 Ji-Yoon Lee (South Korea)
18:50 Marianna Vasilyeva (Russia)
19:15 break
19:35 Emma Steele (USA)
20:00 Erzhan Kulibaev (Kazakhstan)
20:25 Aleksandra Kuls (Poland)



<ここから19日に 追記>
Stage IV

Wednesday, 19 October 2011, godz. 06:00 p.m. (日本時間翌日01:00a.m.)
Arata Yumi (Japan)
H. Wieniawski – Second Violin Concerto in D Minor Op. 22
Soyoung Yoon (South Korea)
H. Wieniawski – First Violin Concerto in F sharp minor Op. 14
break
Arata Yumi (Japan)
D. Shostakovich – Violin Concerto No. 1 in A Minor Op. 77
Soyoung Yoon (South Korea)
J. Sibelius – Violin Concerto in D Minor Op. 47

Thursday, 20 October 2011, 06:00 p.m.
Aylen Pritchin (Russia)
P. Tchaikovsky – Violin Concerto in D Major Op. 35
Stefan Tarara (Germany)
H. Wieniawski – Second Violin Concerto in D Minor Op. 22
break
Aylen Pritchin (Russia)
H. Wieniawski – First Violin Concerto in F sharp Minor, Op. 14
Stefan Tarara (Germany)
J. Sibelius – Violin Concerto in D Minor Op. 47

Friday, 21 October 2011, 06:00 p.m.
Miki Kobayashi (Japan)
H. Wieniawski – Second Violin Concerto in D Minor Op. 22
Erzhan Kulibaev (Kazakhstan)
H. Wieniawski – Second Violin Concerto in D Minor Op. 22
break
Miki Kobayashi (Japan)
D. Shostakovich: Violin Concerto No. 1 in A Minor, Op. 77
Erzhan Kulibaev (Kazakhstan)
P. Tchaikovsky – Violin Concerto in D Major Op. 35

<21日追記
 ファイナルは映像もアーカイヴが見られます tvp.pl ☆ 
[PR]
by alarekko | 2011-10-14 17:13

ウィーン・フィル中継

ベストオブクラシック
今日はサントリーホールから中継
まもなくはじまります


NHKFM  ネットラジオ ☆ 
10月13日 (木) 午後7:00〜午後9:10 (130分)
坪郷佳英子
【ゲスト】野本由紀夫
- ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 -

「ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調」 リスト作曲
(ピアノ)ラン・ラン

「交響曲 第2番 ハ長調 作品61」 シューマン作曲
「皇帝円舞曲 作品437」 ヨハン・シュトラウス作曲

(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)クリストフ・エッシェンバッハ
~東京・サントリーホールから中継~


<聴き終わってから追記>
生中継はうれしいです。興奮します。
美しい演奏でした。
先日のNHK音楽祭の中継もそうだったけれど、ちょっと(ネットラジオの)音がもう一歩よければなあと、贅沢なことも思ってしまう。
ベルリンフィルのライブ録音はもうちょっと良かったような気がするのは気のせいなのだろうか。

前半のピアノのアンコール
リスト 慰め 2番

そしてなんとさらに、
エッシェンバッハ&ラン・ランの連弾という大サービス
ドビュッシー 小組曲 『小舟にて』
これは低音がランランかなと思った
拍手がすぐやんで、入れ替わって座ったらしく、
『バレエ』がはじまる。

前半あまりに拍手が鳴り止まず、
きっと予定時間をオーバーしたのでしょう。
皇帝円舞曲が最後まで入りませんでした。
これぞウィーンフィルという演奏を、交響曲のあとの最後に持ってくるプログラムもにくいです。
BSプレミアムで11/20に放送されるというアナウンスがありました。



ウィーンフィルの皆さん、ラン・ラン氏に感謝の気持ちを込めて、次の記事のリンクを紹介します。

サントリーホールの今日付けニュースリリース
「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」設立 ☆
『この基金は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団からサントリーホールを通して「震災に遭われた最も大切な日本の友人たちへ、お見舞の気持ちを伝えたい」と100万ユーロの寄付の申し出があり、長年、同楽団の日本公演のパートナーとして信頼関係を構築してきたサントリーグループもこの主旨に賛同、同額を拠出してマッチング・ファンドとして設立するものです。』


ラン・ランが仙台を訪問 ☆ 
11日に仙台を訪れた様子が報告されてます。
[PR]
by alarekko | 2011-10-13 18:59
radiko.jp ☆ の参加局、地域が増えていますね。
らじる★らじる ☆の機能も少しずつ進化している。10/11から、音声プレーヤーから番組表が見られるようになるらしい。望むところです。
そして、この二つが互いにホームページでリンクしてるではないか。なかなか良いですね! 
少しずつで良いので、これからの進化に期待してます。


先週金曜日のベストオブクラシック、ベルリンフィルの演奏 ☆ は本当にすばらしかった。
「らじる★らじる」の音が良い(音源が良ければ放送の音も良い)こともわかった。
あの、派手なところがあまり無いプログラムの、とてつもなく高度に繊細で粋な演奏が体感出来た。


昔はFMを聴くことはとっても貴重な音楽体験、情報源であったのですが、(何度もしつこいですが)我が家ではNHKFMが年々入らなくなって、今はたまに車で走っている時に聴くくらいになっていました。

車で聴くFM放送が時々途切れたり、雑音が入ったりしても、そんなことは気にならなかったのに、この間の日曜日は、それが気になりました。それだけネットラジオで簡単に安定して聴けてるということで、改めてありがたみを実感。


今週から来週にかけてはNHK音楽祭の生中継と、古楽週間

今日はこれから、イル・ジャルディーノ・アルモニコを聴きます。(2年前に発見したこと ☆ 
明日は、ネヴィル・マリナー&カツァリス。
来週、ベルリン放送響、河村尚子さんの皇帝


以下、番組表から

10月 5日(水) 午後7:30~午後9:10(100分)

ベストオブクラシック -古楽週間-(2)
                   
 ▽イル・ジャルディーノ・アルモニコ演奏会         
                              
「序曲“祝福されたセーナ”RV.693」 ヴィヴァルディ作曲
                       (5分54秒)
          (演奏)イル・ジャルディーノ・アルモニコ
             (指揮)ジョヴァンニ・アントニーニ
                              
「フルート協奏曲 ヘ長調 RV.433“海の嵐”」     
                     ヴィヴァルディ作曲
                       (5分53秒)
          (演奏)イル・ジャルディーノ・アルモニコ
       (リコーダー、指揮)ジョヴァンニ・アントニーニ
                              
「協奏曲 ト短調 RV.157」     ヴィヴァルディ作曲
                       (5分21秒)
          (演奏)イル・ジャルディーノ・アルモニコ
             (指揮)ジョヴァンニ・アントニーニ
                              
「バイオリン協奏曲 ニ長調 RV.208“ムガール大帝”」 
                     ヴィヴァルディ作曲
                      (14分04秒)
              (バイオリン)エンリコ・オノフリ
          (演奏)イル・ジャルディーノ・アルモニコ
             (指揮)ジョヴァンニ・アントニーニ
                              
「4つのバイオリンのための協奏曲 ロ短調 RV.580」  
                     ヴィヴァルディ作曲
                       (8分45秒)
              (バイオリン)エンリコ・オノフリ
                      マルコ・ビアンキ
                   ステファノ・バルネスキ
                ファブリツィオ・チピリアーニ
          (演奏)イル・ジャルディーノ・アルモニコ
             (指揮)ジョヴァンニ・アントニーニ
                              
「リュート協奏曲 ニ長調 RV.93」  ヴィヴァルディ作曲
                       (9分54秒)
                (リュート)ルーカ・ピアンカ
          (演奏)イル・ジャルディーノ・アルモニコ
             (指揮)ジョヴァンニ・アントニーニ
                              
「フラウティーノ協奏曲 ハ長調 RV.443」       
                     ヴィヴァルディ作曲
                      (11分28秒)
          (演奏)イル・ジャルディーノ・アルモニコ
     (フラウティーノ、指揮)ジョヴァンニ・アントニーニ
  ~ベルギー・ブルージュ コンセルトヘボウで収録~    
                   <2010/11/6>
  (ベルギー・オランダ語放送協会提供)          
                              
「“死者のための5声のミサ曲”から」            
                オルランド・ディ・ラッソ作曲
  ・入祭唱                 (5分05秒)
  ・キリエ                 (2分53秒)
  ・トラクトゥス:主よ、魂を解き放ち給え  (4分10秒)
「“グレゴリオ聖歌”から セクエンティア:怒りの日」    
                オルランド・ディ・ラッソ作曲
                       (7分02秒)
             (演奏)アンサンブル・アマルコルド
  ~ドイツ・シュパイエル 大聖堂で収録~         
                    <2011/6/1>
  (南西ドイツ放送協会提供)               
                          


10月 6日(木) 午後7:00~午後9:10(130分) 

NHK音楽祭2011 -華麗なるピアニストたちの競演-(2)
                              
「交響曲 第32番 ト長調 K.318」  モーツァルト作曲
                              
「ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467」       
                      モーツァルト作曲
              (ピアノ)シプリアン・カツァリス
                              
「交響曲 第1番 ハ短調 作品68」     ブラームス作曲
                              
                  (管弦楽)NHK交響楽団
                 (指揮)ネヴィル・マリナー
  ~NHKホールから中継~ 



10月12日(水) 午後7:00~午後9:30(150分)

NHK音楽祭2011 -華麗なるピアニストたちの競演-(3)
                 
「歌劇“魔弾の射手”作品77 序曲」     ウェーバー作曲
「ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73」ベートーベン作曲
                     (ピアノ)河村尚子
「交響曲 第3番 変ホ長調 作品55“英雄”」       
                      ベートーベン作曲
               (管弦楽)ベルリン放送交響楽団
                 (指揮)マレク・ヤノフスキ
  ~NHKホールから中継~ 

              
[PR]
by alarekko | 2011-10-05 19:10