備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヘルシンキ(ピアノ)

THE THIRD HELSINKI INTERNATIONAL MAJ LIND PIANO COMPETITION 2012
Helsinki,Finland September 13-27, 2012   

書きかけて10日以上経ってしまって、
すでに終わっているのですが、、、
まだ全部動画を見られるので、いくつかリンクを書き止めておきます。

コンクールのHPから
RULESのページ ☆ 中程に課題曲が書いてあります。

ライブ配信のページ ☆ 
ここからコンテスタントごとに、曲目リストと全部の映像を見ることができます。

課題曲で興味深かったのが、1次2次でコンテンポラリーな課題があること。
 1次では1960年以降の曲、
 2次では、委嘱作品or自作曲or即興演奏(20分前に主題が与えられる)
ファイナルに残ったフィンランドの17才の青年は、
1次が自作曲(? 同名の作曲家でなければ)2次は即興でした。

犬飼さんの1次、「GONDAI Transient Bell (2009)」から始まりました。
いろいろな意味でとても感動的な始まりでした。
ファイナルでのモーツァルトのピアノ四重奏とブラームスの協奏曲2番、
どちらもすばらしかった。繰り返し聞きたくなる好きな演奏です。
とても自然で暖かく生き生きとした音楽。
互いの共感が広がって行くような対話が感じられて気分のいいアンサンブル。
 モーツァルト ピアノ四重奏2番 ☆  Sibelius Academy Concert Hall
 ブラームス ピアノ協奏曲2番 ☆ 
  Ernest Martinez-Izquierdo, Conductor(スペインの方のようだ)
  Finnish Radio Symphony Orchestra 
 (フィンランド放送交響楽団。
  こちらに書いてた ☆ 2010年のヴァイオリンのコンクールでも登場)
  Helsinki Music Center(ヴァイオリンのファイナルより凄く大きなホール)

 (これら2曲のリンクのページからも全部の演奏を見ることができる)
[PR]
by alarekko | 2012-09-30 23:09

サンマリノから

San Marino Piano Competition 6-16 September 2012 ☆ 

サンマリノはイタリアにあります。
でも、イタリアの都市と思っていましたが、国なんでした。
さらに、でもRAI(伊国営放送)がファイナル中継

スケジュールのページ ☆ 

ここで ☆ 
現地昨夜のファイナル映像を見られます。
オケ the Symphonic Orchestra of the Republic of San Marino
指揮 Francesco Ommassini

最後の演奏、チェコのルーカスさんの皇帝を聴いて(見て)います。
すばらしい!
彼のコンチェルトを映像で拝見出来るのをずっと待っていました。
(クライバーン2009以来)


詳しいことはあとで整理します。

<17日追記>
もう一度見ようと思ったら、
上でファイナルの映像が見られると書いたリンク先が、
翌日(16日)の映像に変わっていました。

プログラムは
 Prizegiving
  Intermission
 Vondráček Lukáš Czech Republic
  L. v. Beethoven Piano Concerto n. 5 in E-flat major op. 73

おお〜、これは他のページをチェックしなくても歴然としてます。
Lukas(イタリア語ではルカーシュと聞こえた)優勝おめでとう!!!
なにやら他の副賞もいくつか受賞されてました。

休憩後に皇帝の演奏始まります。
ファイナルの時も、全体のアンサンブルがとても心地よくて、
指揮とオケとソロの間の敬意と共感が感じられる
コンクールということは忘れてしまって、とても良い演奏でした。
が、一夜明けたこの日はさらに、
Lukasはもちろん、オケの方々もほんとに渾身のGood job!でした。

演奏が終わってホット一息ついてから、
オケの方々がうれしそうに、よくしゃべる、しゃべる。
特に木管のおじさまたち。
内容が想像出来るような気がする。
きっと、特に2楽章(と3楽章へアタッカで繋がるところ)について、
「ピアノであんなに消えそうなピアニッシモ出されちゃったら俺たちどうすりゃいいんだ。ゆったり歌いまくるしさ、、。だけどばっちりだったな。よかったな。」と誇りをもってお互いをたたえあい、若きアーティストへの敬意をこめて拍手していらしたと思います。(ま、想像というか、私の気持ちです。)

アンコールもとっても良かった。
オケの方々がじ〜っと聴き入っていらっしゃいました。
最後の響きが消えてピアノから手が離れるまで、ホール全体が一体になって、そのあとに大きな拍手がわき上がりました。
すばらしいコンサートでした。


すべての映像等がこちらに ☆  あります。
(Liveのページはまた変わってしまうかもしれないので)
[PR]
by alarekko | 2012-09-16 11:40

ブダペストから

József Szigeti International Violin and Viola Competition
6-15 September 2012 Budapest, Hungary   ☆ 

ハンガリーの首都ブダペストで、ヴァイオリンとヴィオラのコンクール
情報がわかりにくくて、、、
勘で、バルトークラジオにちょっと行って見たら当たった。
ファイナル生中継。

現在聴けるのは
1日目、9月13日の19:35〜 放送 ☆ 
明日以降
2日目、9月14日の19:35〜 放送 ☆ 
どちらも19:35のところをクリックすると音が出ます。
15日もガラコンサート中継?
 (右上の年月日のところをクリックすると出てくるカレンダーから、
  他の日時の放送も聴ける)

ファイナルは2日間、ヴィオラが1名、ヴァイオリンが5名、
オケ、ハンガリー放送交響楽団(MR Szimfonikus Zenekara)。
指揮アンドラーシュ・リゲティ
3週間くらいは聴けるはず?(3月にはそうだったが・・・)


コンクールHPから
2012. szeptember 13., 19:30
Budapest,
Művészetek Palotája, Fesztiválszínház
19.30-19.50 36. PALMIZIO Daniel (B)
Bartók - Serly: Brácsaverseny / Viola Concerto
19.50-20.25 82. TAROSYAN, Elena (H)
Csajkovszkij: D-dúr hegedűverseny / Violin Concerto in D major op. 35
Szünet/Interval
20.45-21.15 88. WANG, Xiao (H)
Sibelius: Hegedűverseny / Violin Concerto op. 47

2012. szeptember 14., 19:30
Budapest,
Művészetek Palotája, Fesztiválszínház
19.30-20.10 27. KÁLLAI Ernő (H)
Bartók: Hegedűverseny / Violin Concerto no. 2
20.10-20.50 36. KULS, Aleksandra (H)
Brahms: D-dúr hegedűverseny / Violin Concerto in D major op. 77
Szünet/Interval
21.10-21.50 37. KURATOMI, Ryota (H)
Sibelius: Hegedűverseny / Violin Concerto op. 47


(B)はヴィオラ (H)はヴァイオリンのようです。
ハンガリー語の表記は難しいです。
たいていの言語は英語にG翻訳するとある程度わかるのですが、
英語と相性が悪い感じ。
音声は、人名など日本語のカタカナ表記に近くて聞き取れます。


何故か途中で止まっちゃうんだけれど、、、
トップバッターのバルトークのヴィオラ協奏曲、すばらしかった〜

<15日朝追記>
バルトークラジオからリハーサルの映像がアップされてました。
 1日目 ☆   2日目 ☆ 
[PR]
by alarekko | 2012-09-14 21:37

リーズから

8月29日〜9月16日
the 2012 Leeds International Piano Competition ☆ 

セミファイナル(12名)から、録音が翌日聴けるようになりました。 ☆ 
とても良い音で会場にはお客さんもすごくたくさんいらして、
すばらしいリサイタルが連日繰り広げられてる様子がうかがえました。
しかし今は聴けない。
unavailable until Monday 17th September とあるので、
18日から復活と期待してます。


ファイナル(6名、2日&入賞者コンサート)はBBC Radio3で放送される。
13日〜16日 Episode 1〜5(1週間聴くことができます)

まずはじめEpisode 1 ☆ は、
コンクールとファイナリストの紹介番組。
セミファイナルの演奏を振り返る。
すでに聴けてます。
(このページから、右端縦書きのMore Episodesをクリックすると、
 他の日の番組へ次々たどって行けます。)


Episode 1で紹介されたセミファイナルの演奏曲目をメモ
Jayson Gillham Australia (26)
 Brahms: Variations and Fugue on a Themeby Handel, Op. 24
Jiayan Sun China (22)
 Ligeti: Musica Ricercata, Nos. 3, 4, 6 & 10
Louis Schwizgebel Switzerland (24)
 Haydn: Sonata in C Major, Hob XVI/50
Andrew Tyson USA (25)
 Chopin: Preludes, Op. 28 
Federico Colli Italy (24)
 Scriabin: Sonata No. 10 Op. 70
Andrejs Osokins Latvia (27)
 Beethoven: Sonata in C minor, Op. 111


<15日午前追記>
Episode 2 ☆ 
Louis Schwizgebel - Beethoven Piano Concerto No. 4
Jiayan Sun - Prokofiev Piano Concerto No. 2
Jayson Gillham - Beethoven Piano Concerto No. 5

Episode 3 ☆ 
Andrejs Osokins - Prokofiev Piano Concerto No. 3
Federico Colli - Beethoven Piano Concerto No. 5
Andrew Tyson - Rachmaminov Piano Concerto No. 3
[PR]
by alarekko | 2012-09-14 10:58

配信〜受信 の練習

9月1日(土)午前9時半、
どこかで(って狭い家の中ですが)、
耳慣れない”アラームのような音”がしてます。

自分の携帯電話から出ている音だと気付くのに時間がかかりました。

緊急速報
『訓練通報DRILL(東京都)』を受信したのでした。


3月に、『使えなくなる携帯電話』 ☆ で、
最後に「このタイミングでこの機種に替えて良かったということもあったので、
それはまた次に書きます。」
と書いておきながら、今ひとつ役立つ機会も無くわからないまま
半年たった防災の日(9月1日)のことです。

その、”良かったと思った新しい機能”が発揮されたのでした。
この機能は、最近になってできたもので、
その前の機種や、新しくてもiPhoneは対応していないようで、
我が家では、”緊急速報”を受信出来るのは、わたしだけ!なのです。
(携帯ではe-mailさえ使ってないというのに)

緊急速報メールという携帯電話会社のサービスを
自治体が利用して、災害情報を伝えようとする試みで、
今回は、防災訓練の情報で、配信&受信の訓練でもあったわけです。


どういうものか、某自治体(◎)のサイトから一部引用しますと

◎が配信元となり、各携帯会社が提供する「緊急速報エリアメール(NTTドコモ)」・「緊急速報メール(KDDI・ソフトバンク)」のサービスを活用して、災害情報を配信します。
 NTTドコモ(平成23年10月から 緊急速報エリアメール)
 KDDI(平成24年3月から 緊急速報メール)
 ソフトバンク(平成24年3月から 緊急速報メール)
このサービスは、◎のエリア内にいる各携帯会社の携帯電話ユーザーに対して、一斉に情報を配信するサービスです(区外でも区境付近にいる場合は、受信することがあります)。対応している携帯電話ならば、登録は不要で、区民の方でなくてもメールを配信いたします。月額使用料のほか通信料も含め一切無料です。



このシステム、
 登録するしないに関わらず、
 自治体の住民であるか否かにかかわらず、
 いっさい無料で、
今居る地域の災害情報を受け取れるところがすばらしいと思います。

ただし、
携帯電話の機種が、このサービスに対応していれば、
という条件付き。

この点、確認しておくことをおすすめします。


明日ですが、
9月12日(水)10時00分ごろ と 10時30分ごろ の2回
「全国瞬時警報システム(J-ALERT)の全国一斉自動放送等試験」 ☆ 
が行われます。
全国各地で試験される伝達手段は、自治体によって違うようです。

<東京都内の市町村で何の試験を実施するか
  〜東京都防災HPより  ☆   12日朝追記>

緊急速報を受信する携帯電話を持っている人が、
その時刻にいる地域で
もし緊急速報の配信試験が行われていたら、
アラームが鳴るでしょう。
(うちのはアラームというよりはチャイムのような感じの音ですが)

我が家のあたりでは防災無線と緊急速報を使うようなので、
受信側としてもチェックをしなければと思っています。


ここからは自分の持ってる機種について備忘録

Cメールメニュー
 1 新規作成
 2 受信ボックス
 3 送信ボックス
 4 緊急速報
 5 Cメール設定

緊急速報
 1 受信ボックス
 2 受信設定   (ON/OFF選択)
 3 受信音/バイブ確認 
    (緊急地震速報と災害・避難情報*の2種類あり。変更はできない)
 4 マナー時の鳴動設定 
    (マナーモードの時に通知されないようにできる)


*1日に受信音がわからなかったのは、
これまで緊急地震速報は3回経験していたのですが、
災害・避難情報は初めてで、受信音が全然違ったからでした。
[PR]
by alarekko | 2012-09-11 13:16