備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:音楽 ( 238 ) タグの人気記事

ヘルシンキ(ピアノ)

THE THIRD HELSINKI INTERNATIONAL MAJ LIND PIANO COMPETITION 2012
Helsinki,Finland September 13-27, 2012   

書きかけて10日以上経ってしまって、
すでに終わっているのですが、、、
まだ全部動画を見られるので、いくつかリンクを書き止めておきます。

コンクールのHPから
RULESのページ ☆ 中程に課題曲が書いてあります。

ライブ配信のページ ☆ 
ここからコンテスタントごとに、曲目リストと全部の映像を見ることができます。

課題曲で興味深かったのが、1次2次でコンテンポラリーな課題があること。
 1次では1960年以降の曲、
 2次では、委嘱作品or自作曲or即興演奏(20分前に主題が与えられる)
ファイナルに残ったフィンランドの17才の青年は、
1次が自作曲(? 同名の作曲家でなければ)2次は即興でした。

犬飼さんの1次、「GONDAI Transient Bell (2009)」から始まりました。
いろいろな意味でとても感動的な始まりでした。
ファイナルでのモーツァルトのピアノ四重奏とブラームスの協奏曲2番、
どちらもすばらしかった。繰り返し聞きたくなる好きな演奏です。
とても自然で暖かく生き生きとした音楽。
互いの共感が広がって行くような対話が感じられて気分のいいアンサンブル。
 モーツァルト ピアノ四重奏2番 ☆  Sibelius Academy Concert Hall
 ブラームス ピアノ協奏曲2番 ☆ 
  Ernest Martinez-Izquierdo, Conductor(スペインの方のようだ)
  Finnish Radio Symphony Orchestra 
 (フィンランド放送交響楽団。
  こちらに書いてた ☆ 2010年のヴァイオリンのコンクールでも登場)
  Helsinki Music Center(ヴァイオリンのファイナルより凄く大きなホール)

 (これら2曲のリンクのページからも全部の演奏を見ることができる)
[PR]
by alarekko | 2012-09-30 23:09

サンマリノから

San Marino Piano Competition 6-16 September 2012 ☆ 

サンマリノはイタリアにあります。
でも、イタリアの都市と思っていましたが、国なんでした。
さらに、でもRAI(伊国営放送)がファイナル中継

スケジュールのページ ☆ 

ここで ☆ 
現地昨夜のファイナル映像を見られます。
オケ the Symphonic Orchestra of the Republic of San Marino
指揮 Francesco Ommassini

最後の演奏、チェコのルーカスさんの皇帝を聴いて(見て)います。
すばらしい!
彼のコンチェルトを映像で拝見出来るのをずっと待っていました。
(クライバーン2009以来)


詳しいことはあとで整理します。

<17日追記>
もう一度見ようと思ったら、
上でファイナルの映像が見られると書いたリンク先が、
翌日(16日)の映像に変わっていました。

プログラムは
 Prizegiving
  Intermission
 Vondráček Lukáš Czech Republic
  L. v. Beethoven Piano Concerto n. 5 in E-flat major op. 73

おお〜、これは他のページをチェックしなくても歴然としてます。
Lukas(イタリア語ではルカーシュと聞こえた)優勝おめでとう!!!
なにやら他の副賞もいくつか受賞されてました。

休憩後に皇帝の演奏始まります。
ファイナルの時も、全体のアンサンブルがとても心地よくて、
指揮とオケとソロの間の敬意と共感が感じられる
コンクールということは忘れてしまって、とても良い演奏でした。
が、一夜明けたこの日はさらに、
Lukasはもちろん、オケの方々もほんとに渾身のGood job!でした。

演奏が終わってホット一息ついてから、
オケの方々がうれしそうに、よくしゃべる、しゃべる。
特に木管のおじさまたち。
内容が想像出来るような気がする。
きっと、特に2楽章(と3楽章へアタッカで繋がるところ)について、
「ピアノであんなに消えそうなピアニッシモ出されちゃったら俺たちどうすりゃいいんだ。ゆったり歌いまくるしさ、、。だけどばっちりだったな。よかったな。」と誇りをもってお互いをたたえあい、若きアーティストへの敬意をこめて拍手していらしたと思います。(ま、想像というか、私の気持ちです。)

アンコールもとっても良かった。
オケの方々がじ〜っと聴き入っていらっしゃいました。
最後の響きが消えてピアノから手が離れるまで、ホール全体が一体になって、そのあとに大きな拍手がわき上がりました。
すばらしいコンサートでした。


すべての映像等がこちらに ☆  あります。
(Liveのページはまた変わってしまうかもしれないので)
[PR]
by alarekko | 2012-09-16 11:40

50年の歳月

28日の地球エルムンド、 パディ・モローニ登場!  ☆ 

11月から12月にかけてのチーフタンズ来日に先立ち、プロモーションのためにパディ・モローニが単独で来日されたらしいです。50周年ツアー中で、その最後が日本だとのこと。

ギリギリ気付いて、見る(&録画する)ことができました。
こんなふうに普通にお話しされているお姿を拝見するのは初めて。
お元気な74才、フランクなおっちゃん。
こうして世界中のたくさんの人や音楽と出会い、つなぎ、
懐かしくて新しい音楽を生み出し、心の糧を届け続けて50年。
深〜く、広〜い方だと、改めて思いました。


アイルランドの風景の映像を背景に
”アイルランドの国宝” ”ケルト音楽の世界遺産”
という文字が・・・

ティンホイッスルとイリアンパイプの演奏あり。
なんと西山まりえさんのハープとの共演。この曲でした ☆ 

招聘元プランクトンのブログに ☆ 写真あり。
(楽器もアップで写っています)
この前後の記事にいろいろ情報がたくさんあります。


この日にはトークショウもあり、ustreamで中継があったようなのですが、それには間に合いませんでした。
でも今日、アーカイブで見られるようになりました。

ザ・チーフタンズ50年を語る ☆ 録画日時 : 2012/08/28 19:00 JST



ひとつ前の記事に、時間がなくて付け足しのように書いて、
そのままになってしまった、トランペット奏者のクリス・ボッティ。
前にエルムンドでも話題になっていましたが、彼はもうなんと49才なのです。もうすぐ50才。
世界中で年間300回ステージに立っているそう。
トランペットを吹いてお客さんにいい音楽を届けるためにすべてを捧げている。

FMの番組情報にまぎれてのEテレの放送情報だったので、
(番組サイト ☆  中段のバーで CHRIS BOTTI を選ぶ。)
是非再放送してほしいです。
[PR]
by alarekko | 2012-08-31 22:33

BBCRadio3でbozhanov

プロムスもオリンピックも、、、BBCは大忙し

そんな中、
Radio3、7月29日のThrough the Nightという番組で、
ボジャノフのラフマニノフ2番が放送されました。
週末まで聴けます。
1月20日にスウェーデン放送で生中継された演奏。

このページ ☆  の 1:19 AM
 Rachmaninov, Sergey [1873-1943]
 Concerto no. 2 in C minor Op.18 for piano and orchestra
 Evgeni Bozhanov (piano),
 Swedish Radio Symphony Orchestra,
 Juraj Valcuha (conductor)
[PR]
by alarekko | 2012-08-02 00:09
18TH INTERNATIONAL FESTIVAL OF EARLY MUSIC
11.07.2012 - 14.07.2012

Kremerata Baltica. Concerts of Bach
Thursday, July 12, at 20:00, Great Guild Hall  ☆ (このコンサートプログラムをつくったギドンさんの思いが語られています。あとで良く読んでみよう)

Latvijas Radio 3 - Klasikaで25日に放送
 このページ ☆ の 19:00 をクリック
Georg Philipp Telemann  suite "Don Quixote"
Johann Sebastian Bach Concerto in f minor Lukas Geniušas, piano
contemporary composers (George Pelēcis, Raskatovs Alexander, Alexander Vustins, Raminta Šerkšņīte, Stevan Kovacs and Giya Kancheli Tikmaiers) greetings to the great Johann Sebastian project "Instrumentation art."




IX FESTIVAL OF KREMERATA BALTICA "SERENATA JUBILATE"
July 5–8 in SIGULDA, July 9 in RIGA

kremerata balticaのサイトより 写真&動画 ☆ 

同じくプログラム ☆  より

Thursday, 5 July at 8 PM
Sigulda Evangelical Lutheran church
FESTIVAL OUVERTURE "CONTEMPORARY FANTASIES AND CHIPPINGS"
Gidon Kremer and chamber ensembles Kremerata Baltica
Programme: G.F.Telemann, G.Bizet, K.Penderecki, M.Weinberg, T.Hauta, I.Frolov, J.Jozopaitis


Friday, 6 July at 7 PM
Sigulda concert hall "Baltais flīģelis"
FESTIVAL OPENING CONCERT "VOX AMORIS"
Gidon Kremer and Kremerata Baltica
Conductor: Joana Mallwitz. Soloist: Džeraldas Bidva
Programme: W.Walton, M.Weinberg, P.Vasks


Saturday, 7 July at 4PM
Krimulda church
DAY SERENADES
Chamber ensembles of Kremerata Baltica
Programme: L. van Beethoven

Saturday, 7 July at 7 PM
Sigulda concert hall "Baltais flīģelis"
CHAMBER MUSIC MARATHON
Gidon Kremer, Inga Kalna, Daniil Trifonov, Reinis Zariņš, RIX quartet, soloists of Kremerata Baltica
Programme: V.A.Mozart, F.Schubert, M.Weinberg, A.Schnittke, A.Maskats, A.Pushkarev


Sunday, 8 July at 11 AM
The garden of Sigulda New palace
BEETHOVEN AND SIGULDA
The soloist of Kremerata Baltica Ēriks Kiršfelds, Daniele Sardone
Programme: L.van Beethoven, M.M.Ponce, R.Gnattali, A.Piazzolla

Sunday, 8 July at 7 PM
Sigulda concert hall ”Baltais flīģelis”
GALA CONCERT
Gidon Kremer and Kremerata Baltica
Conductor: Mario Brunello. Soloists: Daniil Trifonov, Mario Brunello
Programme: J.Haydn, V.A.Mozart, M.Weinberg, A.Schnittke, G.Sollima


Monday, 9 July at 7 PM
Riga Great Guild hall
RIGA CONCERT
Kremerata Baltica. Conductors: Joana Mallwitz, Mario Brunello.
Soloists: Mario Brunello, Reinis Zariņš, Andrey Pushkarev
Programme: G.Lekeu, V.A.Mozart, G.Sollima



放送予定
Latvijas Radio 3 - Klasika
Svētdiena, 2012. gada 29. jūlijs  ☆ 
15:00 Latvijas koncertzālēs
Gidons Krēmers (vijole), Daniils Trifonovs (klavieres) un kamerorķestris Kremerata Baltica festivālā Serenata jubilate Siguldas koncertzālē 7. un 8. jūlijā
* V.A. Mocarts Fantāzija klavierēm re minorā K. 397
* F. Šūberts Fantāzija Do mažorā vijolei un klavierēm
* V.A. Mocarts 23. klavierkoncerts La mažorā K. 488

同じページの 0:00 Latvijas koncertzālēsも たぶん同じ
[PR]
by alarekko | 2012-07-27 20:09 | 2012 音楽祭
ギドンさんの祖国ラトヴィアの放送 Latvijas Radio 3 - Klasika  HP ☆ 

ここはラトビア語ですし、プログラムの詳細もよくわからないのですが、
この日この時間にこれをやるということがわかってしまえば、
アーカイブ ☆ がず〜っと聴けるというありがたいところです。

たとえば、Gidon Kremer&Kremerata Baltica ☆ のリガ(ラトビアの首都)公演は、まず放送があると思っていいかも。

今年も西本さんの指揮で来日予定のあるラトビア国立交響楽団(LNSO) ☆ の生中継もあり。



2012年4月5日 19:00〜生中継
この日のプログラムのページ ☆ の19:00のところ(時刻の数字)をクリックすると聴けます。

タタルニコフ指揮 ラトビア国立交響楽団
ラフマニノフ ピアノ協奏曲3番、交響曲3番
ピアノ ルーカス・ゲニューシャス

オケLNSOのサイト ☆  から
05/04/2012 THURSDAY
PEARLS OF RUSSIAN MUSIC II

On 5th of April LNSO invites to concert „Pearls of Russian music II” with conductor Mikhail Tatarnikov and Lukas Geniušas as piano soloist.

The season’s second concert of the Pearls of Russian Music series promises a number of valuable discoveries, among them performance by Lukas Geniušas, a young Russian piano star and multi-award winner of international piano competitions, who is bringing to Riga a gem of his repertoire, Rachmaninoff Piano Concerto No. 3 and a new encounter with the prominent conductor Mikhail Tatarnikov from the Mariinsky Theatre, Saint Petersburg. Last year the Latvian listeners heard him conducting the new production of Eugene Onegin at the Latvian National Opera; this is Tatarnikov’s first Latvian appearance in a symphony concert.

Programme:
Sergei Rachmaninoff Piano Concerto No. 3 in D minor, Op. 30
Sergei Rachmaninoff Symphony No. 3 in A minor, Op. 44

Soloists: Lukas Geniušas (piano)

Conductor: Mikhail Tatarnikov


ピアノのアンコールあり。
紀尾井ホールでのアンコール4曲のうちの2曲目だった。
私は何でこの曲を知ってるんだろうと疑問に思ってたのだ。
今聴き直して謎が解けた。
ムソルグスキー/ラフマニノフ ホパック(=コサックダンスらしい)




2012年2月27日 21:00〜放送(13日収録)
この日の番組プログラムのページ ☆ の21:00のところ (3時間近くの長い番組です)

ギドン・クレーメル&クレメラータ・バルティカ
ルーカス・ゲニューサス(ショスタコ1番ピアのソロ)

コンサート内容
クレメラータ・バルティカのページ ☆ から

PART I

MIECZYSLAW WEINBERG (1919-1996)
Concertino for violin and strings Op. 42(1948) Riga premiere!
I Allegretto cantabile
II Cadenza. Lento - Adagio
III Allegro moderato poco rubato
Soloist: Gidon Kremer

GIYA KANCHELI (1935)
Chiaroscuro for violin, strings, piano and percussion (2012)
Dedicated to Gidon Kremer. Riga premiere!
Soloist: Gidon Kremer (violin)

PART II

PĒTERIS VASKS (1946)
Epiphany for string orchestra (2011)
Kremerata Baltica

DMITRIY SHOSTAKOVICH (1906-1975)
Concerto Nr. 1 for piano, trumpet and strings in С minor. Op. 35
I Allegretto
II Lento
III Moderato - Allegro con brio
Soloists: Lukas Geniušas (piano), Clemens Stahmer-llgner (trumpet)

LEONID DESYATNIKOV (1955)
Fragments of Target - film music transcribed for chamber orchestra
In honor of 65+15 anniversary of Gidon Kremer and Kremerata Baltica.
Riga premiere!
I Vivaldi's January
II Cadenza
III At the Races
IV Tannhauser
V Foxtrot
Soloists: Gidon Kremer (violin), Anastassiya Dranchuk (piano),
Clemens Stahmer-llgner (trumpet)


このコンサートはギドンさん65才、オケ15才の記念。
リハーサル風景あり ☆ 
最後の曲はデシャトニコフ氏による映画Target(2011年公開)の音楽を
このために編曲したもの。
この放送は今日初めて聴いたのですが、
最後の曲聴いたことあるなと思ったら、
ルーカス@紀尾井のアンコール3曲目でした。Foxtrot

さらにアンコールとして長〜いハッピバースデイ変奏曲もあり。
変奏の種明かし ☆ も興味深いです。

すばらしいすばらしいコンサートが全部聴けてよかった〜
昨年夏、予定されていたヴェルビエへの参加を断り、ロッケンハウスの音楽監督も今年限りで後進に引き継ぐという表明もされていたギドンさん。少し心配でした。
しかし、今年、ご自身の演奏も若い音楽家たちとの交流も、さらにパワーアップしているように思えます。自身の音楽家としての姿勢をさらに強く貫くための転換点だったのかもしれません。
[PR]
by alarekko | 2012-07-26 23:51 | 2012 音楽祭

Lockenhaus Chamber Music Festival

31st Lockenhaus Chamber Music Festival   ☆ 
5 – 11 July 2012
Artistic Director: Nicolas Altstaedt
Cellist Nicolas Altstaedt succeeds Gidon Kremer as Artistic Director

昨年でギドンさんはDirectorを降りることを表明されていました。
30才の若いチェリストニコラスさんに引き継がれました。

新しくイヴリー・ギトリス、ペッカ・クーシストなどが参加。
まだプログラムをよく見ていませんが、ギドンさんとダニイルのデュオもあったもよう。

OE1で一部放送がありました ☆  明日まで聴けるはず
31. Kammermusikfest Lockenhaus 2012
Dienstag
17. Juli 2012 10:05
Nicolas Altstaedt und Freunde. "Metamorphosen". Pella Kuusisto, Vilde Frang, Barnabas Kelemen und Priya Mitchell, Violine; Lily Francis und Guy Ben-Ziony, Viola; Jonathan Cohen und Sebastian Klinger, Violoncello; Knut Erik Sundquist, Kontrabass; Cristina Babuti, Alexander Lonquich und Daniil Trifonov, Klavier
W. A. Mozart: Divertimento D-Dur KV 136
F. Schubert: Allegro aus "Divertissement à la hongroise"
B. Bartók: Sonate für Violine solo
N. Medtner: Zwei Märchen
R. Strauss: Metamorphosen (aufgenommen vom 5. bis 11. Juli auf der Burg Lockenhaus). Präsentation: Gerhard Krammer

とりあえず聴けるうちに聴かなくては
明日良く聴いて、プログラムも見て、整理します。
[PR]
by alarekko | 2012-07-23 23:55 | 2012 音楽祭
Montpellier=モンペリエは、フランスの地中海沿岸にあります。

フェスティヴァル(7/9〜27)のHP ☆ 
ここでも動画や画像が随時増えて行くようです。
右のカレンダーで日付ごとにのコンサートのリストを見られます。


何といってもFestival de Radio France というだけあって、
7月〜8月、Radio Franceで膨大な生中継や収録の放送があります。
(しばらく聴けます)
francemusiqueのコンサート番組の一覧 ☆ これは7月分



7/9 20:00生中継 ♫ Johannes Brahms ☆ 
   Renaud Capuçon, Violon
   Orchestre National de France
   David Afkham, Direction 1983年独生まれのまさにライジングスター
 Concerto en ré majeur Op.77 (1878)
  アンコール グルック精霊の踊り ソロで
  (休憩時間結構長いような・・・アルトラプソディが流れる・・・)

 Symphonie N°1 en ut mineur Op.68 (1862, 1876)


7/17 12:30 生中継  ☆ 
   Luka Geniusas, Piano 
   フェスティヴァルのマチネということで? 思いっきり新構成プログラム
   
 Anton Reicha 36 fugues (1803, Ext.)
    Fugue N°20 en la majeur/ fa majeur
    Fugue N°32 en mi bémol majeur
    Fugue N°22 en la majeur/ ut majeur
    Fugue N°22 en la majeur
 Alexey Sergunin (Né en 1988) Origami
 Paul Hindemith Einleitung und Lied
 Frédéric Chopin Sonate N°3 en si mineur Op.58 (1844)


7/2721  12:30 (14日収録) ☆  <日時とリンク修正7/27>
     Edgar Moreau, Violoncelle
     Pierre-Yves Hodique, Piano
 Eric Tanguy Evocations (2010)
 Ludwig van Beethoven Sonate N°2 en sol mineur Op.5 N°2 (1795, 1796)
   1- Adagio sostenuto ed espressivo
   2- Allegro molto più tosto presto
   3- Rondo : Allegro
 Benjamin Britten (1960,1961) Sonate en ut majeur Op.65
   1- Dialogo
   2- Scherzo – Pizzicato
   3- Elegia
   4- Marcia
   5- Moto perpetuo
 Robert Schumann Adagio et Allegro en la bémol majeur Op.70 (1849)
   1- Langsam mit innigem Ausdruck
   2- Allegro Rasch und Feurig


<放送後の情報>
Ludwig van Beethoven
Sonate n°2 pour violoncelle et piano en sol mineur op 5 n°2

Robert Schumann
Adagio et Allegro op 70

Eric Tanguy
Evocations

Benjamin Britten
Sonate en do majeur op 65

en bis
Serge Rachmaninov
Vocalise
[PR]
by alarekko | 2012-07-16 00:17 | 2012 音楽祭

Festival Saint-Denis

Saint-Denis サン=ドニはパリの少し北にあります。
Festival Saint-Denis ☆  5月末〜6月に開催

このページから、各コンサートの詳細ページに行ける。
例えば、右上は、
Basilique Cathédraleでのサー・コリン・デイビス指揮のコンサート。
プログラムの他、ArteやRadioFranceで放送があることがわかります。

「Basilique Cathédrale」は、
日本ではサン=ドニ大聖堂といわれているようです。


今、francemusiqueの生放送聴いています。 ☆ (しばらく録音も聴けるはず)
6月10日Edgar Moreau • Pierre-Yves Hodiqueのコンサート
音楽祭の方のページ ☆  (下の方に英語版あり)
Schnittke, Brahms, Debussy, Fauré ランスと全く違うプログラム
[PR]
by alarekko | 2012-07-09 19:52 | 2012 音楽祭

the Flâneries Musicales de Reims

The young cello prodigee Edgar Moreau accompanied by the pianist Pierre-Yves Hodiques: their debuts on medici.tv!  
日本時間3日3時からLive (その後録画が見られるでしょう) ☆ 

 02Lundi/07  20h00
 Conservatoire à Rayonnement  Régional de Reims
    Edgar Moreau /violoncelle
    Pierre-Yves Hodique /piano
  Sergueï RACHMANINOV (1873-1943)
      Sonate pour violoncelle et piano
  Robert SCHUMANN (1810-1856) 
      Adagio et Allegro pour violoncelle et piano
  Eric TANGUY (1968)
      Evocations
  Benjamin BRITTEN (1913-1976) 
      Sonate pour violoncelle et piano
  アンコール チャイコフスキー ワルツ

Edgar Moreau at the Flâneries Musicales de Reims  ☆ 
初め読めなかったのですが、Reims=ランス なのであります。 
6月下旬から7月半ばまで、ランスの町のあちこちでコンサートが開かれている音楽祭のようです。
フランス政府観光局オフィシャルサイト ランスのページ ☆ 


昨年チャイコンでモロー17才は2位、オディク兄さんもベストアカンパニストに選ばれました。
今年ラフォルジュルネで初来日した、モロー&オディク デュオ

以下、昨年のチャイコンの時に書いたことをちょっと復習
<3日昼 プログラムの曲順訂正&最後にバイオグラフィー追記しました>

More
[PR]
by alarekko | 2012-07-03 00:30 | 2012 音楽祭