備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

再び三たび節電の夏

我が家の電気料金
4〜6月(3ヶ月分)の料金の合計を計算して比較してみました。

使用”量”ではなく料金です。

2009年と2010年の平均に対して
 2011年 − 5%  
 2012年 −18%
 2013年 + 1%

2011年、震災後家族内での節電意識の共有により、
使用量では、前年同月比およそ20%減らすことができました。
(節電の夏 ☆ 
しかし料金については、基本料金があることなどから、
払った金額は5%程度しか減っていませんでした。

 ちなみに、
 月額使用量・料金は、検針のタイミングにより、
 根拠となる日数に数日間分の差が出ます。
 なので、日数の差だけでも数%以上の差になることがあります。
 今回、3ヶ月間の合計料金で比較したのは、
 大雑把に、かつ多少は精度を上げるためですが、
 あまり細かな比較ができる数字ではありません。

2012年、電気料金の値上げが話題になったとき、
思い切って契約容量を下げました。(節電の夏に向けて ☆ 
前年度程度あるいはプラスアルファの節電は習慣となり、
また、この3ヶ月のうちの4割くらいの期間の基本料金が下がった結果、
かなり電気代節約になっていますね。

しかし、このあと電気料金が大幅に上がりました。
その結果、今年2013年は、震災前とほぼ同額となりました。
まあまあ良しとしましょう。
でも今後、さらに年間の電気代を減らす工夫をしたいと思います。

 4〜6月で比較してみたのは、
 例年、ほとんどエアコンを使わない季節なので、
 年による気候の違いがあまり出ないのではということがあります。
 冷暖房を使う季節は、電気料金が跳ね上がり、
 年によっての暑さ寒さによる影響も大きいです。
 電気料金の従量制の部分は、
 使用量が増えると単価がどんどん高くなるのです。

断熱性能を上げるなど、冷暖房(特に暖房)に対する工夫を
今一歩すすめたいと思います。


契約容量を下げたあと、ブレーカーが切れてしまったことが
2回ありました。
いずれもエアコン稼働中、夜、照明やTVがついていて、
キッチンで諸々(炊飯器、電子レンジなど)使用中、
そこへ誰かが何か(例えばドライヤーなど)使い始める。
その途端でした。


その体験から、教訓があります。
ブレーカーが切れたときだけでなく、停電対策一般としてもです。

<夜、キッチンでガスコンロ使用中に停電になる>
突然の暗闇でガスコンロだけがついていて、
まずこれを消さなきゃここを離れられないと思うものの、
とっさにスイッチがわからなくてあせってしまいました。
イメージトレーニングが必要だと痛感しました。
[PR]
by alarekko | 2013-06-28 01:01
5/9にも書いた、伊の放送局Rai”朝のコンサート”
(番組スケジュールのページこちら ☆ 聴くのもここから)
どういうわけか最近放送が急に増えています。
来月の予定は休日も含めて毎日あるし〜。

基本、12:00(日本時間19:00)〜1時間ですが、
11:50〜の日もある。

ということで、ちょっと目についたのをメモ

6/25 ☆ モロー&オディク
martedì 25 giugno 2013 11.50
IL CONCERTO DEL MATTINO
EDGAR MOREAU violoncello
PIERRE-YVES HODIQUE pianoforte
Ludwig van Beethoven
Sonata per violoncello e pianoforte n. 2 in sol minore op. 5/2
Robert Schumann
Adagio e Allegro per violoncello e pianoforte op. 70
Registrato nella Sala Pasteur de Le Corum di Montpellier il 14 luglio 2012

エドガーくん最近(今年3月)の映像。ヌーブルジュ氏と。 ☆ 
ブラレイ氏と二人でインタビューを受けてるところも ☆ 
最近のインタビュー記事 ☆ のタイトルは le « Petit Prince » du violoncelle


6/30 ☆ カーペンター プーランク/オルガン協奏曲
domenica 30 giugno 2013 11.50
ORCHESTRA SINFONICA DI MELBOURNE
organo Cameron Carpenter
direttore Andrew Davis
Francis Poulenc
Concerto per organo in sol minore
- Andante - allegro giocoso
- Andante moderato
- Tempo allegro molto agitato
- Tres calme
- Tempo dell’ allegro iniziale
- Tempo dell’introduzione
Johannes Brahms Sinfonia n. 2 in re maggiore op. 73
Registrato nella Town Hall di Melbourne il 22 giugno 2012


ほかにも明日の後半は河村尚子さん
7/6はRAIオケと佐渡さんなど、あり。
もうちょっと良く見てみよう。
[PR]
by alarekko | 2013-06-19 15:11

北極圏の白夜の町で

Top of the world international piano competitionが、ノルウェーの北極圏の都市TROMSØ(トロムソ)で開催中 

なんでTop of the worldなのか、観光局のページ(TROMSØ TOURIST INFORMATION OFFICEのHP ☆ )を見るとよくわかるのですが、物理的に地理的に地球のてっぺん(近く)だからなのでしょう。北緯69度40分。

緯度の高い地域では1年の中でとりわけ特別な夏至、夏至祭の季節。
このコンクール、開催はまだ3回目のようですが、この地でこの時期に行われるコンクールでこれからどのようなすばらしいピアニストが見いだされていくのでしょう。


実は、コンクールのサイトが何故か今つながりません。
二十数名の参加者リストの半数は知ってるお名前だったこともあり、
配信もあるようだったのでブックマークしていたのですが、、、
細かい情報が今確認出来ません。

でも、配信はしっかり見ることができています。
ライブストリーム ☆ (録画も残っています)時差7時間

16日、17日と1次が行われ、

今日18日は2次の1日目。
現地10時(日本17時)から、一人1時間位のリサイタルのようです。
一人目はデュモンさんでした。

全体が映らないのでわからないのですが、
小さい会場で拍手の音からしてお客さんも少なそう。
せっかく本家本元のHPがダウンしてるのに
配信をちゃんとしてくれているので、
たくさんの人が見てくれたらいいのになあと思いました。

と、書いてるうちに、3人目レフコビッチ氏。
(年齢制限はいくつなんだろう?)<19日追記 ”under the age of 35”でした>
コンクールのサイトが復活したら、追記します。

<夜 追記>
コンクールのHP復活してました。こちら ☆ 

Schedule for 2nd round.
18 June
#2 Francois Dumont 10.00 am
  Ravel Gaspard de la nuit (Ondine, Le Gibet, Scarbo)
  Chopin Scherzo No. 3 Op. 39 in C# minor
       Sonata No. 3 Op. 58 in B minor
#3 Ashley Fripp 11.00 am
#4 Dmitri Levkovich 12.00 pm
Lunch break 1.00 pm
#9 Kateryna Titova 3.00 pm
#10 Denis Zhdanov 4.00 pm
  Bach/Busoni Chorale preludes
   • Wachet auf, ruft uns die Stirne
   • Herr Gott, nun schleuss den Himmel auf
  Beethoven Sonata Op. 10 No. 3 in D major
  Gluck-Sgambatti Melodie in D minor
  Prokofiev Sonata No. 2 in D minor
Coffee break 5.00 pm
#11 Oleksandr Grynyuk 5.30 pm
  Arvo Part “fur Alina”
  Schumann “Kinderszenen”
  Ludwig van Beethoven Sonata, Op. 31 No. 1
  Bach-Siloti Prelude (BWV 855) in B minor
  Bach-Kempff Prelude in D major BWV 29 (also BWV 1006)
#13 Alexandre Moutouzkine 6.30 pm
Coffee break 7.30 pm
#16 Galina Chistiakova 8.00 pm

Schedule for 2nd round. 19 June
#17 Soo-Jung Ann 4.00 pm
#21 Gabor Farkas 5.00 pm
Coffee break 6.00 pm
#23 Emanuel Rimoldi 6.15 pm
  Shumann Humoreske
  Lisz Hungharin Rapsody No. 12
  Scriabin Sonata No. 3
#24 Lukas Vondracek 7.15 pm
  Joseph Haydn Sonata No. 60 in C major, HOB: XVI 50
  Felix Mendelssohn Variations serieuses, Op. 54
  Sergei Rachmaninov
    • Etudes-Tableaux, Op. 33 No. 3 in C minor
    • Variations on a Theme of Corelli, Op. 42
  Bohuslav Martinu Three Czech Dances
Jury meeting 8.15 pm
Announcement 8.30 pm
[PR]
by alarekko | 2013-06-18 19:11

数ヶ月での変貌

昨年10月末聞き逃したスイス・イタリア語放送管弦楽団

放送局のオケなんだからあとで放送があるんじゃないかと、
しつこくたまにチェックしていたら、ありました!

RSI LA1(テレビ!)で放映され、なんと今も見ることができます。

”パガニーニ”という番組のようです。
2012年10月31日の演奏(2013年4月7日放送)から
 ベートーヴェンピアノ協奏曲第3番 ☆ 
 ハイドン交響曲第1番の映像もあります。

 31 Ottobre 2012
 Luogo: Palazzo dei Congressi, Lugano Orario: 20:30
 Direttore: Hubert Soudant (ユベール・スダーン)
 Solista/i: Evgeni Bozhanov, pianoforte
 Orchestra della Svizzera Italiana
こちらの拙記事 ☆ の後半部分にもう少し詳しく書いています。


ところで、タイトルの”変貌”ですが、
来日から1年もたったような、まだ1年だっけ?のような、ボジャノフ。
この演奏は半年もたっていないのに。


もう一つリトアニアのテレビ局のも、あります。(2013年5月11日放送)
2012年11月22日、リトアニアの首都ヴィリニュス
Lithuanian National Philharmonic Hallでのリサイタルから ☆  
          (注意! 最初大音量のCMが流れます)
シンプルなライティングがとてもセンス良くすてきです。

リサイタルのプログラム(ここから ☆ (英語))

 Pianist Evgeni Bozhanov
 2012-11-22 | Event starts: 19:00
 Venue:Lithuanian National Philharmonic

  Ludwig van Beethoven:
   Sonata No. 18, in E flat major, Op. 31, No. 3
  Franz Schubert:
   12 German Dances, D 790
  Frédéric Chopin:
   Rondo a la mazur in F major, Op. 5
   Waltz in A-flat major, Op. 64 No. 3
   Grand Waltz in A-flat major, Op. 42
   The Brilliant Grand Waltz in E-flat major, Op. 18
   Barcarolle in F sharp major, Op. 60
   Sonata No. 3, in F minor, Op. 5

<13日朝ちょっと追記>
DELFIというニュースサイトのコンサート後の記事 ☆ 
リトアニア語ですが、下の方にこの日の写真が数枚。
お客さんの笑顔もすてきです。
[PR]
by alarekko | 2013-06-12 19:32

テキサス2013 その5

        <結果も最後に追記しました>

ファイナルの演奏スケジュール
配信はこちら ☆ 録画も
<10日朝追記 
 ファイナルの録画は初日分は見られません。
 FBによると、
 コストの問題から7日と8日の2日分しかアーカイブに残せない。
 ライブで見てくださいと。
 9日の分も、アーカイブとして残らないと思われます。
 今は、この日の最初から見られるので、今見られるだけ見ておこうと思います。>


Thursday, June 6 7:30 p.m.(日本時間 7日 9:30a.m.)
 Beatrice Rana BEETHOVEN No. 3 in C Minor, op. 37
 Nikita Mndoyants PROKOFIEV No. 2 in G Minor, op. 16
 Fei-Fei Dong RACHMANINOV No. 3 in D Minor, op. 30

Friday, June 7 7:30 p.m.
 Tomoki Sakata MOZART No. 20 in D Minor, K. 466
 Sean Chen  BEETHOVEN No. 5 in E-flat Major, op. 73
 Vadym Kholodenko PROKOFIEV No. 3 in C Major, op. 26

Saturday, June 8 7:30 p.m.
 Nikita Mndoyants  MOZART   No. 20 in D Minor, K. 466
 Fei-Fei Dong BEETHOVEN No. 4 in G Major, op. 58
 Beatrice Rana PROKOFIEV No. 2 in G Minor, op. 16

Sunday, June 9 3:00 p.m.
 Vadym Kholodenko MOZART No. 21 in C Major, K. 467
 Tomoki Sakata TCHAIKOVSKY No. 1 in B-flat Minor, op. 23
 Sean Chen RACHMANINOV No. 3 in D Minor, op. 30

  Fort Worth Symphony Orchestra
  conductor Leonard Slatkin
    Artistic Collaboratorsのページ ☆ 
    セミファイナルでの共演Brentano String Quartetとともにに紹介あり。

<11日 結果をMore以降に追記します>
コンクールのページに前回の賞について詳細の記載がなくなっていた(たどりつけなかった?)ので、今回の分をtheaterjones.comの記事( ☆ )からの抜粋・引用を記録しておこうと思います。

コンクールをザ〜ッと振り返る記事 Cliburn Impromptus ☆ 

More
[PR]
by alarekko | 2013-06-06 00:48 | 2013 cliburn

テキサス2013 その4

ファイナリスト発表されました。

月刊「ぶらあぼ」FB ☆  はやいです!
"何分前"を逆算すると13:50にはアップされてたんですね。
ありがたく引用させていただきます。

ヴァン・クライバーンコンクール、ファイナリスト6名が発表されました。
 ファイナリスト
 Sean Chen, 24, United States
 Fei-Fei Dong, 22, China
 Vadym Kholodenko, 26, Ukraine
 Nikita Mndoyants, 24, Russia
 Beatrice Rana, 20, Italy
 Tomoki Sakata, 19, Japan


皆さん最後まで体力気力切らさずがんばってください。
コンチェルト12回、マエストロ スラトキン、楽しみにしてます。


YouTubeにも Cliburn 2013のソロ演奏があがり始めてます。 ☆ 
全部じゃないみたいでどういう基準・順番かわかりませんが、
気軽に見られて便利です。
[PR]
by alarekko | 2013-06-05 14:37 | 2013 cliburn

仙台 その2

(その1は、5/7の”コンクール’s”ということで)

第5回仙台国際音楽コンクール HP ☆ (violin&piano)
演奏は、”コンクール動画YouTube配信” ☆ されてます。

ヴァイオリン部門が既にセミファイナルまで終わりました。
これまでのところ、演奏は全部、翌日お昼頃ににアップされてます。
6名によるファイナルは7日(金)、8日(土)。

演奏予定のページ ☆ で、
両部門の日程と課題曲がまとめてわかるようになっています。

このコンクールは協奏曲をオーケストラと多く共演出来ることを特徴としています。

ヴァイオリンでは、
一次から室内アンサンブルとの共演(指揮者なし)
セミファイナルで20世紀前半のコンチェルトを含み、
ファイナルでは、今回は全員ブラームスを弾きます。

ピアノでも、
課題の選択肢が多く、一次がソロである点は違いますが、
やはりセミファイナル、ファイナルと協奏曲です。

これは地元に仙台フィルの存在あってできることですね。
現在Vnセミファイナルまでで、まだまだ序盤ですが、
マエストロ パスカル・ヴェロとオーケストラの皆さんの
好演、熱演すばらしく、ほんとにお疲れさまです。
これからも長丁場”最後までよろしくお願いします”という気持ちです。


Vnセミファイナルの課題の曲はあまり聴きなじみは無いものの、
オーケストレーション、編成など興味深いので、
ファイナルに進んだ方の演奏からちょっと復習。

バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 第1番 Sz36(1907年)
   ☆ Suliman TEKALLI(U.S.A.)
シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 op.35(1916年)
   ☆ NARITA Tatsuki(Japan)
ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ調(1931年)
   ☆ KIM Bomsori(Korea)


ベートーヴェン:ロマンス ト長調 op.40(1番)
まず最初に全員この曲を弾きます。ベートーヴェンのロマンスは2曲あり、たぶん、あれね!とすぐに思い浮かぶメロディーではない方だとおもいます。
シンプルなメロディーだけに、意外と難しいのかもしれない。力量の差がわかる絶妙な課題設定なのかもと思いました。

バルトーク1番
どちらかというと2番の方が有名かも。
1番は20代のとき女性ヴァイオリニストのためにつくった作品で、しかし諸般の事情でずっと公表されなかったらしい。想定外に静かに美しい曲でした。
冒頭、延々とソロヴァイオリンだけで静かなメロディーを奏でるところへ、オケのヴァイオリンが少しずつ増えていきます。
カメラさん、もうちょっと周りも映してもらえたらなあ、そのへんの変化を視覚的にもみたかったなあと思いました。

シマノフスキ1番
非常に色彩豊かな曲という印象。オケ、大編成です。
しかも、ソロとソロの掛け合いも多く、贅沢を言えばもっとオケの方も映っていると楽しいです。色彩感がどのように生まれるか、見ればよくわかる。コンマス氏とのデュオのような箇所もけっこうあったような。一部は映ったけれど。

ストラヴィンスキー
ヴァイオリン協奏曲はこの曲1曲のようです。
かっこ良く盛り上がって終わります。
二調(英語表記では in D)というのはどういうことなのかなとちょっと気になりまして。二長調でもなく、バルトークやシマノフスキのように調の表記が無いのでもなく、というところが。
ちょっと調べてみると、昔の巨匠の録音などではニ長調、D majorと書いてあるのもありました。
何か訳があって二調なのか。あるいは、英語のコードネームって大文字メジャー、小文字マイナーですよね。実はそんなところなのか。どうなのかな。
そういえば、ガーシュインピアノ協奏曲inFってのもありますね。


ちなみに、審査規定 ☆ によりますと、
「前の審査段階の評価を考慮してはならない。」とあります。
ファイナリスト6名、ブラームスの演奏だけで順位が決まるということです。
[PR]
by alarekko | 2013-06-04 15:56

テキサス2013 その3

カテゴリーつくりましたなんて言っておきながら、
(この数年の経験から今年最大のイベントとおもったもので)

あまりの刺激の多さ&大きさに、
お腹いっぱいというか溺れそうというか、、、
新たに何か書く、という所まで行かないうちに
あっというまにグリムスが枯れるほど日にちが経ってしまいました。
(ブリュッセルも仙台もあるのにね)

もう今日6/1からセミファイナルが始まります。
セミファイナルのスケジュールのページ ☆ 
(今は名前だけですが、1次では途中から曲目も掲示されるようになってました)

その2に追記した
オンデマンドのページ ☆  ここが優れものです。

この人のこの日の演奏が聴きたい!という場合もすぐにそこへ行けて便利ですが、
一日一日の11時間くらいにわたる、LIVE配信された状態そのままも残っています。
ステージ映像に切り替わる前の、インタビュー映像なども。

30日の分では、セミファナリスト発表まで全部見られます。
バーをザザッと動かして見たところ、
最終演奏者ファヴォリン氏の演奏が終わったあと式典が始まるまで、
1次を振り返る全参加者のインタビューやハイライト映像が流れているようです。
1時間半くらいありそうですが、ここを見てみたいと思っています。

それからこのページの右上からVOTEというページにリンクするんですが、
1日に1回投票出来るようになっています。
きのうまで30人のリストがあったんですが、
いまは12人になっていました(あたりまえか)。

とりあえずここまで。
セミファイナルの間はここに追記していこうと思います。
[PR]
by alarekko | 2013-06-01 10:57 | 2013 cliburn