備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:生活の知恵・失敗 ( 27 ) タグの人気記事

2週に渡って続いた、我が家のバルコニーの根雪状態
それが解消されたて明るい春の気分になったと思ったら、
PM2.5と花粉が一気にやってきました。

『いろいろとんでくるもの その3』 ☆ で書いたリンク先が
こちらに新しくなっていました。
東京都の観測データ速報値地図 ☆ 

今日(27日)は大変高い値が続いています。

何が新しくなったかなあというと、
「富士山カメラ」かな? ☆ 都庁舎(31階)からの映像
(前に気付いていなかっただけかもしれませんが)
昨日と今日では視界が、、、全然違います。

<28日追記 
 上のリンクがその時点の最新画像が出るわけでは無いみたいなので
 視界の違いを・・・
 この一週間、「富士山はどこ?カメラ」状態? 
 特に27日は、すぐそばも何にも見えないです。
-2014年2月26日9時(JST)- ☆ 
-2014年2月27日9時(JST)- ☆ 
-2014年2月28日9時(JST)- ☆  >
[PR]
by alarekko | 2014-02-27 20:01
一票の格差が違憲だと判断されて久しい。
無効の判決も出ているにもかかわらず、
国会には変えようと言う意志もなく、制度設計の能力も無く
既得権にしがみついているとしか思えない。

一票の格差とは、ようは、一人一人の権利の格差である。
都民の、私の権利が低い価値しか無いという格差を付けられているという理不尽な状態なのだ。

去年の参院選のデータを一度ざっと見ていただきたい。

第23回参議院議員通常選挙結果調 ☆ のページから、
候補者別得票数(選挙区) ☆ 

東京(定数5)で、落選した方々の得票は概算で
次点    55万
次次点   41万
次次次点  32万
次次次次点 24万

一方、14万票で当選する選挙区もある。
この選挙区の全部の投票数集めても38万なんです
びっくりしませんか?

逆に次点で落選した55万の得票より多い得票数で当選の方は、
東京の5人の他17人しかいません。


東京都民の国政に対する権利が、長年不当に低く押さえつけられていることに、都民はもっとおこるべきです。

国政の問題をたかが都知事選で争点にするのがおかしいなどという、筋のとおらない上から目線の不愉快なことおっしゃる議員さんのお名前は忘れないようにしたいと思っていますが、、、

かつて、無党派層は寝ててくれればいいとおっしゃったM元総理、いらっしゃいましたね。

期日前投票も活かして、驚異的な投票率にして「どうせ・・・」と馬鹿にしている人たちを見返しましょう。

国政選挙では何分の一かの権利しか行使出来ないのですから、
今回の都知事選はそれより大事です。
都民みんなが平等の価値の一票を投じることができます。
そして国会議員より遥かに強大な権力や影響力を持てる知事を選ぶのです。

私は、都庁の膨大な組織は知事がいなくても動いているし、
有能な職員もたくさんいるわけですから、
今討論で具体的に細かいことを言っても意味が無いと思います。
そのひとのオリジナルの画期的なアイデアならともかく、
どこかで聞いたようなことばかりを自分が考えたかのごとく
単に滑舌良くお話しになっても全然聴く気がしません。

大きな方向性、哲学がぶれないことが大事です。
そこに優秀な人材、民間の力が活かされていくはずです。

まず日本人として誇りに思えるインテリジェンスと品格のある人物を選びたい。

そして、未曾有の災害を目の前にしても足を引っ張ってひきずりおろすことしかしなくてできた今の内閣から、簡単にひきずりおろされずに筋を通せるひと。
それは、ドロドロの権力の側に身を置いた経験があって、そっちの裏側を良く知っているという強さを(人脈も含めて)持つ人で無ければ無理です。

恫喝に屈しなければ命まで狙いそうで怖いくらいです。それほど今の政治はおかしい。
第二のふるさとともいえる新潟県の知事も心配です。
柏崎刈羽の再稼働は絶対に阻止する!

どろどろとした裏側を小説にした、講談社「原発ホワイトアウト」、おすすめです。
アマゾンにも在庫ありました。
最終章から読んでもいいと思います。雪国の暮らしを知っている人間にとって、とってもリアリティがあります。でも知らない人にはイマジネーションが湧かないかもしれない。本社や中枢にいる人の想像力が及ばなかったら、、、そこが怖いところ。それがよくわかります。
是非多くの人に読んでいただきたいです。



さて、とにかくそれぞれ良く考えて、絶対選挙に行きましょう。
投票率90%をめざして、選挙に行こうキャンペーン、地味に続けます。

インターネット上には情報がたくさんあるのだけれど、
その手段の無い高齢者が(うちでは母がですが)マスメディアがろくに報じないので情報が無くてどうしたらいいの?と言っています。
ですので、わたしのおすすめ動画を見せています。
一緒にあれこれ突っ込みながら見るのもたのしいです。
(うちの20代男子ともできるだけ会話をするようにしています)
紙にプリントしたり、DVDに焼いて母やそのお友達に見せて上げたり出来たらもっといいのになあと思うのですが、そこまですると選挙違反みたい?

考えてみれば、これまでも大した情報なかったのが、インターネットで動画も書き起こし文も全部見れちゃったりするという、そこが大きく変わったのかもしれません。
だから余計、PCもスマホもないひとに公共施設などでただで見られるようにするとか、今後の大事な課題ではないかと思います。
[PR]
by alarekko | 2014-02-02 01:01
全然別のこと
(アレッサンドロ・タヴェルナ氏のリサイタルに行ったこと)
を書きかけていたのですが、

生中継見始めたので ☆ 
 細川護熙を応援する有志記者会見のお知らせ
 〜細川護熙の元へ、脱原発の有志が集う〜

 日本は今、すでに原発ゼロの状態にあります。
 「再稼働を止める」という政治決断を行うなら今しかありません。
 私たちは細川都知事を誕生させ、東京が先頭に立って、
 原発ゼロの日本をつくっていくことを念願しています。

たぶん録画もこの辺りで見られると思うので、
とりあえずメモ。
瀬戸内寂聴さん菅原文太さん他の方々が、細川さんを招いて記者会見。
たぶんマスコミでとりあげられないであろうから
今見ます。

あとで追記します。

<夜追記
 録画はこちらです ☆ 
 冒頭の趣旨説明から寂聴さんのメッセージが切れているのが残念ですが。
 こちらに登壇された方全員の記念写真があります。 ☆ 
 この写真で真ん中の細川さんのむかって右隣が瀬戸内寂聴さん、左隣が菅原文太さん、以降右左順次に、澤地久枝さん、なかにし礼さん、湯川れい子さん、三枝成彰さんです。
 この順でひとりずつお話があり、そのあと細川さん。
 少し質疑のあと、全体写真撮影。細川、菅原両氏が街頭演説へ出発。
 その後、残った方で懇談。澤地さんがどなたかの質問にお答え、寂聴さんのおはなし、そして最期に写真一番左に写っていらっしゃる細川佳代子さんが前に呼び出されてお話しされて終わりました。>

インターネットの巨大な海から
”生”、”ホンモノ”、一番心弾かれること、、に、
自分の感性を頼りにたどり着いた先 という点では
同じことかも。”全然別”ではないな。
タヴェルナ氏のことも後日
(大感動の余韻にひたってすぐにはかけなかったのです)
[PR]
by alarekko | 2014-01-31 12:00
1月30日小泉さんのツィッター ☆ より
 小泉純一郎 J.Koizumi ‏@J_Koizumi_Japan
 私はこれをみて変わった!一人でも多くの人に是非是非みて欲しい。
 映画『100,000年後の安全』
 (日本語吹き替え版・2月10日12時まで無料配信中)



ナレーション「オンカロは10万年もちこたえなければなりません。」
から始まる、 映画『100,000年後の安全』 ☆ 
わたしも、多くの人に見てほしいです。見るなら今でしょ!


以下、このページから内容を引用

『100,000年後の安全』
監督:マイケル・マドセン
(2009年/79分/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア)

原発から生まれる高レベル放射性廃棄物の処理をめぐり、未来の地球の安全を問いかける問題作。

小泉元首相が本作を観て、映画の中で描かれたフィンランドの最終処理場「オンカロ」を視察で訪れ、自らの意見を"脱原発"に大きく転換するきっかけとなった。

フィンランドは脱原発国ではなく、現在4基の原子炉が操業中で今後2基を建設予定、総発電量のうち原発による電力は約30%である。そのうえで、高レベル放射性廃棄物いわゆる「核のゴミ」を出すならその処分まできちんとしよう、トイレのないマンションではなく、マンションにはトイレを作ろう、ということで、世界で初めて地下処分場選定が最終決定した国である

この処理場、通称「オンカロ(フィンランド語で"隠された場所"の意)」は、2020年に操業開始を予定しており、最大9000トンの核のゴミを収容できる。原子炉1基からは年間約20トンの核のゴミが排出されるため、合計6基の原子炉で50~60年間運転する場合に発生する量の受け入れに対応できる事になる。

ちなみに、核のゴミを直接処分するフィンランドと違い再処理する方針の日本には50基の原子炉があり(現在すべて運転停止中)、これまでの使用済核燃料は地上に保管されている。昨年3月末時点で国内の使用済核燃料は約1万7000トン(各原発内に約1万4000トン、六ヶ所村再処理工場に約2900トン)となっている。2007年操業予定だった六ケ所村再処理工場は試運転の度に技術的トラブルが生じ、完成が20回延期されており、3.11以後は地震や津波対策の安全基準が見直されたこともあり、本格稼働の目途は立っていない。また、再処理でウランとプルトニウムを取り出した後の高レベル放射性廃液は、ガラス固化し最終処分されることになるが、2002年から処分地選定のための調査地区の公募が行われているものの、未だ候補地は決まっていない。

本作の映画監督マイケル・マドセンは、こう言っている。「オンカロの取材をしたとき、学者たちに「高レベル放射線廃棄物処理場が作れない国があるとしたらどこか」という質問をしました。その答えは日本でした。現在の科学では放射性廃棄物の処理は地層処理しかないと言われていますが、地層処理場ができないのに原子力を持っている国である日本は、火山があり地震があり、常に地層が安定していません」。


[PR]
by alarekko | 2014-01-31 01:51

エコ自動 その2

11月末に書いた「エコ自動はいかに?」 ☆ の続きで、報告です。

12月の電気使用量が、昨年より 40%減。

びっくりしました。

これがエアコンだけの影響なのか。
検針メーターが壊れてたなんてことは無いと思いますが・・・

機能についてなど、書こうと思ったのですが、
今年はここまでで、続きは来年の課題・・・
(積み残しはたくさんあるけれど)

良いお年を
[PR]
by alarekko | 2013-12-31 19:00

エコ自動はいかに?

エアコン不調につき買い替えました。

11月半ば、
急に寒くなって最低気温が10℃を割る予報が出た日、
エアコン「暖房」試運転をしました。
昼間のうちにフィルターの掃除もしたし、
ベランダの室外機周りもチェックしたし、
しばらく普通に動くことを確認してOFF。


夜になって少し冷えてきたので、暖房ONに。
その時点で何の違和感もありませんでした。

ところが、
しばらくして、止まってることに気付いたのです。

はじめは、
まだ室温が高いからかなとあまり気に留めていなかったのですが、
しばらくすると、室内、あきらかに冷えてきました。

あれ?まてよ!
わたしは「自動」の動きがどうもあまり気に入ってなくて、
温度、風量、風向き・・・手動でこまめに設定しているのです。
あれ? 変えてみても動かないってどういうこと?

もしかして、
室温が高いから自動的にお休みしているのではなく、
外気温が低くなって止まってしまった?
でもまだ10℃を下回るあたりですよ。
これでは冬は越えられないではないか。

しかも、小さいランプが点滅しているのは何だろう。

一回オフにしてコンセントも抜いてみて
再びオンにしてみました。

あっ動いた。よかった〜

しかし、ふと気付くと止まってました。がっくり。

やっぱりだめか!
この小一時間、私の脳内では色んなことがぐるぐると駆け巡っていましたが、
この時点で、買い替え「今でしょ!」スィッチがはいりました。

その夜のうちに(夜中になりましたが)
3日後の設置まで決定。
インターネットはほんとに便利ですね。

はじめA社で探しはじめていろいろ見はじめました。
でも、ただ買えばすむだけではないので
一番安いというわけではないけれど、
今までのエアコンと同じく「ジャ・・・た」にしました。
取り付けや古いエアコンの引き取り関係が一括して申し込めること、
電話問い合わせもしやすいことなどの安心感があります。

さて、そこから設置まで正味2日、
搬出搬入、取り付け作業スペースを確保しておかねばと
大掃除がんばりました。
あくまでも”私的大掃除”で、それほどのことでもないのですが。

転居間もなくエアコンがついたときと、10年弱経った今とでは、
玄関も途中の廊下もエアコンの下あたりも、ベランダにいたるまで、
もう全然状況が違うのですよね。
そのことにあらためて愕然としました。


さて、
何でも自動、自動といわれても、なんだか気に入らない
と言いがちだった私ですが、
シャープの「おすすめエコ自動運転」、
「エコ自動」スイッチ気に入ってます。
自動的にやってくれるところからプラスマイナス2℃まで微調整出来るというのも便利。

購入後に知ったのですが、
最新最上位機種(購入したのとは違う機種)の、
ロングパネル ☆ が良さそうと思ってます。
冷房時、私が自分でボール紙を張り付けていたのと同じじゃないの!(同じと言っちゃいきすぎですが)。
まあ価格が跳ね上がるので、知ってても今回は選ばなかったとは思いますが、吹き出し口の構造は要チェックだなと、あとからわかりました。
[PR]
by alarekko | 2013-11-28 13:04
我が家から見える「霞み具合」の指標?
1キロくらい離れた二つのビルの間から見える、
ちょっと遠くの高層ビルの霞み具合。

今日は、霞度「最強」レベルです。だんだん見えなくなってきました。

PM2.5 ☆ 東京都の観測データ速報値地図

今東京23区は1時間平均40μg/m3を超えるところが大きく広がっています。
50以上のところも。

この地図は1時間平均値ですが、
環境省による「大気汚染に係る環境基準」は1日平均で35μg/m3以下
となっています。 ☆ 

PM2.5の日平均値を、東京都環境局【公式】 twitter‏‪ ☆ 
1週間単位でつぶやいてくださってることに気付きました。

こんな感じ
東京都環境局【公式】 ‏‪@tochokankyo‬
11月5日
10月29日~11月4日の都内一般測定局のPM2.5の日平均値は順に22.0、16.3、22.9、22.7、26.6、39.2、26.0μg/㎥でした。最新の各局の測定値はHP参照。→‪http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/cgi-bin/bunpu1/p282.cgi?pm25 …‬(環境改善担当)


3日は39.2μg/㎥。やっぱり高かったんだ!
3日の夜、外に出ると焦げ臭いような臭いがただよっていて、
45年ほど前に雪国にすんでいたときの冬のスモッグを思い出したのでした。

「都内の日平均」ということは多くの測定局の平均であり、24時間の平均です。
つまりもっと低いところもあれば、高い地域もあるということです。
測定値の表を見てみると、ある地点では夜間7時間連続して70μg/㎥をこえ、ある地点では80μg/㎥をこえていました。


都内一般測定局のPM2.5の日平均値
10月1日からの数値を東京都環境局のツィートからまとめると、

10月1日~7日
12.0、9.5、13.6、10.9、5.5、6.9、11.2μg/㎥

10月8日~14日
10.7、9.3、10.2、10.3、12.5、8.0、12.2μg/㎥

10月15日~21日
19.5、2.7、5.8、8.1、11.7、4.0、5.7μg/㎥

10月22日~28日
6.0、5.6、8.0、6.6、4.9、8.3、12.5μg/㎥

10月29日~11月4日
22.0、16.3、22.9、22.7、26.6、39.2、26.0μg/㎥


先週から一気にあがってますね。
対策、真剣にとりくまないと。
原因の究明と下げる対策ももちろん大事ですが、
この空気の現状の中で個人でもできる対策をすぐに。

光化学スモッグのように、屋外での運動の制限など、
対応を取り決めないといけないと思います。
深刻な健康被害が出てからでは遅いです。



<2013年3月に書いたこと>
いろいろ飛んでくるもの ☆ 
いろいろ飛んでくるもの その2 ☆ 
[PR]
by alarekko | 2013-11-07 15:06

再び三たび節電の夏

我が家の電気料金
4〜6月(3ヶ月分)の料金の合計を計算して比較してみました。

使用”量”ではなく料金です。

2009年と2010年の平均に対して
 2011年 − 5%  
 2012年 −18%
 2013年 + 1%

2011年、震災後家族内での節電意識の共有により、
使用量では、前年同月比およそ20%減らすことができました。
(節電の夏 ☆ 
しかし料金については、基本料金があることなどから、
払った金額は5%程度しか減っていませんでした。

 ちなみに、
 月額使用量・料金は、検針のタイミングにより、
 根拠となる日数に数日間分の差が出ます。
 なので、日数の差だけでも数%以上の差になることがあります。
 今回、3ヶ月間の合計料金で比較したのは、
 大雑把に、かつ多少は精度を上げるためですが、
 あまり細かな比較ができる数字ではありません。

2012年、電気料金の値上げが話題になったとき、
思い切って契約容量を下げました。(節電の夏に向けて ☆ 
前年度程度あるいはプラスアルファの節電は習慣となり、
また、この3ヶ月のうちの4割くらいの期間の基本料金が下がった結果、
かなり電気代節約になっていますね。

しかし、このあと電気料金が大幅に上がりました。
その結果、今年2013年は、震災前とほぼ同額となりました。
まあまあ良しとしましょう。
でも今後、さらに年間の電気代を減らす工夫をしたいと思います。

 4〜6月で比較してみたのは、
 例年、ほとんどエアコンを使わない季節なので、
 年による気候の違いがあまり出ないのではということがあります。
 冷暖房を使う季節は、電気料金が跳ね上がり、
 年によっての暑さ寒さによる影響も大きいです。
 電気料金の従量制の部分は、
 使用量が増えると単価がどんどん高くなるのです。

断熱性能を上げるなど、冷暖房(特に暖房)に対する工夫を
今一歩すすめたいと思います。


契約容量を下げたあと、ブレーカーが切れてしまったことが
2回ありました。
いずれもエアコン稼働中、夜、照明やTVがついていて、
キッチンで諸々(炊飯器、電子レンジなど)使用中、
そこへ誰かが何か(例えばドライヤーなど)使い始める。
その途端でした。


その体験から、教訓があります。
ブレーカーが切れたときだけでなく、停電対策一般としてもです。

<夜、キッチンでガスコンロ使用中に停電になる>
突然の暗闇でガスコンロだけがついていて、
まずこれを消さなきゃここを離れられないと思うものの、
とっさにスイッチがわからなくてあせってしまいました。
イメージトレーニングが必要だと痛感しました。
[PR]
by alarekko | 2013-06-28 01:01

都会の川

去年は、
4月9日に
「今日は二十度を超える暖かさ、サクラも満開」と書いています。
そうだったんだ。(自分が書いてるのにまるでひとごとのよう)
今年は、ソメイヨシノはすっかり葉桜です。

また、
「山手線が止まったりした3月31日の暴風雨」
「台風よりすごかった4月3日の低気圧による暴風雨」
という記述もあり。(すっかり忘れてる)
この時期、春の嵐は毎年やってきてるんですね。

今年も3月に暴風雨ありましたが、
先週末(4月6日、7日)も、
日本列島を全部覆ってしまうような強烈な低気圧。

事前に注意喚起が報道されてイベントの中止、変更などもありました。
「ところにより」という言葉がぴったりだなとおもう、
細かく激しい変化の天気。

我が家の面々の行動範囲では、
6日の午後から夜にかけて断続的に雨風が強い瞬間はあったものの
大きな影響は無く、皆無事に帰宅しました。
これで通り過ぎたのかと正直なところほっと安心して
夜遅くにのんびりDVDなどを見ていました。

そこへ、(たぶん日付が変わるちょっと前あたり)
突然の爆音! 突然の雷。直近に落ちた?


それからです。
これは、雨も凄い?と、
テレビをつけて地元ケーブルTVをみると、
画面端に河川の水位など災害情報が。
地元に警報が出るとそういう画面になるのです。
水位は普段よりかなり高いものの、注意あるいは警戒水位には達せず。
しばらくチェックしていましたが、減ってきた。
雷もその後鳴らず、雨もおさまってきたようなので、
再び安心して、寝たのでした。


しかし!
翌日のニュースで、なんと、
「一時氾濫危険水位に達した」と。
えっ、そうだったの?
どうも、私がチェックし始めた時点ではすでにピークを越えてたらしい。


雨雲は西から東へ移動することが多く、
東京の川の多くは西から東へ流れているので、
上流で先に雨が降り、
その影響で下流でも水位が上がったところへ本格的に降りだすのが、
下流域の怖いところです。


自戒を込めて、
かつて、山手線五反田駅前の桜田通り(国道1号)の交差点が見る見るうちに浸水するところを目撃した経験者として、言いたい!

川の堤防から水があふれて流れてくるんじゃないんです。
その前に、水は排水溝やマンホールから上がってくるんです。
川のすぐそばから浸水するとは限らない。
少し離れていても、谷間になっている場所、(絶対的な標高ではなく)その地域で一番低いところから、水溜まり〜池〜湖になって行きます。

「水は低い方へ流れる」というあたりまえのことを、見せつけられます。
1ミリでも超えれば、それより低いところは全部水没します。
地下室への通路へ水が流れ出したときはあっという間に手の施し用が無い。早くに出ておかないと。(また、そういうところでは止水板と土嚢の供えは必須)

色んなものの境目がわからなくなるから(例えばマンホールのふたが開いててもわからない)水の中を歩くのもだめ。横断歩道を向こうまで渡れると思って歩き出したら、その何秒の間にもどんどん水位が上がる。普段平坦な道路と思っていてもこんなに高低差があったんだと思い知らされます。
1ミリでも高い方へ高い方へと動いてください。

車で走っているときも、道路に水が出ていることに気付いたら、絶対低い方へは行かない! 電気系統がすぐやられて閉じ込められます。

もちろん、警報が出てから見に行ったり写真を撮りに出かけるなんて絶対ダメです。


急な変化をどのように知ったらいいのか、難しいですね。

自治体のライブカメラがあることがわかりました
これからはこれをチェックしようと思います 目黒区 ☆   品川区 ☆ 

防災無線は、
雷雨・暴風雨のなか閉め切った室内では、気付きにくい。
我が家の近くでは鳴らなかったのか、鳴っても聴こえなかったのか?

携帯電話に送られてくる『緊急速報エリアメール』も、来なかった。
配信されたけれど自分が受信出来なかったのか?
その配信内容として、「河川氾濫の恐れがあるなど、災害時の避難準備情報や、避難勧告、避難指示を配信します。」と書いてあるのだが。
今回はそこまでいかないうちに水位が下がったのかもしれないけれど、
もっと活用されてほしいとおもいます。
[PR]
by alarekko | 2013-04-11 12:16
3月20日に書いた東京都のリンク先を、その後も時々見ていたのですが、

毎年、春霞だなあとおもっていたものとPM2.5は関係あるのだろうか。

昨日は、私が最近見始めてから一番高い値です。
  昨日3月28日13時速報値(分布図)です。 ☆ 

今日になって、昨日24時間の観測データ一覧表を見てみました。
  東京都PM2.5測定値3月28日 ☆ 
  これは[日報測定値]という一時間ごとの数値の一覧表です。
数字のられつで見にくいと思いますが、
右端の数字(上から、36 38 38、、、)が1日の平均値です。

前回書いた環境省の基準を復習しますと、
  「1年平均値が15μg/m3以下であり、
   かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。」

多くの観測地点で、35μg/m3を超えています。

東京都による「最近の東京における大気環境の状況について」 ☆ 
によりますと、(このページは随時更新されているようです)
去年の同じ時期と大きな違いは無いとのこと。

このページに北京と東京の推移をプロットしたグラフもあります。
これを見ると、北京の汚染は一桁違うことにびっくりします。
[PR]
by alarekko | 2013-03-29 14:18