備忘録:私の暮らしの中の サイエンス&アート


by alarekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:yuhki kuramoto ( 9 ) タグの人気記事

希望の明日へ

2011年大晦日、今日の一曲

『希望の明日へ』 作曲、編曲、ピアノ演奏:倉本裕基  ☆ 
(Hopeful Tomorrow by yuhki kuramoto)



この曲は、もともとNHKの『あすを読む』というニュース解説番組のテーマ曲でした。
(今wikiで確認したところによると、1995年4月からはじまり、残念ながら2006年3月31日で終わってしまったらしい)

日付が変わる少し前そろそろ寝ようかというとき、たまたまTVがついていて、オーケストラの曲が流れてきて、ふと画面を見ると、渋谷のスクランブル交差点の定点カメラの映像。しょっちゅう見るというわけではないのだけれど、穏やかでありながらぐっと印象に残るメロディーとサウンド。私は勝手に「あすを読むの曲」と覚えていました。

上のリンクの演奏は、ピアノ・ジュエルズ(2004年)というアルバムに入っているピアノソロヴァージョン(このCD今もまだちゃんと売っていました〜 ☆ )で、映ってる画像は、韓国で発売された同じアルバムのジャケットです。

CDは、上記のピアノソロ版の他にテレビドラマサウンドトラック集 III(1998年)というアルバムの最後のトラックに、オーケストラ版が入っています。
ずいぶん前のCDですけれど、まだあって試聴もできました。 ☆ 

しかし残念ながら、テレビで流れていた音自体は、CDなどにはなっていません。



今回、この曲を紹介するために適当な音源がないかと探していたところ、
震災後にアップされた映像やコメントのやりとりがあることに気付きました。
コメントの中に共感する部分も多かったです。
(詳しくは、”つづき”以降に)

穏やかに癒されるだけではない、静かな力強さを感じる、
この大晦日にこの一曲と思った気持ち、
それは私だけではないなと、
すごくたくさんというわけではないけれど、静かに共感する人が確実にいること、
あらためて確認出来てよかったです。

ちょうど10年前、インターネットなるもので調べられるようになり、
1年近く気になっていた曲が倉本さんの作・編曲、演奏であると
たまたまわかりました。
まだ密林jpにも足を踏み入れておらず、CDを探すだけで一苦労。
Y銀座店にCDを探しにいき、お店の方に検索して調べていただいたなあ。
コアなファンの方がHPに書いてくださるわずかな情報だけがたよりでした。
毎日流れている「あすを読むの曲」が倉本さんの曲なのだとわかったのも、もっとあとのこと。

今は君管でご本人の演奏を探すのが大変なほどに、たくさんの方がカヴァーしてアップされてることにも感慨ひとしおです。

10年前の私もそうだったけれど、
誰の何という曲かわからない曲に
インターネットのおかげでやっとたどりついたという話は
最近の君管のコメントにもあるのでした。


多くのマニアックな情報にお世話になって楽しんできたので、
自分のためのメモであっても、
ささやかでも、どなたかのお役に立つことがあればと、
来年も、少しずつ「できることをやる」をモットーに書いていきたいと思っています。

つづき
[PR]
by alarekko | 2011-12-31 18:11 | 2011年3月地震

UST〜みられるのか?

USTREAMを見るために待機中 ☆ 
はじまった。
ミュージカル「嵐が丘」特別番組
音楽が倉本さんだから。
何分あるかもわからない。あら、とまった。大丈夫?

公演は生のオケでやるらしい。
うちの近所でも有名なミュージカルやってるんですけれど、
ミュージカルを見に行ったことがないのですが・・・
どうしようかなあとおもってたら、この番組の情報が・・・
ぎりぎり間に合うかと思ったんだけれど。

今、止まってます。
見られるのかな? 待ってみよう。
[PR]
by alarekko | 2011-07-06 21:06

花冷え

またまた冷たい雨です。
”花冷え”っていうんでしょうか?
今日の最高気温は、0時の16℃。
昼間もずっと下がり続けて、夕方は10℃切ってます。


CDアルバム「LOVE POEM」 倉本裕基(作曲・編曲・ピアノ)1997年
の中に、『花がふってくると思う』 ☆ という曲があります。
(試聴のリンクは、アルバム「ピアノポエム」(2008年)からです)

夜、月明かり、冷たい空気の中で、桜の花びらがはらはらと散ってくる
そんな幻想的な風景が思い浮かびます。

試聴は初めの部分だけですが、もっと長いのを見つけました。 ☆ 
(「ピアノ・ジュエルズ」(2004年)のDisc2「ジェニファ涙石の恋」サウンドトラックにはいっている短いヴァージョン。途中からセカンドロマンスに続く。画像の CDジャケットは、たぶん韓国で発売されたもの)
イタリアの方が、日本や韓国のCDをいくつも入手されて、アップしていらっしゃるようです。
 

高橋大輔選手のエキシビションを見ている時、
ふと、思い浮かんで、
この曲を彼に舞ってほしいなあと思いました。


公式サイトはこちら ☆ 
[PR]
by alarekko | 2010-04-07 18:32

ヘグム・カヤグム?

ハードディスクの新居で、
iTunesも心機一転、一から入れ直しています。
最初に入れる1枚を何にしようか、
もうこれは迷うことなく、『愁湖(Lake Misty-Blue) 倉本裕基』
そして、これを聴きながら、心穏やかに諸々の設定をしました。

以前にもご紹介しました、『霧のレイクルイーズ』 おすすめ音源 
(再生回数が6万回以上にもなってて、う・れ・し・い!)
韓国公演のステージで、ピアノの後ろに指揮者とオーケストラが映ります。

そういうシチュエーションは、日本公演では、
これまでありませんでした。
今月末、東京と横浜のみですが、
指揮&オーケストラとの公演があります。
作曲、ピアノ演奏に加えて、
特筆すべき魅力が、編曲それも絶妙なオーケストレーション。
ここ数年、その魅力を生で味わえる機会ができてきましたが、
これまでは、弾き振りでして、指揮者の登場は初めてです。

ピアノ・コンサート2009〜ハートストリングス・アゲイン〜の
特集ページはこちら ☆ です。
なんと、ハングルでの表記もあります。
韓国からいらっしゃる方も増えているんでしょうか。

このページの中程に、YouTubeの映像が紹介されていまして、
ひとつは、
『韓国の名ソプラノ スミ・ジョーさんが倉本裕基&オーケストラ伴奏で歌う「愛の記憶」』でして、これは、これまで、何回も見ています。
もうひとつは、
『韓国最大の映画祭、『第45回大鐘賞映画祭』ゲスト出演の模様』
「(ピアノとヘグム・カヤグム(伝統弦楽器)のために編曲した韓国の映画音楽を演奏) 」とあります。
確かに日本で言えば胡弓と琴にあたる楽器との共演でした。
では、ヘグム・カヤグムという伝統楽器はどれ?
民族楽器には興味がありますので、知りたくなります。

答えは、一つの楽器ではなく、
ヘグムが胡弓、カヤグムが琴なのでした。

ところで、これは初めて見る映像でした。
1年以上前にアップされたものなのに、なんで知らなかったかなあ。
それは、名前がyuki guramoto(”k”ではなく”g”)だったから。

でもこれは決して単なるスペルの間違いということではないんですね。
ハングルでは「ク」と「グ」は表記は一緒で、
発音が、最初の音節ではク、後に出てくるとグ。
アルファベット表記では”g”なんでした。

ちょうど昨日の午後、
「チャングムの誓い」の最終回(らしかった)を見たところで、、、。
チャングムは、名字から続けて言うときは「ソ・ジャングム」、
後に官位を授けられて「大」がついて、テジャングム、
という具合ですね。

今思えば、ドラマの音楽にも、ヘグムがよく使われているかも。
今度、気をつけて聴いてみよう。
[PR]
by alarekko | 2009-10-16 22:01

Yuhki Kuramoto in Korea


4月1日、バンクーバーオリンピックで霧のレイクルイーズを
と書きましたが、(エイプリルフールとは関係ありませんよ)
倉本裕基さんの韓国ツアーの招聘元(CREDIA)が
ユーチューブにたくさん映像をアップしている中に、
適当な音源を見つけたので、前の記事に追記しました。
それはこれです。霧のレイクルイーズ ☆ 

韓国ツアーの様子やインタビューなどのとても長い映像も見つけました。
2本で30分以上もあります。
インタビューの受け答えが日本語ですし、
日本では見たことのない、リハーサルやバックステージの様子、
写真や映像の撮影現場など、貴重な映像満載です。

Yuhki Kuramoto 2008 tour_episode1
Yukhi Kuramoto _2008 tour episode2


愛の記憶の全曲の映像もありました。
これは、韓国を代表するオペラ歌手スミ・ジョーさんから、
デビュ−20周年に際して委嘱を受けて、韓国語の歌詞に作曲したもの。
(その後、韓国TVドラマ「朱蒙(チュモン)」の挿入歌にも採用された。)
この映像はスミ・ジョーさんの20周年コンサートに倉本さんが呼ばれて共演した時のもの。
愛の記憶 ☆ 


ちなみに、これらの映像をアップしているところには、
キーシン、ユンディなどの有名クラシックアーティストの
韓国での様子を伝える映像が、たくさんありました。


c0195695_0203280.jpg

日付が変わったとたんに、このように。
写真を撮って貼付けるのにちょっと手間取ってしまった。


4/9 午後 追記
だいぶ前に書いた「ロマンス」のピアノソロヴァージョン全曲が聴けるものが見つかりました。イビョンホン氏も見られます。声もきけます。
A Bittersweet Life - Music Video - Romance Piano by Yuhki
[PR]
by alarekko | 2009-04-09 00:23
カリフォルニアで行われたフィギアスケートの世界選手権。
男子シングルのフリー。
イタリア代表選手、サミュエル・コンテスティが
西部劇を思わせる衣装で登場した。 映像コチラ☆
滑り出す前から会場がどよめいている。
ご当地ネタというだけではない。
音楽は、エンニオ・モリコーネの「ウエスタン」ときた。
そう、マカロニ・ウエスタン。  凄い発想だ!
試合じゃなくてエキシビションかとおもうほどの、
ドラマティックなエンターテイメントだった。
もちろんジャンプも決め、競技としての技術も芸術性もある。
大きな会場の観客を引き込む「楽しい演技」で、5位。
彼は、来年のオリンピックも、更なるアイデアで、
この路線を突き詰めて、もっと上を狙ってくるだろう。
楽しみだ。


そんなことを考えているうち、
カナダに関係ある日本人の曲と言えば、と、
私の脳裏に浮かんだのが、
倉本裕基(Yuhki Kuramoto)作曲「霧のレイクルイーズ」(英題 Lake Louise)。

倉本さんの曲、そして演奏は、
自然なフレージングや、絶妙な揺らぎのあるリズム感などが、
一瞬エッジをたててスーッと滑り出したり、踊ったり、
スケーティングの動きに違和感無く良く合うと思う。
叙情的な美しさを持つ曲が多いが、
ドラマや映画の劇伴音楽では、リズミカルな曲、激しい曲など、
様々な情景が浮かぶ多彩な曲がある。
同じ曲でも、シンプルなピアノだけの演奏もあれば、
オーケストラのゴージャスでドラマティックなヴァージョンもある。
以前から、フィギアスケートにぴったりだと思っていた。

そして何より、ご本人が『長男』とおっしゃっている、
「霧のレイクルイーズ」。
カナダのロッキー山脈の中にある、美しい湖を標題にした代表曲。

バンクーバーで日本人選手が「霧のレイクルイーズ」にのって滑る。
そういうことがあったらいいのになあ。

そういえば昨年、全米選手権での、フィギアスケートペア、
井上怜奈&ジョン・ボルドウィンの”氷上のプロポーズ”。
TVでその場面を見たときも、即座に私の脳裏に浮かんだ。
倉本さんの「ヴァージンロード(Virgin Road)」という曲が。
暖かさの中に、何か崇高な志や、強い決意、
凛としたたたずまいを感じる曲。
この曲で滑って、再びのオリンピック出場を決めてください〜。
そうしたら、素敵だなあ。
と、どんどん勝手に想像が膨らみます。

この曲は、ピアノソロヴァージョンもいい。
でも、ロンドンフィルハーモニックと共演のアルバム
「リファインメント(Refinement)」に入っている、
オーケストラヴァージョンの方がドラマティックかな。
ホルンから始まる響きが、大きな教会の荘厳なイメージ。
でも同時に、雄大な山々に響く(アルペンホルンの)
ようにも聴こえる。
映画「ジェニファ涙石の恋」のサウンドトラック
(2枚組のアルバム「ピアノ・ジュエルズ」の中の1枚)では、
ピアノソロで始まり、
中程でストリングスが寄り添うように入ってくるところが、
絶妙です。

ちなみに、
霧のレイクルイーズも、たくさんのヴァ−ジョンがあります。
今度改めて、書き留めよう。


4/8 適当な音源が見つかったので追記
霧のレイクルイーズです。どうぞ ☆ 
[PR]
by alarekko | 2009-04-01 11:53 | 2010 Vancouver

脳のクールダウン


ここしばらく後期ロマン派の複数の大曲にどっぷり浸からざるを得なくて、
(それはそれで、楽しく得難い体験貴重な体験だったのではありますが)
なんだか「脳がとっても疲れる〜」という感じで、へろへろでした。

初めは、脳が疲れてると自分で気付いてなくて、
身体がこってるからと、良く寝ればとか、ストレッチをしてから寝ようとか、
身体を休めたりほぐしたりする工夫をしていたのです。

しかしあるとき、やっと気付きました。
私の脳の能力を超えた情報処理をしようとして、
脳内がこんがらがったまま寝ても、凝りをほぐそうとしても、
ダメなのかもしれないと。

そうだ、脳のクールダウンをしなきゃいけないんだ!

身体のコリは、物理的にどこかがコルのが先で、それを脳が感知して、感じる。
そう思っていましたが、逆も、大有りなんだと実感しました。
脳の容量を超えて、脳が悲鳴を上げて、すごく疲れると、
身体の方に信号が送られて、身体に疲れが生じるのだ。

で、脳のクールダウンに何が良いだろうと多少の試行錯誤の結果、
私には、これだっ!というのがすぐ見つかりました。
『愁湖 Lake Misty-blue』(作曲&ピアノ演奏:倉本裕基)を、
ライトを暗くして、程よい音量で聴くこと。

これは、倉本さんの1986年のデビューアルバム。
FM東京のジェットストリームという、日付が変わる頃に流れる、
まさに、クールダウンの音楽番組。
当時この番組に提供された倉本さんの曲たちです。

程よい揺らぎ感のある演奏。ダイナミックレンジも音色の変化も決して単調ではなく、しかし節度ある程よい幅。
シンプルな美しいメロディーに、単純ではないが複雑すぎず、程よくスパイスの利いたおしゃれなハーモニー。

脳内のこんがらがったものがス〜ッとしてきて、
気持ちが穏やかになり、すると肩のコリもやわらいで来ます。
私にとっては、真の癒し!効果。
最近、久しぶりに毎日聴いて、お世話になっています。今も聴いています。

何が効果があるか、人それぞれだと思いますけど、
何か、脳をクールダウンさせる術を見つけておくのはいいんじゃないかしら。


『愁湖 Lake Misty-blue』は1986年発売以降、何回も廃盤になっては再発売されてるロングセラーです。

最近発売されてるのは、これ ☆

試聴ができるのはこちら ☆
[PR]
by alarekko | 2009-03-17 00:54

天気予報のBGMが・・・

明日は、花粉が盛大に飛びそう。


報道ステーションの天気予報で、おお〜?この曲は!倉本さん!
確か『プロムナード』だったかな。

確かめました。色々なバージョンがあるけれど、
たぶんこれです。☆
(ピアノ・ポエム/倉本裕基の 08. プロムナード の CD試聴をクリック)

明日も見てみよう。
[PR]
by alarekko | 2009-03-04 23:11

映画音楽とバイオリン

映画 ラベンダーの咲く庭で Ladies in Lavender (2004)
を見ました。(音楽:ナイジェル・へス)
なんとエンドロールの最初に、violin Joshua Bell と出てきました。すごい!
ふつう映画の資料には、音楽:誰それ、というくらいしかないので、このソロは誰? どこのオケ?と思うと、細かい字を目を皿のようにして必死に追うのです。そういう意気込みで注意して見ようとしていたら、黒い画面になって、いきなりviolin Joshua Bellの文字、それが消えたと思った瞬間、彼のヴァイオリンソロが始まるという、心憎い演出。

シンドラーのリスト(音楽:ジョン・ウィリアムス)の最後に延々と続くパールマンのバイオリンを思い出しました。あのせつせつとした調べが、映画全体を物語って、心に迫ります。
まだ見ていないけれど、レッド・バイオリンも、やはりジョシュア・ベルのバイオリン演奏のようだ。見なくては。

韓国映画『甘い人生』(2005)、この映画、何故か邦題が『甘い人生』だけど、英語では『a bittersweet life』なのだ。イ・ビョンホン演じる主人公の人生は、ず〜っと「ビターライフ」で、人生唯一のほんのちょっと「スィート」な一瞬に、倉本裕基作曲『ロマンス』が流れる。元々の倉本さん演奏によるピアノソロも十分せつなく心にしみるけど、この映画では、バイオリン+チェロ+ピアノのトリオバージョンが使われています。

バイオリンの擦れる音は、心をゆさぶるというか、心のひだに擦れて迫るという感じがします。下手だと、のこぎりの目立てと言われますけど。
[PR]
by alarekko | 2009-01-31 21:54