備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

満足


何が満足かって、あたらしいiMacです。
というわけで(どういうわけだ?)、諸々高速回転で検討の結果、
(もっと新しいシリーズがそろそろ出るらしくかなり割引価格になってたし)
思い切って、新調しました。

というわけで、
以前から、あっちもこっちも見られないとブツクサ言ってた、
画像環境が、信じがたいレヴェルに、アップいたしました。
TVより大きくて(我が家のブラウン管TVがショボ過ぎ。これまでも、パソコン画面とほとんど変わらなかったんですが)きれいだし。

浜松の映像と音がスンバらしいのなんのって。
さっそくアレッサンドロ三昧。
そして、ラフマニノフ3番へ。
直感的にほんとに好きだと思った音楽は、
何年経っても、やっぱり、良いものです。

次は、ファンの音がうるさくなりすぎて自粛したヴェルビエへ、行ってみます。
ベルリンのデジタルコンサートホールもこれならいけるかも、、、
と、夢は(欲が?)膨らみます。
[PR]
by alarekko | 2009-09-30 17:28

Macがついに

ついに、マックが起動してくれなくなりました。
一日がんばったけれど
だめだった。

とりあえず、ハードのテストはオーケーだし、OSの再インストールも、
選択肢全部やってみたけど、ちゃんとインストールは終了するのに、
まだ起動してくれません。

4年以上故障なくがんばってくれたのは、
すぐ爆弾マークが出てたころからすると、隔世の感あり。

ヘルプを見るにも、インターネットに接続しないといけないので、
パソコン一台じゃだめだってことなんですね。
というわけで、家族の古いPCをひっぱりだし、ほこりをはらって使えるようにしました。

ハードディスクに入ってたものは一掃されました。
この際、大掃除になっていいかなと思ってるので、使えるようになってよ、my Macよ!

ブログもメール(web mailを利用してるので)も、よそに保存してもらってるわけで、
無事だし使えるのです。
でも、慣れないPCが使いにくいので、 
my Mac復活まで、しばしのお別れです。ちょっとおおげさですね。
[PR]
by alarekko | 2009-09-28 00:08

PC冷却作戦

音楽祭やコンクールの配信が高画質高音質になるのはありがたいのですが、PCのファンがウインウイン、ブインブイン音をたてて回り始め、音楽を聴くどころではなくなってしまいます。
FM局の配信だとあまり問題ないのですが、画像となるととたんにファンが必死で回り始めます。
とくに映像は連続しては見ないようにして、ファンの音次第で少しずつしか楽しめませんでした。

そこで、自己流のPC冷却作戦をはじめました。

保冷剤をタオルにくるんで、熱くなるあたりに置く。
その辺りに扇風機の風が当たるようにする。
つまり、PC内の冷却機能を外から補うわけです。
これは功を奏しています。


こういう話の一部は、以前の記事や、おじゃましたお宅でも触れていたことですが、今朝、いよいよ家族のPCが、暑さ?熱さで不調になったので、書き留めておこうとおもいました。

で、ちょっと調べてみると、簡単に、
冷却用品が売られていることがわかりました。
例えば、
" ノートパソコンを熱暴走から防ぐ、冷却シート! " 2〜3千円
" ノートパソコン用冷え冷えクーラー " 5千円〜
などです。

PCが熱を出してダウンするのは、どうやら、珍しいことではないようです。
無理をさせずに、こまめに冷やしましょう。

それにしても、この熱を何か役に立つエネルギーとして使えれば良いのにね。
じつは、夕食前に解凍したい食品なども保冷剤の代わりに使ってるんですけど。
他にもないですかね。



<31日午前 追記>
テクニカルライターの方が詳しくわかりやすく書かれた記事をみつけました。
『熱くなったノートPC、使い続けても大丈夫?』 コチラ ☆ です。
基礎知識として一読しておいた方がよさそうだと思いました。とても参考になりました。

「熱くなると、熱暴走や故障の原因になる」とあります。PCも熱中症になって(熱暴走)、重症になると、入院したり命を落とす(故障する)危険性がある。そういうことだなと理解しました。
[PR]
by alarekko | 2009-07-30 08:47
梅雨の合間の貴重な晴れ。
天気が急変しないうちにと、
はりきってシーツ類も洗濯機に放り込み、

酵素入り洗剤は40分以上つけおかないと、酵素が働かないと友人にきいてから、洗剤を使う時(洗剤ゼロコースでないとき)は、「洗濯」数分まわして、1時間つけ置くことにしています。

そして標準コース。

ピッピッと鳴って、
カゴに洗濯物を移すと、ごろっと下に落ちたものがあります。
な、な、なんと、iPod nanoが、洗濯機の底に転がっている!
目を疑いました。
一体どこに入ってたんだ!

まあ、ここで、だれがどうしたから紛れ込んだかということは、
不問にふすとしましょう。

ご丁寧に1時間もつけ置かれて、ゴロゴロと回されちゃったのですよ。
私は、もうだめだと思いました。
しかし、干してみました。

なんと、問題なく使えるのです。
iPodよ、 すばらしい!

表面に貼ってある、薄い透明のシールのようなものが変形してはげかけ、
見た目はとても残念な状態。
夫にいわせると、ハードディスクが入ってるタイプだったらだめだったかも、
半導体だからじゃないかなと。

みなさんも、そういうことがあったら、あきらめないで、トライしてみてください。
しかし、それより、洗濯物を洗濯機に入れる時の注意が足らんということです。
気をつけなければ。
[PR]
by alarekko | 2009-06-30 01:03