備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:アート ( 7 ) タグの人気記事

年末恒例(ああぁ〜〜)
やらねばならぬことがたくさんあるのに、ちっとも進まないなか、
録画ができない! HDの大掃除をせねば、、、、、などと、
優先順位が低いことばかりでドタバタ。
そんななかでさらに

ついつい、誘惑に勝てず、
前の記事で、”見たくなってきた”と書いたばかりの
のだめ・・・(映画の最後のだけですけど)見てしまいました。
いや〜、何度見ても笑えるし泣けるし元気が出ます。すばらしい!


そうしたら、
これまで一連の「のだめ・・・」で、映画「マーラー」みたい
と思ったあれこれが思い出されて、
DVDって売ってないんだろうかと気になってきてしまった。

25年くらい前に映画館で一度見ただけなのに
強烈なイメージが残ってる映画。

のだめちゃんが白いシーツにくるまるところとか、
前編ででてくるミルヒーの湖畔にあるお屋敷の場面とか、
見た瞬間に”あれ”をパロディってる?と思わず笑ってしまう。
そういう細部の設定だけでなく、
「マーラー」と「のだめ・・・」は、全体として
描こうとしている天才音楽家たちの複雑な環境や心情は共通なんだな。
短く言ってしまうと前者の『暗くグロテスクな』映像表現が、
後者は時代の違いも反映して『明るくコミカル』にって感じかな。
と、今回思った。


前から気になってたので、
ちょっとだけ調べてみました。

「マーラー」ケン・ラッセル監督、1974年。
あれ?”そんな昔のことじゃないはず”と思ったら、
日本公開は1987年だそうだ。それなら記憶と合ってる。

そういえば、
ついこの間お亡くなりになったケン・ラッセル監督の映画
なのであった。

そういえば〜2、
前の記事の最後にちょっと書いた小澤さんの本の中で、
ケン・ラッセル演出のオペラをやるかもって話もあった
ってでてきてたなあ。
ちらっと見ただけなので、ちゃんと読もう。

そういえば〜3、
音楽は、アムステルダムコンセルトヘボー管弦楽団、
指揮はハイティンクだったんだ。
3月震災翌週のベルリンフィル公演で日本のために曲目を1曲変更して
ルトスワフスキ「弦楽のための哀悼曲」を演奏してくださいました。
  この日 ☆ 
10月のベルリンフィル降板はちょっと心配したけれど、
その後”米”でも“欧”でも登場されたらしい。
お元気な82才。すばらしいです。


ところでDVDは、数年前に日本語字幕付きも発売されたようだが、
今は簡単には手に入らなさそう。
(この時期簡単に手に入らなくて良かったかも)

君管には全部ありました(字幕なしです)が、
最初 ☆ のわけわからん抽象的なところと最後 ☆ だけ見てあとは自粛中。
最後に確かにマエストロらしきアップ。あれ?こんな感じでいらっしゃいましたっけ? (失礼な言い方かもしれませんが)今の方がかっこいいかも。すごいなあ。”指揮者”は奥が深い。

やっぱり字幕入りで見たいな。
今見るとわかることがたくさんあるような気がする。
今わかりたいことがある。

今年はマーラー没後100年ですよ。(去年は生誕150年)
BSで放送されたりしたこと、あるんだろうか?
是非是非やってほしいです。
[PR]
by alarekko | 2011-12-23 11:45

見たい番組 2011年7月

BSプレミアム (番組表から)

7月17日(日) 午前11:00~午後0:00(60分)
Amazing Voice 番組HP  ☆ 
驚異の歌声「北欧(1)白夜の大地に響く」

藤井フミヤ、元ちとせがおくる世界の驚異の歌声。今回は、オーロラの地でトナカイを追う北欧の民サーミの歌声に浸る。サーミが歌うヨイクは歌ではなく、モノや人をたたえることらしい。「花壇の花をヨイクする」「学校の先生をヨイクする」とは…? フィンランドのヨイク第一人者、ヴィンメ・サーリの故郷の暮らしに密着。トナカイやさまざまな事象をヨイクする。ノルウェーのマリ・ボイネは「政治や社会をヨイク」する美人歌手。



7月18日(月)午後9:00~午後10:00(60分)
極上美の饗宴 番組HP ☆
「トリックスターか思索者か 鬼才ウォーホルの真相」

スープ缶にマリリン・モンロー。奇抜な発想で斬新なポップアートを生み出した、アメリカのアンディ・ウォーホル。「大量消費社会では作家の精神性など必要ない」と美の伝統を完全否定し、世界中の若者から圧倒的な支持を集めた。近年、新たな研究から、熱心なキリスト教徒だったという意外な素顔も見えてきた。はたして鬼才ウォーホルの真相とは? ニューヨーク在住の日本画家・千住博さんが、作品の魅力とその秘密を探る。



7月19日(火) 後8:00~8:57
旅のチカラ
「バイオリンは歌い フィドルは踊る~葉加瀬太郎 アイルランド~」

バイオリニストの葉加瀬太郎。ジャンルを越えた活躍をしているが、実は今、ロンドンで自分の音楽を見つめ直す日々を送っている。そんな葉加瀬が訪れるのは、アイルランド。伝統音楽に欠かせない楽器、「フィドル」に心ひかれているのだ。「バイオリンはメロディーを奏で、フィドルはビートを刻む」といわれ、人々を踊りに誘う。葉加瀬は、音楽が人生そのものという人々と出会い、心震える体験をする。旅で得たチカラとは?



7月20日(水)午後8:00~午後8:58(58分)
たけしアート☆ビート 番組HP ☆
「テオ・ヤンセン」

“現代のダビンチ”こと、オランダを代表するアーティスト、テオ・ヤンセン。たけしは、ヤンセンと2年振りに再会するために、東京・お台場にある日本科学未来館へ。ヤンセンが作った未知なる生物が、たけしのために動きだす! それは、風を動力とするストランドビースト=砂浜の生命体。数学好きのたけしは、その動きに隠された聖なる数字の秘密に驚く。形を変え、進化し続けるストランドビーストの秘密に、たけしが迫る!!



日本テレビ
深夜の音楽会 番組HP ☆
今月は第3水曜日に変更
4月初めの公開収録で来日出来なかったソリストにかわり、三浦文彰さんがサンサーンスを演奏
[PR]
by alarekko | 2011-07-17 09:17

東京・春・音楽祭 


桜の季節の前後、上野界隈のホールと博物館、美術館などが連携して
「東京・春・音楽祭 −東京のオペラの森−」が
3月14日〜4月10日、開催されます。
プログラム ☆ 

期間限定で、インターネット配信もあるようです。  ☆ 

<20日追記 
 配信始まりました こちらから ☆ 
 今は、中野振一郎さんのボルゲーゼ美術館展記念コンサートvol.1~3を
 見ることができます。    必見!               >


この音楽祭、
Hさんのボルゲーゼ美術館展(東京都美術館)の記事 ☆ がきっかけで、知りました。
[PR]
by alarekko | 2010-03-16 01:33

ロナルド・シュタイガー展について、3月5日の記事に、写真と説明を追記しました。 こちら ☆ 

で、続編というのは、「祖師ケ谷大蔵がウルトラマンの街になってた」 です。

証拠写真をどうぞ
[PR]
by alarekko | 2009-03-20 00:00

教育テレビの「知るを楽しむ」。さっき、気付きました。(第1回はもう見逃しちゃった)
大好きな写真家、星野道夫さん。 公式サイトはこちら ☆
若くして、撮影の旅の途中、カムチャッカで亡くなりました。


教育TV 2009年3月3日から 火曜日の22:25〜22:50  4回
            (再放送 翌週5:05〜5:30)
「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 星野道夫 生命へのまなざし」
<番組表から>
『アラスカの自然を愛し、そこに生きる動物や人々の姿を記録した写真家・星野道夫。星野が18年間にわたって見せてくれた世界は、未知のものでありながら、はるか遠い記憶を呼び覚ましてくれる。その魅力と星野が遺(のこ)したメッセージに迫る4回シリーズ。』

詳しくは、こちら ☆
[PR]
by alarekko | 2009-03-10 23:38

今晩のNHKスペシャル

今朝ニュースのあとに告知をやってました。

総合:2009年 3月 9日(月)午後10:00~午後11:00
NHKスペシャル アンコール放送
「100年の難問はなぜ解けたのか~天才数学者 失踪の謎~」
(初回放送 2007年10月22日)

NHKスペシャルのサイトはこちら ☆ 

<番組表に記載の番組内容>
「宇宙はどんな形か?近年この謎に迫る数学の難問「ポアンカレ予想」が証明された。ところが証明した天才数学者は謎の失踪を遂げる。百年にわたる難問と数学者の闘いを描く。」

番組表はこちら ☆ 


確か、TVドラマ「エジソンの母」の中に、ポアンカレ予想がどうのこうの・・・・と言っている数学者が出てきました。

BShiでは、1月に(これも再放送だったらしい)
「数学者はキノコ狩りの夢を見る ~ポアンカレ予想・100年の格闘~」
という題名で、1時間50分番組だった。

NHKスペシャルは、
「宇宙・科学・テクノロジー」「国際」「文化・芸術・エンターテイメント」
3つのジャンルがあるが、
これは、「文化・芸術・エンターテイメント」にはいっているところも興味深い。
天才数学者はアーティストだと思うから。
[PR]
by alarekko | 2009-03-09 09:01

昨年12月のことですが、
「クリスマスがやってくる」 ロナルド・シュタイガー展 (こちら ☆)
に、行ってきました。
そのとき撮った写真をどうぞ。
(やっと写真をアップできるようになりましたので)

<3月19日 ギャラリー入り口の写真と、説明を追記しました>

c0195695_23373732.jpg
 

つづき  中の写真をどうぞ
[PR]
by alarekko | 2009-03-05 16:09